GIRL HOUYHNHNMGirls Just Want To Have Fun!
水曜更新! どのアイテムを組み合わせる? 編集部員が身につけたい秋のコーディネート。
水曜更新! どのアイテムを組み合わせる? 編集部員が身につけたい秋のコーディネート。

FANTASTIC FOUR

水曜更新!
どのアイテムを組み合わせる? 編集部員が身につけたい秋のコーディネート。

2018.09.19

編集部員が本当に欲しいモノをご紹介する連載企画「FANTASTIC FOUR」。
夏の終わりの風物詩でもある『24時間テレビ』も終わり、いよいよ9月に突入。
まだ暑さが残るとはいえ、ようやくおしゃれが楽しくなる季節の到来です。
今回は新作アイテムを組み合わせや、この秋に身につけたいコーディネートを披露。
これを着て秋をスタートさせたい!

Photo_Shinsuke Sato

SELECTOR
  • Miami2018.9.19 Up

  • Olga2018.9.19 Up

  • Rachel2018.9.12 Up

  • Ami2018.9.12 Up

  • Tatty2018.9.5 Up

  • Connan2018.9.5 Up

  • Mikey2018.9.26 Up

  • Aileen2018.9.26 Up

SELECT BYMiami

展示会でオーダーしたアイテムを各スタイリングひとつずつ入れています。
「あれが届いたらこう着たいな~」という妄想を一足早く形にしてみました。 さてクイズです。
私がつけたものは何でしょうか? 答えは下記をご確認くださ~い!(あっさりわかる)
  • KOCHÉ / AURALEE

    コシェのラガーシャツ / オーラリーのコーデュロイスカート

    急ピッチで仕上げます。

    そこはかとなくゆるい雰囲気が漂うラガーシャツは個人的に好きなアイテムのひとつ。ベーシックなものが多いなか、こちらの〈コシェ(KOCHÉ )〉のトップスは切り替えのデザインから配色、大きめのサイズ感まで完全にツボでした…! そんな一着に合わせたいのが〈オーラリー(AURALEE)〉のロングスカート。膝上あたりまで入った大胆なスリットがポイントで、届くまでに脚を鍛えようと心に誓い半年前にオーダーしました。私の体は全然仕上がっていませんが、オーバーサイズ+くるぶしが隠れるくらいのマキシ丈というボリューム感を一点突破してくれるのはスリットから伸びる脚にかかっているといっても過言ではありません。頑張ろ。

    〈コシェ〉ラガーシャツ ¥75,000+TAX

    エイチ ビューティ&ユース

    03-6438-5230

    www.koche.fr

    〈オーラリー〉スカート ¥28,000+TAX

    オーラリー

    03-6427-7141

    auralee.jp

  • AKANE UTSUNOMIYA / Vans × nonnative

    アカネ ウツノミヤのワンピース / ヴァンズ×ノンネイティブのオールドスクール

    フリースタイルで。

    そろそろ届くよアイテムその2が〈ヴァンズ×ノンネイティブ(Vans × nonnative)〉の「オールドスクール」。シューレース部分にはミリタリーブーツに使用されるジッパーパーツが取り付けられており、デザインも使い勝手も素敵すぎる一足! 放っておくと男子みたいな格好をしがちなのですが、この秋はこんなワンピースに合わせたいなと。強豪ひしめく今季のチェック柄バトルを鮮やかな配色で勝ち抜いた〈アカネ ウツノミヤ(AKANE UTSUNOMIYA)〉の新作です。ヴィヴィッドなピンク×ブルーのカラーリングがかわいいっ!しっかりとした厚みの生地からつくられるシルエットも魅力的で、スニーカーとのバランスもよさそう♡

    〈アカネウツノミヤ〉ワンピース ¥58,000+TAX

    ブランドニュース

    03-3797-3673

    www.akane-utsunomiya.com

    〈ヴァンズ×ノンネイティブ〉スニーカー ¥17,000+TAX

    ベンダー

    03-6452-3072

    coverchord.com

SELECT BYOlga

好きな色は赤と断言できるのですが、クローゼットを開けると意外と多いのが黄色の服。
自然と引き寄せるのか、赤い服よりも多いのでは? と思うほど。
それだからか今回あげたアイテムも無意識のうちに黄色が集まってしまいました(笑)。
  • PHEENY / COATE

