GIRL HOUYHNHNMGirls Just Want To Have Fun!
2018.5.14 Mon

大先輩にインタビュー。

write_ Tatty

category_ CULTURE

大先輩にインタビュー。
仕事柄、ファッション業界を中心にたくさんの方にお話を聞ける機会があります。

なかでも個人的に特に緊張するのは、同業の方の取材。だって、インタビューをやり慣れている人にインタビューして、原稿も書き慣れている人の話を原稿にまとめるんですよ(笑)? それが大先輩なら尚更です。

そんなインタビューを先日久しぶりにやりまして。

「もう10冊もつくってるのに、遅くない!?」と言われながらお話を伺ったのは、音楽誌『nero』編集長の井上由紀子さん。ちなみに、編集長といってもその人ひとりでつくっています(笑)

90年代後半から執筆活動をされているので、ライター歴は約20年。いや、高校生のときにすでに坂本龍一さんにインタビューしていたということは、もはやそれ以上か。とにかく大先輩なのです。

ライターと編集としての付き合いはかれこれ8,9年くらいだけど、井上さん自身を取材するのはこれが初めてで、ロリポップ・ソニック結成のきっかけや『nero』での苦労話などいろいろとお話いただけました。

まずは記事に目を通していただきたいのですが、この人以上に情熱と強いこだわりを持って仕事をしている人ってなかなかいません(と同時に、一緒に仕事をするのは大変でもあるんですけど笑)。「このバイタリティーは見習わないとな」と身の引き締まる思いでいつも話を聞いていますし、本人は「ただ楽しいだけじゃない」と言っていたものの、ぼくの周りで“Girls just want to have fun”を体現している人ってきっとこの人なのでは? とも思っています。

忖度が流行語に選ばれる時代において、

世の中の流れに逆らってでも自分の伝えたいことを伝える勇気と覚悟を持つことは、カルチャーにとって大切なことだと思うんですよね。私にそういう感性や覚悟が備わっているとは思いませんが、そのくらいの気持ちでやらないとこの仕事をする意味がないくらいに考えています。

なんて、同業者としてめっちゃ刺さりますねぇ…。

年齢性別問わず、何かをつくっている人、またそれを目指している人すべてに読んでいただければ幸いです! 文字量かなり多めなので、時間があるときに読むのがおすすめ!(笑)。ちなみに雑紙の購入はこちらからです!