GIRL HOUYHNHNMGirls Just Want To Have Fun!
Girls Just Want To Have Fun!

CHATTERBOX

Tuxedoとガールフイナムの共通点。

前からそうかな? と思ってたんですが、このあいだ新譜のシングル盤レコードを買って確信しました。Tuxedoのロゴとか文字、あとイラストを描いてるのは、ガールフイナムのロゴを描いてくれたジャンですね。





この文字の感じ。一緒ですよね? ナナメ具合とか。





と思ったら本人のインスタにも載ってた。しかも冬に来日すると!? 次こそ会えるかな? 楽しみ。

台湾の東屋には電子掲示板があるのだ。

ゴールデンウィークにたぶんどこにも行かないわかりに、4月の半ばに台湾に行ってきました。(嘘ですコチラの取材です)。

週末弾丸台湾なんて名前をつけて、旅行会社がゴリ推してる理由がよくわかります。いやー、台湾、すぐ着くし! 過ごしやすいし! 利用した松山空港は中心街に近くてラクだし!




あとポケモンがどこにいるかわかるし!
(これ、本当に興奮して「もう私、台湾に住む!」ってなったほどでしたが、その後すぐに日本も表示されるされるようになりましたね…)




JOURNAL STANDARD台北店は、高級住宅街のある富錦街(フージンジェ)というエリアにあるのですが、90年代ごろの代官山を彷彿とさせる盛り上がり方で、エモい気持ちになりました。(年がバレる)。あとはモデルの吉田沙世ちゃんが人気すぎて、メディアもインフルエンサーも一挙一動を撮りまくり。6時間くらいカメラを構えている猛者もいました。君らのカメラロールは大丈夫なのか。




個人的にツボだったのが、若者たちの楽しそうな雰囲気に呼び寄せられたテニス帰りのおじさん。このエリアに住んでいるらしいので、お金持ちです。きっと。日本語も堪能でしばらくおしゃべりしました。そしておもむろに自分のテニスラケットをディスプレイの上に置くおじさん。こらこら、こちら商品ですよ…。




翌日は朋丁という本屋兼カフェに。イギリス留学中にアートブックやZINEの魅力にハマった若い夫婦が開いたお店。セレクトがツボで、みんなでかなり長居しました。




2階のイベントスペースではちょうど、書道家・万美さんのエキシビションが開催されていました。これがまた最高にかっこよかったです。「女」からこんな力強さを感じたのは人生初です。




お次は朋丁のオーナーにおすすめされた荒花書店へ。これでワイルドブラワーブックストアです。なるほどね。漢字だとなんとなくの意味がわかるから楽ですねー。





ここはほっこりした外観からは想像できないほどフェティッシュなZINEやら、もうフェティッシュを通り越してダイレクトな雑誌や雑貨やらがたくさんあって度肝を抜かれました。青林堂イズムを感じます。





店内には佐伯俊男先生の原画も。うひゃー! 拝んでおこう。




お店を出たらつげ義春的な眼科の看板がありました。サブカルですね、台湾。ほかにもバンド、透明雑誌のメンバーが作ったレコード屋「Wating Room」とか、名前だけで胸アツなZINEショップ「下北沢世代」とか色々行きたいお店はあったのですが、タイミングが合わず次回に繰り越し。







いま一番の観光地、華山1917にも足をのばしました。チームラボの展示もここで開催するなど、おっされーな複合施設。そしてここの近くにある…。





グロうま魚スープを飲んで帰国。いや、おいしいんですよ。味付けも上品だし。これで240円くらいだし。グロいけど。ただの旅行記になってしまいましたが、すごくいいと思います、週末台湾。皆様も是非!

職業病。

先日huluでドラマ『東京タラレバ娘』を見ていたときのこと。ストーリーそっちのけで気になってしまったことがありました。

“倫子が早坂さんのオフィスに打ち合わせに行っていたシーン、ここ、平匡さんと百合ちゃん(©逃げ恥)が働いていたビルと同じロビーでは?? ” 気になって検索してみるとどうやら同じところっぽい。普通のオフィスビルのようなので、おそらく撮影は土日にしてるんだろうな…。

あとは表参道を歩いているシーン。お店が閉まってたから多分すごい早い時間からロケしてるんだろうな…とか、ムービーの許可取りはスチールよりも大変そうだな…とか、そんなことばかり気になってしまいます。

ロケ地が気になるのは完全に職業病だなと思うんですが、個人的に撮影場所を事前に確認するロケハンは好きな仕事のひとつ。


ということで、ここ最近行った場所を(特に求められていないですが勝手に)振り返ってみました。





埠頭の倉庫。めずらしい場所で楽しい。ミュージックビデオの撮影とか、ドラマや映画の撮影もよくしているとのことでした。




冬の海。寒すぎて寒すぎてふるえる。(普通だな)




撮影は結局しませんでしたが…。広い体育館とかテンションあがりますね。部活感。




近未来感はんぱな〜い! 東京ってすごいな。屋根があって雨が降っても安心な上にガラス張りで自然光が入るのも素晴らしい。






こちらも撮影はしていませんが、海外のスケートパーク。カラフルでかわいかった!