    フィーニーのスウェット / コートのスカート

    25歳、頑張りすぎたくない宣言。

    何度もFANTASTIC FOURでも発言してきましたが、25歳を迎えファッションに対しての見方が変わってきました。いままでは背伸びして、気張った格好もしてきましたが、いろいろな遍歴を経て、気づいたことは「無理をしすぎないこと」。自分に似合う服も分かってきたし、好きなものと似合うものの足し引きが上手くできるようになってきたかなと。存在感のある〈コート(COATE)〉のシルバースカートは、以前の自分であればちょっとタイトなトップスと合わせていましたが、いまはスウェットやロンTと着るのが気分。〈フィーニー(PHEENY)〉のくすんだ黄色のスウェットを合わせてキメすぎないスタイルに。25歳、これからのおしゃれ道を突き進みたいと思います。

    〈フィーニー〉スウェット ¥23,000+TAX

    フィーニー

    03-6407-8503

    www.pheeny.com

    〈コート〉スカート ¥56,000+TAX

    エストネーション

    03-5159-7800

    www.coate.jp

  • CAN PEP REY / KARA

    キャンペプレイのジャンプスーツ / カラのバッグ

    これぞ私の撮影スタイル。

    編集者として駆け出しだった頃、人生初の撮影で気合いを入れておしゃれをして行ったら、先輩に「そんな格好で動けるわけない!」と叱られた思い出が(笑)。それからというもの、“撮影のときに着る服”と称して、動きやすいつなぎを集めるように。一概につなぎと言っても、作業着風に着るだけではなく、モードっぽくも着こなせるものを! というのがマイルール。〈キャン ペプレイ(CAN PEP REY)〉のジャンプスーツはカジュアルなシルエットながらも素材にハリがあって、ゆるくなりすぎないところが好み。これに〈カラ(KARA)〉のショルダーバッグを合わせて、雑用なんでもバッチコイな手ぶらスタイルに。つなぎ×ショルダーバッグは私の撮影定番コーディネートです。

    〈キャンペプレイ〉ジャンプスーツ ¥49,000+TAX

    Diptrics

    03-5464-8736

    www.canpeprey.com

    〈カラ〉バッグ ¥59,000+TAX

    ブランドニュース

    03-3797-3673

    karastore.com

SELECT BYRachel

髪をそこそこ切ったので、この秋はいつもより少し女性らしさのあるスタイルが気分です。
にしても組み合わせる色がことごとく茶系ですね…。
同色系コーデを選ぶあたり安直ですが、生暖かい目でご覧ください。
  • ATELIER BEAUREPAIRE / THE Dallas

    アトリエ・ブールペールのアフリカンオーバーオール / ザ ダラスのワンショルダートップス

    私のオーバードライブ。

    中学生のときに見た、YUKIちゃん(当時はJUDY AND MARY)のノースリーブだったかベアトップだったかに白いオーバーオールを合わせたスタイル。同級生はみんな憧れて真似していましたが、思春期真っ只中の私は自意識が邪魔して挑戦できなかった苦い思い出があります(笑)。でもなぜでしょういまならできる気がする! しかも〈アトリエ・ブールペール(ATELIER BEAUREPAIRE)〉のアフリカン柄オーバーオールというインパクトしかないアイテムで! これに〈ザダラス(THE Dallas)〉のワンショルダートップス(しかも光沢あるやつ)を合わせたら女性らしさも生まれてめちゃくちゃいいと思うんですけど。どうでしょう、14歳の私。大人になったら好きな服が着られますよ。

    〈アトリエ・ブルーペール〉オーバーオール 参考商品

    ユニット&ゲスト

    03-5725-1160

    www.atelierbeaurepaire.com

    〈ザ ダラス〉トップス ¥17,000+TAX

    ザ ダラス ラボ.

