20211020 MASHIRO
20211020 MASHIRO
GIRL HOUYHNHNMGirls Just Want To Have Fun!
2021.4.30 Fri

今年のGWはおうちでグイ⁉︎ 編集部員それぞれが考える「酒の肴」プレイリスト。〈前編〉

write_ GIRL HOUYHNHNM

今年のGWはおうちでグイ⁉︎ 編集部員それぞれが考える「酒の肴」プレイリスト。〈前編〉

待ちに待ったゴールデンウィークに突入。引き続き行動が制限されるなか、今年も外に出るのはグッと我慢しておうちで満喫できる楽しみを見つけたい!

そんな今回は編集部員それぞれが、家飲みのお供にしたい酒の肴プレイリストをご紹介します。

リラックスしたり気分を上げたりとアルコールの楽しみ方はいろいろだけど、ガールフイナム編集部はどう楽しんでいる? ちなみにカバー写真はそれぞれの気分に合うお酒をセレクトしているので、その日飲みたい種類に合わせて聴くのも楽しいです。

まずは前編として若手編集4名がお届けします。それでは、みなさん良いお休みをお過ごしください♡

Selected by Tina

リゾート地へ旅行に行った初夜に、訳も分からず迷い込んでしまうようなチープなバーが恋しいです! 湿った空気に怪しライト… そして一昔前に流行ったちょっぴりシャバい音楽も、そこで聞くとなぜか沁みてくるんです。そんな私のプレイリストテーマはずばり“レッツ・トロピカル・チャライ・パーティ”。さて、スーパーへ行ってリキュールとフルーツでも買ってきますか!

 

1 Slide(feat. Frank Ocean & Migos) – Calvin Harris

「銀行口座なんて空っぽにしていいんだ」と歌う“軽さ”に乾杯したい一曲。穏やかなピアノメロディから始まる夏らしいディスコサウンドに心も踊る〜!

2 Unforgettable – フレンチモンタナ, スワエ・リー

爽やかなラテンビートに、伸びやかなスワエの歌声がマッチしててひたすら気持ちい! アフリカの子供達がダンスバトルを繰り広げるMVもエネルギッシュでずっと観てられます。

3 Toma – Lil Jon, ピットブル

“はじめてのピットブル”に入っているような彼の定番パーティチューンの他にも、名曲はいっぱいあるんです!

4 Ayy Macarena – TYGA

誰しもが一度は踊ったことがある伝統的なダンスソング「マカレナ」も、TYGAの手にかかれば重低音が響きます。

これが流れたときはフロアが盛り上がってきた証拠! 時代も国境も越えたチャラソングといえばの一曲です。

6 Tu sicaria – Ms Nina, Beauty Brain

徹底してチャラいに振り切るアーバンラテンポップはかなりタイプです。ジャケ写からしていかにもバッドビッチな感じとか! いいぞ、もっとやれ:)

7 Loca(feat. Awich) – ANARCHY

愉快なラテンビートに乗せられたAwichとANARCHYのドロドロなリリックの掛け合いがくせになる〜! 自粛明けにカラオケでデュオしてくれる相手募集中です!ちなみに私はANARCHY。

Selected by Shaw

お酒を飲む時はしっかりと酔いたいので、この表現が合っているかはさておき”落ちる曲”を聴きがちです。深みにはまっていくような、しっとり系プレイリストをお届けします〜。

 

1 Stone Roses – Elizabeth My Dear

このお馴染みの英国民謡のメロディが心地いいんですよね〜。

2 Tamino – Cigar

綺麗な顔して、声低いんですよね。この暗〜いテンションがたまらなくすきです。色っぽい声でお酒もすすむ?

3 The xx – Lips

わたしの中のおしゃれNo.1です。The xxを聴いていると、自分おしゃれなんじゃないかって錯覚できる気がします(笑)。

4 inc. no world – Without Water

透明感のある感じというか、いい意味で自分の殻にこもってじっくりと聴きたくなる世界観。

5 Yumi Zouma – Sage

この曲の浮遊感と重厚感で少量のお酒でも、しっかり目に酔える気がします。飲んでなくても酔った気分になれそう。

6 jan and naomi – Utero

一聴しただけではどこの国のアーティストか判別不能です。この不思議な世界観、まさに落ちます。

7 Sigur Rós – Meo Blodnasir

サウンドが美しい。飲みの途中でこういう曲があると、休憩できていいんです。

8 宇多田ヒカル – One Last Kiss

急に⁉️ と思った方、ごめんなさい。最近のヘビロテ曲でして、これなしにお酒は飲めないんです!

