GIRL HOUYHNHNMGirls Just Want To Have Fun!
Girls Just Want To Have Fun!

CHATTERBOX

ベストイレブン。

みなさまこんばんは〜。

今季でFCバルセロナを退団するスペイン代表のMF、イニエスタ選手がヴィッセル神戸に来るそうですね! 噂は前々からあったとのことですが、本当に日本に来るとは〜! すごいなぁ〜。

下部組織あがりでずっとバルセロナ一筋というイメージだったので、退団したあとにまさか日本に来てくれるとは! 落ち着いた見た目ですが34歳とのことですし、華麗なプレーをまだまだ見せてくれたらと思います!



古巣の公式ラインでも応援コメントが!

W杯も目前に迫っていますが、Jリーグも盛り上がりそうですね。

私が最後に生で観戦したのは2014年の高校サッカーの決勝戦。(地元の富山第一高校が延長戦で逆転優勝するという感動的な試合でした…!) もうかれこれ4年以上も前になるんですが、今年は超ミーハー根性で関東で試合があるときに観に行きたいです。

さて、そんな個人的サッカー熱がじわじわ上昇するなか、ガールフイナムのインスタグラムでは「おやつベストイレブン」を毎日更新中! それぞれのポジションにぴったりの選手(おやつ)を、その理由とともにご紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださ〜い。



話はかわって、私のお友達ベストイレブンでトップ下とセンターフォワードとゴールキーパーに選出された(分身の術です)鞄の妖精こと親友・ちかさんがPRをつとめるUNBYの原宿のお店で今週土曜日に見逃せないイベントが開催されるようです!



フイナムでも特集されています♡ コラボレーションアイテムが可愛いかった!!

ULTRA HEAVY(スタイリスト・石川顕さん、デザイナー・神山隆二さん、アートディレクター・ジェリー鵜飼さんによるユニット)の3名が揃って東京でイベントをするのはかなりレア! こんな機会はめったにないので絶対何かしらを購入してペイントしてもらおうと思います〜! みなさまもぜひ!

初メガネデビュー!

突然ですが、みなさん視力はいくつですか?
ガールフイナム女子最年長にして最高の視力を誇るわたくし(両目2.0可)。悩んでる人に怒られそうですが目が悪いことへの憧れが人一倍強く、以前Miamiが紹介していた「好きな顔を9つ集める」もこのような結果に。見事にメガネ勢ぞろいですね!(もうひとつの共通点は唇が薄いことです)



ということでメガネは好きだけどメガネの知識はあまりない私が、〈ジンズ(JINS)〉とパリのプロダクトブランド〈パピエ ティグル(PAPIER TIGRE)〉のコラボアイテムを一足お先に試してきました!



場所は水天宮前にある〈パピエ ティグル〉の世界で2番めの直営店。築56年の建築をリノベーションしてこんなステキな内装になっています。



〈パピエ ティグル〉のグラフィックにほれ込んだ〈ジンズ〉の企画の方が1年がかりで完成させたコラボアイテムは全8型、36種類。色使いが特徴的な〈パピエ ティグル〉の世界観を表すべく、フロントとテンプルで色や柄を変えたバイカラー仕様になっています。



メガネを持っていない私は「ふむふむ、かわいいねー」と単にプロダクトとして見ていたのですが、スタッフの方曰く、「《ジンズスクリーン》のご用意もございます」とのこと。ブルーライトを軽減してくれる噂のやつですね。なるほど! 試したい! で、はじめてかけてみたんですけど、めっちゃ軽いんですね〈ジンズ〉のメガネ。いつも頭痛に気づかぬふりをして重いサングラスをかけていたので心底驚きました。あの軽さで攻めてこられたら「やっぱUSA製でしょ!」とか言ってるこだわりがぐらんと揺らぎます笑。 個人的にいちばん気に入ってオーダーしたのがこれ。



ジンズクリーンのフルメタルバージョン。ちなみに当初メタルフレームを作る予定はなかったそうですが、〈パピエ ティグル〉のペンにインスパイアされて急遽作ったんだそう。淡い群青色とペールピンクの組み合わせがタイプです。しかも実際にかけてもカラーフレームにありがちな気張ってる感がなくてどんな服にも合わせられそう。これはもはやPCやスマホ見るときに使うだけじゃもったいないなぁ。

ブルーライトカットじゃなく、視力矯正メガネで気に入ったのがこちら。



マットな質感とべっ甲×ピンクがかわいい。あれ、私メガネはピンク派なのかしら…。 アイテムが店頭に並ぶのは7月12日(木)から! ケースの細部にまでこだわりがつまっているので店頭で手にとって見てください!

