GIRL’S WASTE.

ガールな視点で選ぶ1万円アメ横ショッピング。
Photo_Ryosuke Yuasa
ENGLISH

世界中から観光客が集まる街、アメ横。
重要スニーカーショップやミリタリーショップが点在したり、
はたまた古着屋などの一号店もあったりと
案外とファッション的に重要なエリアだったりもします。
ガールフイナム的な視点で選ぶとなにが買える?を知るために
スタイリストの土岐ひろみさんとgrapevine by k3のスタッフ、藤江莉紗子さんに
それぞれ1万円で「アメ横ショッピングツアー」を行ってもらいました。

3時間程度で買い物が終わった様子。それでは2人が買ったものを見せてもらいましょう。

土岐ひろみさんセレクト

アメ横は久しぶり、という土岐さん。
選んだのはベーシックながら「よくこんなの見つけたね」と思わせるお値打ちモノばかり。

SELECTED by Hiromi Toki

古着のパンツ 105円(たんぽぽハウス)

「シルエットがいまっぽいのに100円。スタイリスト・アシスタント時代はかなりリサイクルショップにお世話になっていました。物を見る目も養えますよ(笑)」

古着のナイキのトップス 525円(たんぽぽハウス)

「ロゴが胸にあるのではなく、中央にドンと配されているのと、90Sらしいシルエットが好み。ガールフイナムらしいなと思って選びました」

〈ディッキーズ〉のパンツ 3490円(JALANA)

「〈ディッキーズ〉の中でもクラシックなワークパンツ、874のブラック。ちょっとワイドめに穿きたかったのでサイズ31を選びました」

〈レイルロードソック〉ソックス3Pセット 1296円(JALANA)

「スタイリスト業には欠かせない白靴下は何足持っていても困らないので。メイドインUSAならではの厚手な質感がいいですね」

〈ギルダン〉のTシャツ600円(ハナカワ)

「靴下と同じ理由ですが、〈ギルダン〉ならほどよいしっかりした生地だし、白Tはいくつ持っていてもいいですよね(笑)。あととにかく安い!」

ワッペン付きトートバッグ3240円と付属以外のワッペン486円(中田商店)

「これくらいのサイズのバッグを探していたところです。ミリタリーでもあまりみない形だし、中に仕切りがたくさんあって整理しやすそう。フロントはベルクロでワッペンを変えられるところがいいですね」

パイナップル串200円

「お金が余ったので、アメ横名物のフルーツ串を買いました!」

計8点 9942円
お釣り 58円

藤江莉紗子さんセレクト

カラーアイテムに目がない藤江さんらしく、色とりどりのアイテムをチョイス。
1万円以下でも主役級アイテムは見つかるんです。

SELECTED by Risako Fujie

古着のサテンシャツ 525円(たんぽぽハウス)

「大好きなパープルで、透け感があるところが気に入りました。襟の形もアクセントになっているかと!」

古着のポロシャツ 525円(たんぽぽハウス)

「長袖のポロシャツってキモかわいいですよね(笑)。左胸に入っている“オリジナル”っていうロゴも意味不明でいいと思います」

ソックス10Pセット 1000円(天天楽)

「アメ横の看板のすぐ下にある下着屋さんでパステルカラーの靴下5色×2足セットを。消耗品は安くてOKかと思います。色のラインナップがキレイ」

〈アメリカンアパレル〉のTシャツ 1990円(JALANA)

「もう二度とお目にかかれないかと思っていた〈アメアパ〉のTシャツを発見! レアですね…。こんなものがアメ横に眠っているとは! 無地Tが欲しかったのでちょうどよかった」

〈ヘリコンテックス〉のベースボールキャップ 2160円(中田商店)

「ベルクロ部分にさりげなくブランドロゴのカメレオンがいるのがかわいい。同色だから気づきにくいところもポイント高いです」

トートバッグ3240円(中田商店)

「土岐さんも私も、このバッグが心に引っかかっててわざわざ中田商店に戻りました(笑)。メンズライクなデザインだから合わせやすそう」

チョコバナナクレープ 460円(チャーミー)

「何往復もしてヘトヘトになったので、最後はクレープでカロリーを補給。クレープはたいていチョコバナナを選びます」

計7点 9900円
お釣り 100円