GIRL HOUYHNHNMGirls Just Want To Have Fun!
上映映画をもっと知りたい! 語りたい倶楽部。#4『ヴェノム』
上映映画をもっと知りたい! 語りたい倶楽部。#4『ヴェノム』

上映映画をもっと知りたい! 語りたい倶楽部。
#4『ヴェノム』

2018.11.02

いま私たちが映画館で観るべき上映作品を、本音100%でレビューする週イチ映画連載。
今週は、『ヴェノム』です。「マーベル」史上もっとも人気高いダークヒーローが遂に映画化されました。
ちなみにヴェノムとはスパイダーマンの宿敵です。グロい…けど、観ずにはいられない痛快さ!

Text_Kyoko Endo

アンチヒーローの圧倒的強さに気分スッキリ!

いまさらでしょうが、トム・ハーディは名優です。『ダークナイト・ライジング』や『マッドマックス 怒りのデス・ロード』など体力自慢の寡黙な役で人気ですが、カメラに映し出されるのは彼ひとりだけという『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』など通好みの作品にも出演、『レヴェナント』ではアカデミー賞助演男優賞にノミネートされました。今回ご紹介する『ヴェノム』はそんなトムの演技力をたっぷりすぎるほど楽しめる映画です。

トム演じるエディは調査報道ジャーナリストで、取材中に宇宙生命体に寄生されてしまう。スパイダーマンの敵、ヴェノムの誕生です。そこからはアクション連打で派手なカースタントなど見どころ多数。ヴェノムはわりと気軽に声をかけてくる奴で『テッド』みたいなノリになることも。2人(? )の仲の良さは早くも海外腐女子にネタにされるほどコミカル。
VFXも素晴らしく、ヴェノム完成形は圧倒的な強さで美しさすら感じる。カルチャー好きには敬遠されがちなハリウッド映画ですが、やはり一流のプロが結集して作った作品は映画の楽しさにあふれている。たまには、暴れまわる怪獣を愛で、映画鑑賞でストレス発散するのもいいんじゃないでしょうか。

『ヴェノム』

(2018/アメリカ/112分)

監督:ルーベン・フライシャー
出演:トム・ハーディ、ミシェル・ウィリアムズ
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
11月2日(金)より全国ロードショー
©&TM 2018 MARVEL

about this Movie

トム・ハーディの愛らしさに目覚める度

★★★★☆

スタント、アクションの豪快度

★★★★★

観賞後のスッキリ度

★★★★☆

PROFILE

遠藤 京子

東京都出身。出版社を退社後、フリーのライター、編集者に。『EYESCREAM』『RiCE』『SENSE』に寄稿。