Girls Just Want To Have Fun!

SHOPPING ADDICT for GIRL

vol.8 次の相棒は君だ! 編集部員が選んだいま欲しいスニーカー。
Photo_ Hiroyo Kai (STUH)
ENGLISH

編集部員が個人的に本当に欲しいモノを紹介する連載、
「SHOPPING ADDICT for GIRL」。
第8回目のテーマは、“スニーカー”。
誰しもが一足は相棒と呼べるスニーカーを持っているはず。
ハイテクやローテク、ファッション性の高いものまでタイプはさまざま。
編集部員が選んだとっておきの一足をとくとご覧あれ。

なまっちょろいのNG。

いま時季、ヴィンテージリーバイスのカットオフ×USAコンバースという THE王道が好きです。
が、最近はロングボトムス流行りからか単に歳をとったからか、
ショーパンはおろかハーフパンツすら「なんか違う…」という始末。
脚が日焼けしてないからキマらない、ということにしています。

SELECTED by Rachel

NIKE

ウィメンズ エア マックス 97 ウルトラ 17

時を越えて私がようやく時代に追いついた。

みなさま、ありがたいニュースです。〈ナイキ(NIKE)〉の名作、エアマックス 97の誕生20周年を記念したウルトラ17がリリースされます。思い返せば20年前、新幹線やマウンテンバイクのディテールを取り入れたメタリックな質感や水紋のようなデザインが「メンズっぽすぎてあまりピンとこないしー」、なんて買えないことへの苦しい言い訳をしてたっけ。そしていま改めてエアマックスシリーズを見たときに95年以前のレトロかわいいフォルムより、98年以降のシュッとしたフォルムより、97がいちばん気分なのでは…? と思った次第。当時を象徴するシルバーの単色か、はたまた今回しか手に入らなさそうなメタリックピンクか。幸せな悩みに溺れます。

¥17,000+TAX

ナイキ カスタマーサービス

0120-6453-77

FACETASM✕CONVERSE

ファセッタズム✕コンバースのオールスター

この掟破りっぷり。

2年前にリリースされたレイカーズカラーのウエポンも発売初日に伊勢丹に行くほどお気に入りでしたが、今回の〈ファセッタズム✕コンバース(FACETASM✕CONVERSE)〉のオールスターもやばいです。単に「クレイジーパターン…?」となめてかかったら全力でカウンターを食らった感じとでも言いましょうか。なんとオールスターの証である内くるぶしのアンクルパッチまでアレンジされているんですよ! 星、ズレてる! 本当にいいんですかこれ(笑)⁉ しかも素材がちょっぴり肉厚になっているのも密かなポイント。こちらの前代未聞なコラボレーション、全スニーカー好きに声を大にして「マストバイ!」と叫びたい。ちなみに私はこちらのダークトーンな配色を予約済みです。

¥18,000+TAX
*10月13日発売予定

ファセッタズム

03-6447-2852

巡り巡る。

自分が初めてスニーカーにハマったのは中高生のころ。
つい最近原宿のナイキストアに行ったら、
当時履いていたジョーダン トランナーが復刻されていてなんだか胸熱になりました。

SELECTED by Tatty

adidas Originals by Alexander Wang

アディダス オリジナルス by アレキサンダー ワンのAW Hike Lo

謎の自転車集団の足元。

8月初旬に発売された〈アディダス オリジナルス by アレキサンダー ワン(adidas Originals by Alexander Wang)〉のSEASON2。前作からさらにスポーティーに進化した今回はテーマを“謎の自転車集団”としているとのことで、本国ではこのコレクションに身を包んだメッセンジャーが実際に商品を届けてくれたのだとか。プレス向けのサービスとして『ガールフイナム』編集部にもメッセンジャーが来てくれたのですが、そのインパクトたるや! で、気になるフットウェアには“AW Hike Lo”がラインナップ。見ればわかる通り、とにかく蛍光オレンジとイエローのカラーリングが最高。ブーストソールなので履き心地もふかふかです。

スニーカー ¥28,000+TAX

アディダスお客様窓口

0570-033-033

http://www.adidas.com/alexander_wang/

MBT

エムビーティーのSports 3 Black

“人とかぶらない”って重要。

話題のスニーカーを履くのは気持ちが高まる反面、街行く人とかぶる可能性も結構高いわけでして…。あまのじゃくなもので、周りが履いていないであろうブランドからディグるのも好きなんです。〈エムビーティー(MBT)〉がつくるのはファッションとしてのスニーカーではなく、あくまでもウォーキングシューズ。でもこのギリギリな感じがたまらなくないですか? いまのトレンドとも相性がいい気がしますし、実は「10 コルソコモ」がずっとこことコラボを続けていたり。機能面に触れると、一番の特徴でもある船底型の極厚ソールが正しい歩き方に導いてくれ、筋肉の活性化ときれいな姿勢につながるといううれしい効果付き!