    03-5491-7331

  • mister it. / Aeta

    ミスターイットのワンピース / アエタのミニバッグ

    お出かけしたい。

    自分の中で「最高の買い物だ」と感じた服をおろすとき、それは絶対に会社に行く日じゃなくてなにかしらの「お出かけ」の日でありたい! 乙女くさいMYルールですが、服好きならわかってくれるはず。で、いまいちばん着たいのが、いまをときめく〈ミスターイット(mister it.)〉のワンピースと、〈アエタ(Aeta)〉のバッグの組み合わせ。レンガ色のシャツワンピは共布のスカーフがついていて、いい塩梅のエレガントさを味わえそう(髪を切ってよかった!)。ワンピース自体にパワーがあるので、バッグも個性派で。サイズと形から私は勝手に「小籠包バッグ」と呼んでいます。にしても服のことはいくらでも考えられるのに、肝心のお出かけ先が思い浮かばないのがなんとも悲しい(笑)。

    〈ミスターイット〉ワンピース ¥65,000+TAX

    ミスターイット

    03-5771-8809

    misterit.jp

    〈アエタ〉バッグ ¥23,000+TAX

    アルファ PR

    03-5413-3546

    aeta.website

SELECT BYAmi

「秋冬はアウターの下にTシャツ1枚!」
みたいな人もいますが、私は寒いのが大の苦手。
だから、防寒のことを真っ先に考えてしまうのです。
“おしゃれは我慢”。そんな言葉は知らないふりで、質感や色味で勝負します!
  • IHNN / Name.

    インのトップス / ネームのサンダル

    秋への一歩、ムートンサンダル。

    仕事的に撮影や取材などでたくさん歩き回るし、ラクさを重視してしまう私には〈ネーム / トモ アンド シーオー(Name. / Tomo & Co)〉のサンダルは、エアソールでクッション性がよくって最高のアイテムだと思うのです。このアイテムに合わせたいのが、エッジの効いた〈イン(IHNN)〉のトップス。ブラウンのてろっとした質感と色味が、サンダルのアイボリーカラーのムートンと相性◎。 デザインも重要ですが、今年は素材にこだわったり色のトーンで秋を楽しみたいなと。最後に小声で言いますが、肩のフリルで小顔効果も狙ってます(笑)。

    〈イン〉トップス ¥30,000+TAX

    ブランドニュース

    03-3797-3673

    www.ihnn-design.com

    〈ネーム〉サンダル ¥30,000+TAX

    ネーム

    03-6416-4860

    name.i-a-m.jp

  • SHO KURASHINA / MARROW

    ショウ クラシナのパンツ / マロウのバッグ

    こだわりをぎゅっと。

    意気込んで買い物に行くと収穫ゼロ…なんてことよくありません? 逆に買うつもりがない日に、ビビっときてしまうんですよね。そんなときに知ったブランドが、この〈ショウ クラシナ(SHO KURASHINA )〉。2012AWにブランドをスタートさせたのに、つい最近良さを知ったのです。デザイナーが日本人だからか、肌色に合うように馴染みのいいオレンジにしているのも計算なのかと思ってしまいます。そうとなれば合わせるバッグも日本のブランドがいい。シンプルなフォルムに日本のレザーと製法を詰めこんだ〈マロウ(MARROW)〉のバッグなんて、最適な気がします。むしろ、私にはこの一択のみ。

    〈ショウ クラシナ〉パンツ ¥58,000+TAX

    ショウ クラシナ

    03-6459-2156

    www.shokurashina.com

    〈マロウ〉バッグ ¥29,000+TAX

    4K

    03-5464-9321

    robindesbois.wixsite.com

SELECT BYTatty

“組み合わせ”というテーマなので、もちろん組み合わせでご紹介しています。
がしかし、ウィメンズの服を着ることがない男の提案が
淑女のみなさまの参考になるのでしょうか。果たして…!
  • NEON SIGN / doublet

    ネオンサインのパーカ / ダブレットのバッグ

    ネオ“そこのスーパーまで”スタイル。

    世の中が狭いのか、同じような人が集まるのか。以前祐天寺に住んでいたときは、近所の「三和」でちょいちょい仕事関係の方々とお会いしていました。当然スーパーに行くだけなので、恰好は寝巻きと大差なし。見られて困ることは別にないんですけど、あの瞬間ってなんかハッとするんですよね…。仮にそのときの恰好が、ルーズなサイズ感で継ぎ目が切りっ放しになっている〈ネオンサイン(NEON SIGN)〉のパーカと、レジ袋風だけど〈ダブレット(doublet)〉のバッグだったら、がんばり過ぎず適当過ぎずのラインを突きつつ、スーパーでも浮かないんじゃないのでは。なんならこの組み合わせのまま「六本木ヒルズ」にだって行けちゃいそうだ。