仕事でいろんなところに行けるのは楽しいですね。関係各所のみなさま、どうもありがとうございます。これからもナイスなロケ地に目を光らせていきたいと思います。

恐縮です!サスキアの勝手にマイプレイリスト。

ご無沙汰してます、サスキアです。最近ようやく暖かい春風を感じられるようになってきましたね。いや~うれしい! 季節が変わると、衣替えでクローゼットを整理するのと同じように、普段iPhone片手に聴く音楽も整理したくなるのは私だけじゃないはず。てことで、今回はサスキアの独断と偏見で選んだ月ごとのヒットソング(ミュージックビデオについての解説あり)を紹介したいと思います。茶番に少しお付き合いを♡


1月
Kim Carnes「Bette Davis Eyes」
自分でもよくわからないんですが、キム・カーンズの「Bette Davis Eyes」を年始に聴きまくってました。和訳を調べてみたら、サビの部分は「男をもてあそび、 男を不安にさせる。男を喜ばすためにはなんだってする、ませた娘なのよ」と、男を悩す小悪魔女子を描いた曲だったんですね。 それにしてもこのMV、なぞですね~。髪をなびかせながら熱唱するキム・カーンズと、舞踏会のような場所で男をビンタする女性たちという組み合わせ…。失恋ソングっぽい歌詞ならハマるシチュエーションなんですが!


Rejjie Snow「Pink Beetle」
ダブリン出身の若手ラッパー、レジー・スノウも去年からヘビロテで聴いてるアーティストのひとり。渋いビートとアンニュイなピアノ音が耳に残る「Pink Beetle」という曲は、さむ~~い冬の夜によく聴いてました。若干24歳とは思えないセクシーさが最高!ミュージックビデオをセンスのいいアニメ調のシリーズで統一してて、新曲が出るたびにチェックしています。


2月
Tatyana Ali「Boy You Knock Me Out」
バレンタインモード一色になる街の雰囲気に触発されて、ロマンチックなラブソングを聴いていた2月。女優兼シンガーのタチアナ・アリが歌う、「Boy You Knock Me Out」は80Sを代表するシンガー、ボビー・コールドウェルの名曲「What You Won’t Do for Love」からサンプリングした音に、甘酸っぱい乙女心を描いた歌詞をのせたご機嫌なポップナンバー。ミュージックビデオは、アパートの隣に引っ越してきた男子に一目惚れしちゃうというベタなストーリー仕立て。(ちなみにタチアナが部屋で着てるシルクのキャミソールがかわいい!)突然登場してラップを披露するウィル・スミスにも注目です(笑)。


Sade「Nothing Can Come Between Us」
みなさんご存知、シャーデー姉さん♡ 個人的に突然やってきたリバイバルブームで、彼女の曲はもちろん、ライブなどで着ているファッションがめちゃめちゃオシャレだな~と思って、一時期私のカメラロールはシャーデー一色でした。中でもお気に入りは、しっとりとしたオトナのラブソング「Nothing Can Come Between Us」。もし歌がうまかったら、カラオケの十八番にしたい曲no.1です。


3月
Action Bronson「Terry」

プロレスラーみたいなイカつい見た目とは裏腹に、おいしいご飯も作れちゃう、笑顔がとてもキュートなラッパー、アクション・ブロンソン。個人的にいま一番来日してほしいアーティストです。は~かわいい! 抱きつきたい! 去年リリースされたアルバム『Action Crazy』内に収録された「Terry」という曲は、エモーショナルな男心を描いた繊細な歌詞が印象的。EPではないので、ミュージックビデオがないのはあしからず。出会いもあれば、別れもあるのが春。思わず “Don’t hurt me again…” と嘆きたくなるときもあるよね、男性諸君! アクション・ブロンソンが出演する料理特番もおもしろいのでぜひ重ねてチェックを。