スニーカー ¥25,000+TAX

MBTウォーキングショップ恵比寿コア

03-5475-2090

もうすぐ秋ですね~。

お盆をすぎると気温が高くても秋の訪れを感じます(気分的に)。
今年も夏らしいイベントはことごとくスルーして9月を迎えそうなんですが、
秋は一番好きな季節なので、仕事が落ち着いたら新しいスニーカーを履いてどこか遠くに行きたいですね~。
戻ってこれなかったらすみません。

SELECTED by Miami

EYTYS

エイティーズのプラットフォームスニーカー

ボリューム感♡。

スニーカーは好きでよく履くんですが、好みはだいたい決まっているの同じようなもの(普段の格好に合わせやすいオーセンティックなデザイン)を選ぶことが多いです。あとは「軽くて疲れない」「膝に優しい」「履くのが楽で朝遅刻しそうにならない」なども重要なポイント。そんな保守的でフレッシュ感の薄い自分にしては珍しくチャレンジしてみたいと思ったのが〈エイティーズ(EYTYS)〉のプラットフォームスニーカー。見た目からしてどう考えても重量感があるんですが、履いてみると重さも気にならず、ぼてっとしたフォルムが新鮮でかわいい! 色も質感も絶妙です。秋はこの靴を主役に、重心低めなスタイリングを楽しみたいと思います。

¥42,000+TAX

エドストローム オフィス

03-6427-5901

adidas Originals×BEAUTY&YOUTH

アディダス オリジナルス×ビューティ&ユースのキャンパス

例えるなら好きな人のタイプのような。

人それぞれ好きなスニーカーってあると思うんですが、私の中でのそれが〈アディダス オリジナルス(adidas Originals)〉の「キャンパス」です。シンプルで無駄のないデザイン。無骨な雰囲気で主張してくる3本ライン…。ああ、たまらない! ビースティー・ボーイズやジャミロクワイのジェイ・ケイなど、ミュージシャンがかっこよく履いているのも意識にすりこまれているのかもしれません。そんな大好きな一足に〈ビューティ&ユース(BEAUTY&YOUTH)〉のエクスクルーシブで登場したのがこちら。3本線に採用された毛足の長いヘアリーレザー×パープルスウェードが秋のコーディネートにはまりそう。これは本当にほしい~!

¥14,000+TAX
※10月発売予定

ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店

03-5428-1894

ジグザグザグ ジグザグジグザグ

スニーカーは好きだしほぼ毎日がスニーカーですが、決してマニアではありません。
けどそんな私ですらスニーカーってコレクションしたくなるような、
何足でも欲しい気にさせられるから不思議です。

SELECTED by Marin

HUNMMEL HIVE

ヒュンメルハイブのマラソナオリジナル シゲユキクニイ ディレクション。

まわれまわれ二色の独楽よ。

ヒュンメルハイブのマラソナオリジナル シゲユキクニイ ディレクション。 わが家のシューズクローゼットには10足近くのスニーカーが並んでいますが、そのすべてが単色使い。決して避けてた訳でもないんですが、きっとグッとくるバイカラーものに出会ってなかったんだろうなーと、この「マラソナオリジナル」を眺めては思うのです。デンマークの老舗スポーツブランドである〈hummel(ヒュンメル)〉の代表的モデルを現代にブラッシュアップ。さらにカラーディレクションを手掛けたのはスニーカー好きにとって欠かすことができないショップ〈ミタスニーカーズ〉の国井栄之さん。どうりでね、バランスが絶妙でバイカラーなのに“真っ二つ感”がゼロ。見つけましたよ。

¥15,000 +TAX

ミタスニーカーズ

03-3832-8346

SLACK

スラックのオルディナ ホワイト/ガム。

あのスニーカーはもう捨てたかい。

妙に青春時代に思いを馳せたくなるようなこのデザイン。ゴムソールの色とこの形、ひと目見てキュンときちゃいました。〈SLACK(スラック)〉は今年デビューしたばっかりのスニーカーブランド。そんなこともあってか漂うフレッシュさがハンパじゃない。と思っていたらこのフレッシュな輝きの正体は張りのあるハイオンスキャンバスにクリアプリントが施されているからでした。そんなわけで汚れにくいから、いつまでもこのクリーンな感じが続くんだって! 実はすでに愛用中なのですが、ちょっとした雨なんてへっちゃらでフレッシュさ持続中&ソールにも厚みがあって履き心地も上々です。