大先輩にインタビュー。

仕事柄、ファッション業界を中心にたくさんの方にお話を聞ける機会があります。

なかでも個人的に特に緊張するのは、同業の方の取材。だって、インタビューをやり慣れている人にインタビューして、原稿も書き慣れている人の話を原稿にまとめるんですよ(笑)? それが大先輩なら尚更です。

そんなインタビューを先日久しぶりにやりまして。

「もう10冊もつくってるのに、遅くない!?」と言われながらお話を伺ったのは、音楽誌『nero』編集長の井上由紀子さん。ちなみに、編集長といってもその人ひとりでつくっています(笑)

90年代後半から執筆活動をされているので、ライター歴は約20年。いや、高校生のときにすでに坂本龍一さんにインタビューしていたということは、もはやそれ以上か。とにかく大先輩なのです。

ライターと編集としての付き合いはかれこれ8,9年くらいだけど、井上さん自身を取材するのはこれが初めてで、ロリポップ・ソニック結成のきっかけや『nero』での苦労話などいろいろとお話いただけました。

まずは記事に目を通していただきたいのですが、この人以上に情熱と強いこだわりを持って仕事をしている人ってなかなかいません(と同時に、一緒に仕事をするのは大変でもあるんですけど笑)。「このバイタリティーは見習わないとな」と身の引き締まる思いでいつも話を聞いていますし、本人は「ただ楽しいだけじゃない」と言っていたものの、ぼくの周りで“Girls just want to have fun”を体現している人ってきっとこの人なのでは? とも思っています。

忖度が流行語に選ばれる時代において、

世の中の流れに逆らってでも自分の伝えたいことを伝える勇気と覚悟を持つことは、カルチャーにとって大切なことだと思うんですよね。私にそういう感性や覚悟が備わっているとは思いませんが、そのくらいの気持ちでやらないとこの仕事をする意味がないくらいに考えています。

なんて、同業者としてめっちゃ刺さりますねぇ…。

年齢性別問わず、何かをつくっている人、またそれを目指している人すべてに読んでいただければ幸いです! 文字量かなり多めなので、時間があるときに読むのがおすすめ!(笑)。ちなみに雑紙の購入はこちらからです!

「This is America」のチャイルディッシュ・ガンビーノって誰だっけ?

チャイルディッシュ・ガンビーノの「This is America」のMVがすごい話題になってますね〜。確かに強烈だし曲もかっこいい。何回も聴いちゃう中毒性もあるし。僕はチャイルディッシュ・ガンビーノ自体をこの曲で知ったんですが、MVを見たときに、なんかこの人見たことあるな〜誰だ? と思ったんです。で、そのときはそのまま気にしてなかったんですが、昨日YouTube見てて「あー!」と気がつきました。6月公開の『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のランド・カルリジアン役のヤツじゃん! チャイルディッシュ・ガンビーノ= ドナルド・グローヴァー。いや〜そりゃ見たことあるわ。多才なんですね。さすが。『ハン・ソロ』楽しみだ。早く観たい!

すでに再生回数ヤバイすね。7千万回オーバー!

ドナルド・グローヴァーがミレニアム・ファルコン号の船内を案内してくれますよ。

斜め上をいくTシャツ。

すっかり暖かいので、Tシャツのリサーチも兼ねていろいろとサイトを見ていたら、やばいの見つけました…。

『週間少年ジャンプ』の創刊50周年を記念して、〈UT〉がコラボTシャツを続々とリリースしているのはご存知の方も多いと思います。

『ドラゴンボール』や『幽☆遊☆白書』、『キャプテン翼』に『ろくでなしBLUES』といった懐かしの名作から、『ONE PIECE』や『黒子のバスケ』といった比較的最近の作品まで。

ファンからすると胸熱な名シーンや名セリフがプリントされているわけですが、『週間少年ジャンプ』絡みということを忘れてしまいそうなこの一際抽象的なプリントは…。


COPYRIGHT © UNIQLO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

これは…ネフェルピトーにバラバラにされたカイトが元に戻らないことを知ったときのゴン、いや、ゴンさんですね。しかもその髪の毛の先端だけを切り取るとは、なんと大胆な! あの悲哀と憤怒(とまさかすぎる展開ゆえの少しの笑い)に満ちあふれた瞬間が甦ってきます!
※背面には一応ゴンさんの後ろ姿もプリントしてあります。

ほかにもたくさんあるので、漫画好きの方はこちらからチェックを!