    〈ネオンサイン〉パーカ ¥32,000+TAX

    ネオンサイン

    03-6447-0709

    ne-on-sign.com

    〈ダブレット〉バッグ ¥32,000+TAX

    スタジオ ファブワーク

    03-6438-9575

    doublet-jp.com

  • CLERGERIE / Hender Scheme

    クレジュリーのスリッパ / エンダースキーマのソックス

    ギンギラギンだけどさりげなく。

    パッケージ込みでかわいい〈エンダースキーマ(Hender Scheme)〉のソックス。展示会でチェックしていた〈クレジュリー(CLERGERIE)〉のスリッパを合わせたら、図らずともパッケージ通りの配色になっているではありませんか! 実際に履くことを考えるならば、パンツはフルレングスを選んで踵周りをチラ見せする、くらいがいい気がします。サンダルや短めのボトムスと合わせると「靴下でおしゃれしてますよ!」って見えますので…。どんなに個々のアイテムがイケてても、肝心なのはマッチ感ですからね。ギンギラギンのスリッパとさりげなく。そいつが蛍光オレンジソックスの合わせ方。ギンギラギンにさりげなく、さりげなく履くだけさ!

    〈クレジュリー〉スリッパ ¥83,000+TAX

    ヒラオインク

    03-5771-8809

    www.clergerieparis.com

    〈エンダースキーマ〉ソックス ¥2,500+TAX

    スキマ 恵比寿

    03-6447-7448

    henderscheme.com

SELECT BYConnan

ロンドンにいる友人に教えてもらってから、個人的に気にしてるワード“テクノゴス”。
よく見るとあんなブランドや、こんなブランドも気にしてるのかもしれない!?
一体どんな格好を指すのかについても、今回は触れていきたいと思います。
  • TOGA PULLA / HYSTERIC GLAMOUR × G.V.G.V.

    トーガ プルラのストレッチカバーブーツ / ヒステリックグラマー×ジーヴィージーヴィーのレーヨンドレス

    まずは髪の毛を黒く染めてみて。

    ロンドンやベルリンでいま局地的に熱く盛り上がっている“テクノゴス”とは、ノイズやインダストリアルといった尖ったサウンドを追う若者が夢中になっているスタイルなんだそう。金髪の地毛をあえて黒く染めて、ラテックス素材のウェアやハーネスなど締め付け感の強いものを身につけてる人たちがそれです。もし他所者の自分がここに馴染むなら、デザイナーの強い意思を感じられるブランドに委ねるしかない! というわけで、〈トーガ プルラ(TOGA PULLA)〉と〈ジーヴィージーヴィー(G.V.G.V.)〉の組み合わせは最強なのかと。どちらもフィット性のある素材を採用し、トータルで近未来なルックスに。常に前衛的なファッションを仕掛ける両ブランドを身につけて、物怖じしない強い女性になりたいです!

    〈トーガ プルラ〉ブーツ ¥60,000+TAX

    TOGA 原宿店

    03-6419-8136

    www.toga.jp

    〈ジーヴィージーヴィー〉ドレス ¥52,000+TAX

    grapevine by k3

    03-5772-8099

    www.gvgv.jp

  • MANÉ MANÉ / BLUE ROSES

    マネマネのサングラス / ブルーローゼズのロンT

    仕上げに黒リップを塗りたくって。

    では、「“テクノゴス”って黒しか着ちゃいけないの?」 とお思いかもしれませんが、そんなこともないんです。大切なのは社会の不平にファックする気持ち。奇しくも、〈ブルーローゼズ(BLUE ROSES)〉や、〈マネマネ(MANÉ MANÉ)〉もカウンターカルチャーを投影しているブランドでした。〈ブルーローゼズ〉は、元〈ミーダム カーチョフ(Meadham Kirchoff)〉のデザイナーが立ち上げたブランドで、ロンTには大きく“PHANTOM PREGNENCYS”と。意味はグーグル翻訳してみてください。スペインの〈マネマネ〉のウェーヴィなサングラスは意外にも日本製で、形はマドリードのストリートスタイルから着想を得たのだそう。念のため、黒リップを塗って完成です。

    〈マネマネ〉サングラス ¥27,500+TAX

    CONTENASTORE

    03-5784-1587

    www.contenastore.net

    〈ブルーローゼズ〉カットソー ¥14,500+TAX

    ドーバー ストリート マーケット ギンザ

    03-6228-5080

    ginza.doverstreetmarket.com