¥6,000 +TAX

スラック フットウェア

03-6409-6429

最近もっぱらスニーカー。

以前は10cmヒールでディズニーランドにもガンガン行ってましたが、いまや3歩でギブ。
スニーカーを履いていると「今日は引っ越しの手伝いでもあるの?」と、言われたあの頃が懐かしい。
今季は少しずつヒール高めの靴も履くようにしよ。

SELECTED by Samantha

PIERRE HARDY

ピエール アルディのバンドスリッポン

大人買いか、冷静になるか…それが問題。

私、このスニーカーがずっと欲しかったんです。デザイナーは〈ディオール(Dior)〉や〈エルメス(HERMES)〉、〈バレンシアガ(BALENCIAGA)〉などで靴のデザインに携わったピエール・アルディ。さまざまなデザインのパンプスやサンダルなどを幅広く展開しています。そんな中でも定番となっているのが、この「SLIDER」。もう、新しいのが出るたびに私の物欲を刺激してくるんです。特に今季リリースされたグリッターとペトロールカラーは、ダークトーンになりがちな秋冬の装いにモードな輝きを加えてくれそうなところがお気に入り。両方買うか、はたまたぐっと堪えてどっちかを買うか…。うーん、どうしよう。

上から¥69,000+TAX、¥57,000+TAX

ピエール アルディ 東京

03-6712-6809

PS by Paul Smith

PS バイ ポール・スミスのレオパード柄スニーカー

動物は苦手でもアニマル柄は別腹。

ペットは金魚以外飼ったことがないので、リアルな動物は苦手。というか、あまり近づきたくないです。でも、アニマル柄は大好物! 毎シーズン何かしらのアイテムを購入していますが、今期は〈PS バイ ポール・スミス(PS by Paul Smith)〉のスニーカーが、“あーもうこれ絶対買う! リスト”入りを果たしました。プリントだけのシンプルなデザインとは違い、かかと部分にあしらわれたフェイクファーによって醸し出されるやんちゃな感じに惹かれます。アッパーの素材はハラコなんですが、スニーカーに使うことでちょうどいい雰囲気をつくり上げています。ちゃんとケアして長く大事に履きたいな。

¥33,000+TAX
※10月中旬発売予定

ポール・スミス リミテッド

03-3478-5600

一体何が違うのか。

〈セリーヌ〉のデザイナーであるフィービーのスニーカースタイルに憧れます。かっこよすぎ。
それほど凝ったスタイリングではないし、私が持ってるスニーカーでも真似できそう。
と思ってトライしても、フィービーライクになった試しはいまのところ一度もありません。

SELECTED by Mikey

Onitsuka Tiger

オニツカタイガーのソフトマーティ GSM

電化製品じゃあるまいし。

エコファッションという文字を見ると、服が売れないからそういうこと言ってるんでしょ? とつい穿った見方をしてしまったりします。そう謳っているものに限ってイケてないものが多いから、エコである前にファッションでしょうが! とツッコミたくもなる。のですが、このソフトマーティには言うことなしです。本当にあっぱれという感じ。起毛したように見える特別なカッティングが施されたアッパーがとてもアイキャッチで、絶妙なヌードカラーも最高。まずファッションアイテムとしてかなりイケてます。そのうえ、メタルフリーレザーという環境と人体に優しい方法でなめし加工をしたレザーを使用しているエコなスニーカーな訳ですよ。いやー、完璧です! これが本来あるべきエコファッションの姿なのでは。

¥18,000+TAX

オニツカタイガー(アシックスジャパン株式会社お客様相談室)

0120-068-80

@onitsukatigerjp

Reebok

リーボックのポンプ シュプリーム ウルトラニット

まさに救いの手。

ベタだけど白いスニーカーが好きです。その中でもクリーンでシンプルなものが好みで、選んでしまうのはいつも同じようなものばかり。最近、好きがゆえにマンネリ化してました。冒険したくはないけど、もうひとスパイス欲しい…。そんな私を助けてくれたのがポンプシュプリーム。春夏に登場してからずっと気になってはいたのですが、秋冬にはウルトラニットという新作が。ハイテクスニーカーとは思えないスタイリッシュさで、スポーティなんだけど私の好みのクリーンさも程よく感じられて、なんとも言えないバランス! しかも、ウルトラニットは開発されたばかりの最新鋭な素材で、足全体が包み込まれているようなフィット感も気持ちいいのです。無事、スニーカー選びのスランプを脱出。ありがとうございます。

¥25,000+TAX

リーボック アディダスグループお客様窓口

0570-033-033

はじめまして!

