Girls’ talks never stop.

スタイリストとモデルに聞く2017秋冬のトレンド事情。
ENGLISH

各ブランドの新作も店頭に並んできたし、雑誌やインスタなどでチェックしている人も多いはず。
あれこれ欲しいものは多いけど、
流行に敏感な人たちは一体どんなブランド・アイテムをチェックしているのでしょうか。
そこで、スタイリストの山王丸久美子さんとモデルの畠山千明ちゃんを
編集部の近所にある立ち飲み屋にお呼びして、ファッションについて語ってもらいました。
秋冬のトレンドから気になってるブランドまでざっくばらんな2人のトークをぜひご堪能ください。

山王丸久美子
『PERK』や『FRaU』『Numero TOKYO』など、数々の女性誌やファッションブランドのカタログで活躍中。ストリートとモードを絶妙にミックスしたハイセンスなスタイリングに根強いファンが多い。

畠山千明
数々のファッションブランドのルックやショーなどで活躍。先日発売された「ミス ディオール オードゥ パルファン」のムービーに唯一の日本人として出演。


2人は会うのは初めてなんですよね?
山王丸
そうなんです。でも、彼女を知ってる人たちからは気さくな子だよってよく聞いていたので、会うのを楽しみにしてました。
畠山
私、第一印象が悪いんです(笑)
山王丸
ぜんぜん、そんなことないよ(笑)。たぶんインスタのイメージですごい強い人なのかな? って思われちゃうのかもね。千明ちゃんって呼んでもいいのかな?
畠山
はい! なんでも好きに呼んでください! 実は私、最初山王丸さんのお名前が読めなくて(笑)
山王丸
読めないでしょー。
畠山
名前にインパクトがあって、かっこいいと思います!
山王丸
ありがとう(笑)。千明ちゃんはいつからモデルをやってるの?
畠山
今年の1月からです。
山王丸
そうなんだ! その前は古着屋で働いてたんだよね?
畠山
そうなんです。昔から古着のバイイングはしていて、辞めた後も勘が鈍らないように買い付けだけはずっとしていたんです。でも買い付けだけしていたら、ただただ自分のお金と家のスペースがなくなっていって(笑)。そしたら、知り合いの古着屋さんで「1ラック分スペースを貸すから、売ってみない?」と声をかけてもらって、ポップアップ的なイベントをしたこともあります。
山王丸
へー。じゃあ自分で買い付けたやつをそこで売ってたんだ。
お店もいっぱい知ってそう。千明ちゃんが最近いいなって思う古着屋はどこかあります?
畠山
「Hooked vintage」です。元「ジャンティーク」のスタッフがオープンしたんですけど、オーナーさんのマインドが本当に好きで。接客も素敵だし、服がほんとかわいいんです。行くと絶対欲しいものがあるんですよ。それがまた絶妙なんです。
山王丸
よいですよね。でも、まだ行ってないから行ってみたいな。
さて、場も盛り上がってきたので、まずは今季のトレンドについて教えてください。
山王丸
今年はグレンチェックのセットアップとか、とにかくチェック柄とセットアップものが多かったなと思いました。
畠山
本当ですよね。よく見ました。
山王丸
コレクションブランドでも数シーズン前に〈バレンシアガ(BALENCIAGA)〉がビッグシルエットのジャケットを出していたんですが、それがいまリアルに下りてきた感じがします。セレクトショップも、いま千明ちゃんが着てるようなジャケットをいっぱい出してましたよ。これって古着?
畠山
古着です。
山王丸
いいね、これ。生地が薄手だし。よく見つけたねー。
畠山
私、古着ばかり着ているんです。数ある中から自分に必要なものを選ぶのが好きで。このリネンジャケットは裏地がついていないんで夏でもいけるなーって思ってて。今日は涼しいからジャケット解禁しました。
山王丸
このパンツもインスタであげてたよね。「見つけた!」って書いてあったけど、たしかにこのサイズ感をよく見つけたなって。同じトーンのジャケットとパンツだから、いまのスタイリングもなんとなくセットアップ感があるね。
畠山
ジャケットやセットアップが大好きで結構持ってます。今日旦那さんとも話してたんですけど、ジャケット着てないと決まらないよね、うちらって。もちろん入ってないタイプやジャストサイズのシルエットも持っていますが、パンツによってジャケットを変えていますね。
山王丸
このジャケットには肩パットが入っているの?
畠山
入ってます。
今季は肩にポイントがあるものも多いですよね。
畠山
パワーショルダーよく見ますよね。
山王丸
なんか肩にポイントがあるとシルエットが横に広がっている感じになるよね。
畠山
〈フミカウチダ(FUMIKA UCHIDA)〉や〈パーバーズ(PERVERZE)〉は、Tシャツにも肩パットが入っていたものを出されていましたよね。あとウエストが絞られるTシャツも展開されていたし。その発想がすごいと思いました。
山王丸
ギャルブランドとかでも見かけましたね。ウエストマークもジャケットの上からするスタイリングも多かった。
畠山
パワーベルトも流行ってませんか。
山王丸
コルセットベルトとかね。ベルトにしろ服にしろ、レイヤードがトレンドになってきていますよね。あと〈セリーヌ(CÉLINE)〉などで提案していた、パンツにパンツを重ねるスタイリング。すごいキュンとちゃいました。
畠山
あー! 私も好きです!!
山王丸
実際にはやらないけど、スタイリングの時にすごいやりたくなります。