Selected by Meg

毎日お酒を飲むことはないんですが、夜景バックにゆったりワイン飲むみたいなシチュエーションが好きです!(単純ですみません!)そんなロマンティックな日を想像してR&Bやコズミックな曲を中心に選びました。全体通してBPM100〜120とゆっくりめなので、お家で飲む日や夜のドライブでも聴いて欲しい!

 

1 Summer – Vanilla

1曲目はUKのビートメイカー、バニラから。ヒップホップとエレクトロが融合したサウンドが心地良くて、中毒性すら感じます!

2 Use Ya Mnd (Twentyfourseven) – Mndsgn

最近作品の雰囲気が変わってきたマインドデザインですが「ボディウォッシュ」リリース当時のコズミックな感じがやっぱり好きです!

3 Eclipse(feat.Chris Turner) – BIGYUKI

確かラジオで流れてきて知ったんです。海外っぽいと思いつつ調べたら日本人と知り歓喜!テンポ良いのに落ち着きます。

4 3AM – Thundercat

レコード買っちゃうくらい好きなアルバムで、もう何周したかわからないほど。目を閉じて聴いてみて!

5 SLOW DANCING IN THE DARK – Joji

破天荒系YouTuberだった彼も最近リリースする作品はどれもリラックスできるものばかり。昨年リリースしたこちらも深い時間に是非。

6 Shadow Dance – The Internet

お酒が入ると涙もろくなるんですが、この曲を聴いたら確実に泣きますね(笑)。繊細な言葉の一つひとつが刺さります。

7 Violet – Daniel Caesar

聴き心地が優しくて、もう全てを包み込んでくれる感じ。ずっと聴いていたい〜。

8 No Question(feat.Pomrad) – Onra

オンラーも1曲目のバニラと同じくUKのビートメイカー。グリッチの効いたビートにどこか懐かしさを感じるのも彼の作品の特徴です!

9 Midnight Blue – Puma Blue

つい先日リリースしたこのアルバムが最高でした! 最後までしっとりした曲を選んでしまいました。アルコール+プーマブルーで良い睡眠を!

Selected by Aliya

酒の肴になる議題といえばやっぱり恋バナ。社会人デビューしたからには恋愛面でも大人になりたい! ということで、日本酒に合わせて邦楽ラブソング縛りのプレイリストでお送りします。個人的にテーマソングにしてきた曲を並べて過去の恋愛を反省しつつ、昭和と平成を代表する歌姫たちのアティチュードから学べることも多いはず! という期待を込めました。

 

1 不思議なピーチパイ – 竹内まりや

竹内まりやさんのラブソングって恋愛を楽しむ女の子の曲が多いと思うのですが、この曲はそのなかでもとびきりラブリーなんです!

2 うれしい!たのしい!だいすき! – DREAMS COME TRUE

好きな人がいる時って世界が輝いて見えますよね。「スーパーでスペシャル」のところは何度聴いてもキュンとします。

3 My Boyfriend, see you – 平賀さち枝

両思いの期間の浮ついてしまう感覚、好きです。聴いているだけでぽかぽかしてくるようなあたたかい曲。

4 メリクリ – BoA

冬のラブソングといえばこれですよね! 毎年もはやクリスマス関係なく、10月くらいから鬼リピしています。

5 Boyfriend -partⅡ- – Crystal Kay

ケータイ小説みたいなバイブスの歌詞とキャッチーなメロディーにどハマりして、この曲しか聴けなくなる時期が年に5回くらいあります。

6 かみつきたい – カネコアヤノ

コーラス含めポップな曲調に反して、やさしさの中にやさぐれ感のある歌詞に聴き入らずにはいられません。

7 Wait Till Dawn – asuka ando, Ga-Pi & Prince Fatty

レゲエに乗せたメロウなムードに、艶っぽい歌声が溶け込んでいてたまりません! 色気ってこういうことか〜〜メモメモ。

8 オリビアを聴きながら – 杏里

『きみの鳥はうたえる』のカラオケシーンで石橋静河さんが歌っていらっしゃった姿がなんともチャーミングでした! 幻を愛さないで〜!

9 チャイニーズ・スープ – 吉田美奈子

元カレたちをサヤエンドウの豆に例えていて、過去の恋愛をこれくらい屈託なく話せたらお洒落だな〜と思います(?)。