新たにガールフイナム編集部に仲間入りしたAileenです。
毎年夏らしいイベントとは無縁の私。人混み嫌いだし、汚れるの嫌なんです。
キャンプなんてもってのほか。万が一行くなんてことになったら靴選びで頭抱えそう。

SELECTED by Aileen

new balance

ニューバランスの520

この秋は“定番”を手に入れたい。

スニーカーはわりと好きでついつい集めちゃうんですが、そういえば“定番”と言われるモデルを持っていないなぁと。〈ニューバランス(new balance)〉から7月に発売されたばかりの「520」は、これからスニーカー愛好家の間で定番に仲間入りするであろう一足。1970年代後半〜80年代に稼働していたニューバランスのアイルランド工場で生産されていた“UNKNOWN”モデルを復刻したもので、茶色のゴムソールがその時代を彷彿とさせます。ブランドのヒストリカルカラーという点もレトロ感を高めてくれていい感じ。履き心地は言わずもがなですし、持っていて間違いはないでしょう。

¥9,800+TAX

new balance

0120-85-0997‬‬‬‬‬‬‬

Reebok×BILL’S ENT

リーボック×ビリーズエンターのWORKOUT CLEAN FVS BILLY’S

ピンク最高!

根っからのサバサバ気質な私。学生の頃はピンクはぶりっこ女子が着るものだろ! とずっと敬遠している気がありました。でも最近では手帳もペンも携帯ケースも、気がついたら全部ピンク色。完全にピンク好き確定(笑)。ファッションでもそろそろ取り入れていきたいなーと思っていたところ、見つけたのがこちら。〈リーボック(Reebok)〉とビリーズエンター(BILL’S ENT) のコラボスニーカーです。1987年にフィットネスシューズとして登場した名作“WORKOUT”をアップデートした一足で、主張しすぎない淡いカラーがピンク初心者の人にも丁度いい。これからは正直にピンク好きを公言していきたいと思います。

¥13,000+TAX

BILLY'S渋谷

03-5466-2432

今年もあっという間に夏が終わろうとしています。

なぜか毎年バタバタと過ぎ行く夏。
8月がもうすぐ終わりを迎えようとしていることに驚きを隠しきれません。
7月の初めに行った熱海が今年一番の夏だったなー。

SELECTED by Olga

Eytys

エイティーズのJet

ボテっとしたこの野暮ったい佇まいが気分です。

数年前から気になっていたストックホルムのスニーカーブランド〈エイティーズ(Eytys)〉。シンプルで無駄のないデザインが好きで、よくチェックはしていましたが、なかでも「絶対欲しい! 」と一目惚れをしたのが去年リリースされたモデル“Jet” 。70年代のランニングシューズからインスピレーションを得たというJetは、厚底のソールとボテっとしたシルエットが野暮ったくていまの気分にぴったり。また、大好きな映画『レザ・ボア・ドッグス』のMr.ブロンド役として出演していたマイケル・マドセンがこのスニーカーのキャンペーンヴィジュアルを飾っていたのも好きな理由のひとつです。

¥29,000+tax

EDSTROM OFFICE

03-6427-5901

adidas by RAF SIMONS

アディダス バイ ラフ・シモンズのスタンスミス

自分にすんなりと馴染みそうな一足。

スニーカーを探すときは自分のスタイルによく馴染み、どんなアイテムにも合わせやすいかが購入を決めるポイントになっています。今回で9シーズン目となる〈アディダス バイ ラフ・シモンズ(adidas by RAF SIMONS)〉のスタンスミスの新ライン、コンフォートバッジもそう思った一足。面ファスナータイプのスタンスミスにブランドの頭文字のである”R”と”S”のシェニールパッチを大きくサイドに配しているのですが、このシェニールパッチの素材感とレザーの組み合わせが新鮮でかわいい! シンプルながらも細かいところにデザイン性を感じます。デニムとTシャツのスタイルやさらっとワンピースと合わせて履きたいなー。

¥41,000+tax

adidas fashion group showroom

03-5547- 6501