畠山
真似したいんですけど、難しいなって思ってて。どういうバランスですればいいか…。
山王丸
太さがだいたい同じパンツを合わせるのがおすすめ。バランスよく着こなせると思う。
畠山
なるほど。パジャマパンツみたいなのを中に穿いてもいいかも。
山王丸
こないだ撮影のときに、細めの柄パンツを中に入れて、上に太めのクロップドを合わせてみたんです。裾とウエストからちょっとだけ下のパンツの柄がチラ見えして、かわいかった。
畠山
絶対かわいい!! そういう、ひと癖ある着こなしの提案もよく見かけました。
山王丸
あと今季はカラフルなアイテムも多いなって思いましたね。たとえば〈ジョンローレンスサリバン〉の黄色いウエスタンブーツとか。足元だけ黄色や赤にするとかなら、簡単に真似できるんじゃないかな? レイヤードや色使いで、ファッションを楽しめると思います。
ファッションを楽しむという意味では千明ちゃんのように坊主の女の子も増えてきましたよね。
畠山
よく言われるんですけど私、一回も見たことないんです(笑)
山王丸
私も見たことないかも(笑)。よく聞くんだけど、どこにいるのかなって。
畠山
でも、多いみたいです。
山王丸
あ、そういえば今日スキンズの女の子みたいに後ろを全部刈ってて、前髪だけある子を見かけた。
畠山
最近きてますよね。マレットヘアっていうパンクの代名詞のヘアスタイルとかも。旦那さんが働いているサロンの「WARSAW」でもすごい推しています。
山王丸
たしかにピンクの髪の子とかハイブリーチとか、個性的なヘアの子が増えてるよね。千明ちゃんも坊主にしてから服装変わった?
畠山
変わりました! 坊主にする前はベリーショートだったんです。木村カエラちゃんくらい。だけど私は坊主の方が振り切れるっていうか、服のバランスがとりやすいんです。いままでは行き過ぎかなって思うような服装も、逆にハマるようになりました。いまは服をどこまで攻められるか挑戦してます。私、服に対してドMなところがあるんで(笑)
山王丸
それわかる。服って、いろいろ自分で着てチャレンジしないと分からないことがいっぱいあると思う。
最近、気になってるブランドとかあります?
山王丸
千明ちゃんが2018春夏LOOKのモデルしてた〈カニッツァ(KANIZSA)〉。LOOKみて気になった〜。でもあまり見かけなくて。
畠山
素敵ですよね。この撮影の時に〈カニッツァ〉のデザイナーさんに卸先を聞いたら、まだどこにも卸してないって仰ってました。
デザイナーさんに確認したところ、インスタのDMやメールでの完全受注生産されているそうですよ。
山王丸
そうなんだ! LOOKで千明ちゃんが着てるオーバーサイズのコートもかわいいなって思った。そういえば今季は、アウターの襟元に何か付いてたり、素材が違っていたり、アレンジされているものも結構多い印象があります。
畠山
〈ジョンローレンスサリバン〉でも、メタリック素材のアイテムを出されていますよね。
山王丸
結構エッジの強いアイテムもトレンドだよね。アウターではないけど、〈フミカウチダ〉もシルバーやパープルのメタリックなサイハイブーツがありましたし。〈グッチ(GUCCI)〉もそうですが、盛る文化じゃないけど、「ファッション楽しもう」という気持ちが込められているんだと思います。
畠山
分かります! 〈ディオール(Dior)〉もデザインががらっと変わっていてとても新鮮で素敵だなって思いました。
山王丸
そういえば、〈ディオール〉のお仕事でパリ行ってましたよね?
畠山
そうなんです。「Miss Dior」の新しい香水が出て、それの撮影をしたりショーを観たりしてきました。
山王丸
直接本国からオファーが来たの?
畠山
〈ディオール〉のメイクアップクリエイティブ&イメージディレクターのピーター・フィリップスさんと、とある企画でお会いして。そのときすごい気に入ってくれてたんです。昔、デザイナーのマリア・ グラツィア・キウリさんにもオーディションで会ったことがあったんですけど、「このムービーを撮るならこの子がいい」って言ってもらえて。それで呼んでいただいたんです。
山王丸
すごく素敵だったよ。
畠山
楽しかったです。
山王丸
話がそれちゃった。他には〈MM6 MAISON MARGIELA(エムエム6 メゾン マルジェラ)〉はかわいくて、おすすめしたい。MM6は、真っ赤なダウンを出していたりして、遊び心があるのが好きです。なにより価格がお手ごろでありがたい。
畠山
私、お店だと「6(ROKU)BEAUTY&YOUTH」によくお邪魔させてもらっているんです。オリジナルはもちろん、セレクトも自分の好きな〈メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)〉と〈アクネス トゥディオズ(Acne Studios)〉とかが置いてあって。
山王丸
ディレクターの吉田恵理子さんも古着が好きだし、それに基づいてオリジナルを作ってるから、すごく考えぬかれた使いやすいアイテムが本当に多い。セレクトも楽しいよね。千明ちゃんは、買い物するときはいろんなところを回る方?
畠山
はい。いろいろ店から店へと歩き回るのが好きです。
山王丸
服に動かされてるみたいだね。私も、休日にセレクトショップに行って服をチェックしてることがある。休みなのに何やってるんだろって思う(笑)。
畠山
それ、わかります! 私も常に何か探してます。