TERIYAKI BOYZ「ZOCK-ON feat.Pharrell and Busta Rhymes」
THE男目線なラブソング(?)をもうひとつご紹介。3月はテリヤキボーイズとファレル・ウィリアムズのコラボソング「ZOCK-ON!」を(いまさら)ずっと聴いてました。2008年、当時バズワードとなっていた、しょこたんこと中川翔子の “ギガント” を採用して、曲中で「ギガント」と言いまくるファレルが非常にシュールです。でもかっこいいんです。寒すぎて週末のパーティに行くのも渋っていた真冬が終わり、春気分をあげてくれるアッパーな1曲。


4月(まだですが、ヘビロテ確定の2曲を紹介!)
JEFF the Brotherhood「Sixpack」
2人兄弟で結成されたジェフ・ザ・ブラザーフッドというバンドが好きで、春になるとよく聴いてるんですが、「Sixpack」という曲を聴くとかなり気分がアガります(特に晴れた日)。そしてこの軽快なガレージロックに見事にマッチした、なんとも楽しそうなMV!気の合う仲間でワゴン車を出して、川をクルーズして、お酒飲んで、キャンピングして…。嫉妬するレベルで最高ですね。今年のゴールデンウィークの目標です、これ。


Dinosaur Jr.「Watch The Corners」
アメリカのバンド、ダイナソー・ジュニアの曲を聴いてるとティーンエイジャーだったころの少し憂鬱な思いが蘇るんです。中でも大好きな曲「Watch The Corners」のミュージックビデオはぜひとも見てほしい! 5分ちょいの動画の中で、①親への反抗、②バイト先のダメ男と恋に落ちる、③路上で仲間たちと悪いことをしちゃう、という若いゆえのあちゃちゃ~~な青春シーンを凝縮したもの。「うっわーーー、あったあった、こんなこと」とつい目を塞ぎたくなる人もいるのでは? いい意味でも悪い意味でも “春” を感じる一曲です(笑)。


ふう、またひとりで突っ走ってしまったような…。3分程度の曲ひとつで隣の知らない人と仲良くなれたり、友達と抱き合って泣いたり、思い出がよみがえったり、集団が団結してひとつのムーブメントが誕生したり、音楽の力は実に偉大なり! 私が季節ごとに違うテイストの音楽を聴きたくなる感覚も、四季の色がはっきりとしている日本ならではなのかな? 日本で生まれてよかったー! ではまた次回~!

いつかレッドカーペットを歩きたい。

先日行われた映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』のワールドプレミアにお邪魔しました。この作品は押尾守監督が手がけたアニメで知られる『攻殻機動隊』の初実写版で、主演のスカーレット・ヨハンソンをはじめ、ビートたけしさんや桃井かおりさんなど日米のスターが集結した春の話題作なんです。


詳しい映画の内容については各映画専門サイトに譲るとして、キャストまでの距離1mというベスポジでのスナップをご覧ください。ミーハー心満載でお届けします。



まずは、美しすぎるスカーレット・ヨハンソン。同じ人間だとはとても思えない…。明日の朝に起きたらスカヨハになってないかなー。人生500%変わるわ。



世界のKITANOことビートたけしさんに目線をいただくという快挙。たけしさん、あざす!



シースルードレスに身を包んだジュリエット・ビノシュ。ジョニー・デップも出演した映画『ショコラ』で主演を務めた女優さんといえば、ピンとくるひとも多いのでは?



スカヨハの相棒役バトーを演じたピルー・アスベック。会見で、「アニメ版をみてバトーと自分との共通点が見出せなかったんだけど、原作漫画を読んだら彼はビールとピザを愛していたんだ。これだ!って思ったよ」と語っていました。役作りって、こういうところから始まるんですね。



ハリウッドからもラブコールの多い女優桃井かおりさん。素敵な着物姿ですが、帯に注目です。



「MOMOI」の文字がラインストーンで描かれているんです。モダンで粋な感じが、桃井さんらしい。私もこんな帯欲しいなぁ。



女優の福島リラちゃんもプレミアに出席。でも、あれ? リラちゃん何役だっけ? 気づかなかったなんてありえない! 思っていたら、イベントの司会者が「芸者型ロボットを演じて〜」的な発言を…。え? これ、リラちゃんだったの !? まったく気づきませんでした…(予告観てビックリしてください笑)。ちなみにトップの写真は、イベントに参加していた、この芸者型ロボットのコスプレイヤー。再現度がやばいです。激似。



以上。私が見た『ゴースト・イン・ザ・シェル』ワールドプレミアでした。映画は4月7日(金)から全国公開されます。『攻殻機動隊』の知識ゼロでも楽しめる内容となっているので、ぜひチェックしてみてください。


『ゴースト・イン・ザ・シェル』
4月7日(金)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー
©2017 Paramaunt Pictures. ALL Rights Reserved.
http://ghostshell.jp/