20211020 MASHIRO
20211020 MASHIRO
GIRL HOUYHNHNMGirls Just Want To Have Fun!
LE LABOで感じるあの都市との思い出の香り。
LE LABOで感じるあの都市との思い出の香り。

Sentimental Scent.

LE LABOで感じるあの都市との思い出の香り。

2021.09.22

旅の思い出ってどうやって記憶に残る?
目で見た景色や、肌で感じた温度、そして感覚的で説明できない香りすべてが重なって
誰ひとりとして同じにはならない、その人だけの大切な思い出になるはずです。
ニューヨークのスローパフューマリー〈ル ラボ〉が9月限定で発売する
「シティ エクスクルーシブ」は旅する人たちがその行き先でしか手に入れられない世界各国の香水を
特別に購入することができるという旅が自由にできないいま、ぴったりなイベント。
この機会にモデルで最近ミュージシャンとしての活動をスタートしたANちゃんが
所縁ある香りをピック、その都市にまつわる思い出を聞きました。

Photo_Marisa Suda
Styling_Hiromi Toki
Hair & Make-up_Sakie

AN’s CHOICE!
ロンドンの香り「POIVRE 23」

スパイシーでパンチが効いてるけど
奥深い。

人と被らないものが好きで、愛用するものひとつひとつこだわりたいというANちゃん。「シティ エクスクルーシブ」で選んだ香りはロンドン限定の「POIVRE 23」。ペッパーのスパイシーさを主役にして、ファーストはかなりガツンと、徐々に甘いバニラも感じる奥深い香りになっています。さて、なぜこの香りをチョイスしたのでしょうか?

ー購入しに「ル ラボ 代官山店」へ行きましたね。
入った瞬間にいい香りがして、それが上品な香りで好きでした。クリーンな空間でラボっぽくていい意味でフレグランスショップって感じがしなくて好きな雰囲気でした。お店でかかっていた音楽がザ・スミスだったんですよ…! あがりました。
ー選んだロンドンの香り「POIVRE 23」はどんな香り?
最初にガツンとペッパーのスパイシーな香りがきて胸を掴まれました。それで時間が経つと甘いバニラの香りがします。基本的にシャンプーとかハンドクリーム、ヘアスプレーとか身につける香りものはだいたい甘いものを選ぶ傾向にあって、まさにタイプな香り。せっかく身に纏うなら刺激も欲しかったし、この香りとの出会いは必然だったかもしれません。たぶんロンドンって書いてなくてもこの香りを選んでいたんじゃないかな…!
ーロンドンにはどんな所縁がありますか?
音楽が好きでとくに昔からずっとUKロックを聴いてきました。ザ・スミスがいちばん大好きで、ヴィンテージのバンドTシャツを集めて、写真とかと一緒に部屋の壁一面が埋まるくらい飾っています。とにかく憧れの街で、何度も訪れましたが行く度に感動していました。街並みが美しいのはもちろんで、そこに根ざしたカルチャーに触れたときはもうたまらなく興奮しました。
ーロンドンに魅了されたのはロックのお陰?
最初はロックじゃなくてリベラっていう少年合唱団にハマってて。それが小学生のときなんですが合唱部で讃美歌を歌っていくうちに教会に通うようになったり、その周辺のことを知るようになったら次第にロンドンに行ってみたいなと思うようになったんです。そこから次第に音楽も好きになって、自分でもギターを弾くようになっていって気がついたらロックにハマっていました。
ー自然と惹かれていった理由について、ご自身で紐解くとなぜだと思います?
いちばんの出会いはザ・スミスですかね。ブリティッシュアクセントの歌い方も表現としてかっこいいなと感じていました。当時のロックってパンクで叫んだり自分の想いを主張する歌がほとんどだったけど、彼らは静かに怒る感じ。すごくひねくれてて自分とも近い部分を感じたんです。タトゥーもバンドにまつわるものを入れているものがほとんどで、私にとって音楽は密接なもので、とくにロンドンは特別な街になったんだと思います。そんなわけで実は初めて曲をリリースすることにもなりました。私の好きなロックで、香水のラベルにも印字しましたがロンドンのセブン・シスターズって場所での思い出を込めました…ぜひ聴いてください。
ーセブン・シスターズってどんなところなんでしょうか?
海食崖があって、まっしろできれいなんです。そこで石を拾ってきたので今日持ってきました。丸くて白くてかわいい(笑)。
ーロンドンの旅を思い出して浮かんでくる香り、何かありますか?
それこそコロナが流行りたての頃に行ったのもあって、今日も持ってきたこのアルコールジェルのスイカっぽい甘い香りをいちばんに思い出しました。だからどこかで甘くふんわり残った香りがこの「POIVRE 23」とも重なってすごくエモーショナルになりました。

credit

〈ル ラボ〉オード パルファム「POIVRE 23」(100mL) ¥57,200(LE LABO お客様相談室 0570-003-770)

ここで手に入る! LE LABOの香り。

代官山、銀座、日本橋、京都、大阪2店舗、現在日本に6店舗ある〈ル ラボ〉のなかで、日本初上陸で路面でオープンした旗艦店が「ル ラボ代官山店」。ANちゃんと一緒に行って、あのロンドンの香りをオーダーしてみました!

まるでラボのような香り空間。自分だけの香水をゲットして。

お店のドアを開けた瞬間に広がる素敵な香り。〈ル ラボ〉は、ニューヨークで設立されたフレグランスブランドで、香水という歴史が深く伝統的なものにいまっぽい斬新なアイデアを織り交ぜた新感覚な商品を次々生み出しています。なかでもフレッシュブレンディングというサービスは、オード パルファムのオーダーを受けてから、手作業で調合するというまさに作り立てほやほやの新鮮な香りを手に入れることができます。フレグランスのラベルに購入した日付と23文字以内でメッセージや名前などが入れられるメイド・トゥ・オーダー方式で購入者へ香りとともに思い出も提供されるのです。9月限定で開催される「シティ エクスクルーシブ」は、世界各国の〈ル ラボ〉の店舗限定の香りが一堂に揃い、まるで旅する気分を味わいながら普段は手に入らない各都市ならではの香りを楽しむことができます。都市は、ダラス、シカゴ、モスクワ、香港、ドバイ、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ロンドン、マイアミ、ニューヨーク、パリ、アムステルダム、ソウル、そして東京と、今年新登場したベルリンと合わせて15都市。また〈ル ラボ〉には一度購入した香水ボトルのリフィルサービスもあるので、いま購入した限定の香りでも気にったら長く何度でも楽しむことができるのです。思うように旅に行けないいまこそ試してみる価値があるのでは?

INFORMATION

LE LABO

LE LABO お客様相談室
0570-003-770

https://www.lelabofragrances.jp/