ナウロマンティック
ナウロマンティック
GIRL HOUYHNHNMGirls Just Want To Have Fun!
この冬、メイクで「君になりたい」。
この冬、メイクで「君になりたい」。

a girl like you.

この冬、メイクで「君になりたい」。

2019.11.15

令和元年、情報があふれてしょうがない時代ですが「かわいい」と思うのはいつだってリアルな女の子たち。
それはメイクだって同じで、真似したくなるのもそんな彼女たちの普段の顔なのでは?
今回はインスタで見つけた注目の6人から、いま参考にしたいトレンドメイクをピックアップ。
メイクアップアーティストのNao Yoshidaさんにそのポイントをレクチャーしてもらいました。
「なりたい顔」に近付くコスメとあわせてチェックして。

Photo_Masataka Nakada [STUH] (ITEM)
Supervision_Nao Yoshida!

01_ ユカリ

Instagram @euca_ri

モデルやDJ、エディターなどマルチな才能をいかして多方面で活躍中。
ピンクヘアにナチュラルなアイブロウとポテッとした唇が魅力。

PINK EYE MAKE

ヘアカラーとリンクした
ピンクのアイメイク。

「真似したいのはヘアカラーとリンクしたピンクのアイメイク。まずアイシャドウをアイホール全体に塗り、さらに二重の幅に同じ色を重ね付けて濃さを出します。目の下にも同じ色をぼかして入れて、ピンクの重ねづけでワントーンのグラデーションをつくるのがポイント。ブラシではなく手で塗るラフなスタイルでも雰囲気が出るのでおすすめです」

(左から時計回りに)〈THREE〉ディメンショナルビジョンアイパレット 01 ¥6,500(THREE 0120-898-003)、〈CHANEL〉オンブル プルミエール プードゥル #12 ¥3,900+TAX(シャネル カスタマーケア 0120-525-519)、〈M•A•C〉スモール アイシャドウ ガーリー ¥2,500+TAX(M•A•C 0570-003-770)

02 Brenn

Instagram @brennzolorenzo

こちらこちらの記事でも紹介したガールズスケートクルー、The Skate Kitchenのメンバー。
ファッション同様トレンド感のあるセルフメイクにはセンスの良さしか感じません。

EYEBROW & EYELINER

レスメイクに映えるアイブロウ&
アイライナー使い。

「彼女のメイクのポイントはアイブロウとアイライナー。眉毛を立たせるのはここ何年かのトレンドなんですが、アイブロウを描いてジェルコーミングをして立たせると目の印象がパッとするんです。アイライナーを引くときは下地を使うと普段よりも長くキープできます。全体的に引き算をしたレスメイクですが、長めに引いたアイライナーや立たせたアイブロウなどポイントポイントをしっかり押さえているのも◎」

(上から)〈CANMAKE〉ラスティングリキッドライナー 01 ¥900+TAX(井田ラボラトリーズ 0120-44-1184)、〈FASIO〉パワフルステイ スリム リキッドライナー BK001 ¥1,200+TAX(コーセーコスメニエンス 0120-763-328)、〈NARS〉スマッジプルーフ アイシャドーベース ¥3,100+TAX(NARS JAPAN 0120-356-686)、〈RMK〉アイブロウジェル ¥2,500+TAX(RMK Division 0120-988-271)

03 イサベル

Instagram @ayumiisabel

学生。以前こちらの記事にも登場してくれた彼女は、
目元の存在感に負けないマットなリップメイクが印象的。

MATTE LIP

秋冬はくすんだカラーの
マットリップを。

「マットな“くすみレッド”はおしゃれに仕上がるおすすめのリップカラー。真っ赤ではなく、くすんだ色にするのがポイントです。彼女のようにネイルと色味を合わせるのもいいですね。マットな質感を出すために下地には艶っぽいリップクリームを塗らないとかティッシュオフするなどの工夫を。このリップメイクには肌も素肌感を残したマットな質感が合うと思います」

(左から)〈CHANEL〉ルージュ アリュール インク フュージョン #812 ローズ-ルージュ ¥4,200+TAX(シャネル カスタマーケア 0120-525-519)、〈YVES SAINT LAURENT〉ルージュ ピュールクチュール コレクター 95 ¥4,300+TAX(イヴ・サンローラン・ボーテ 0120-526-333)、〈Dior〉ルージュ ディオール ウルトラ ルージュ 851 ¥4,200+TAX(パルファン・クリスチャン・ディオール 03-3239-0618)

04 シズカ

Instagram @shhhzuka

シンガー。ソウルフルな歌声と同様にパワフルでハッピーなメイクが似合う。
セプタムもチャーミング!

ORANGE MAKE

夕日のようなオレンジメイク。

「全体的にトーンを合わせた夕日のようなオレンジメイク。〈NYX Professional Makeup〉のマットなオレンジをベースにアイシャドウをアイホール全体と目の下に軽く入れて、二重瞼の高いところにシアー系のオレンジをしっかり重ねます。目頭にもシアー系のアイシャドウを入れて立体的にアイメイクを作るのがポイント。チークは頬に軽くぼかしこむくらいに入れて」

(左上から時計回りに)〈shu uemura〉グローオン M541 ¥2,500、カスタム ケースI ¥500(ともにシュウ ウエムラ 0120-694-666)、〈NYX Professional Makeup〉オフトロピック シャドウ パレット 02 ¥2,900+TAX(ニックス プロフェッショナル メイクアップ お客様相談室 0570-077-699)、〈RMK〉インジーニアス パウダーチークス N 10 ¥3,000+TAX(RMK Division 0120-988-271)

05 An

Instagram @blossom.jij

モデル。素肌をいかした茶系のニュアンスメイクはマスカラ使いがポイント。
自身のスポーツ観などを語ってくれたこちらの記事もぜひご一読を。

SPIDER EYE

まつ毛バサバサなスパイダーアイ。

「いま気になるのはバサバサまつ毛のスパイダーアイ。まつ毛のバサバサはトレンドとして結構きてると思います。シャドーやアイライナーも引かず、あえてマスカラだけでもよさそうです。黒が使いやすいですが、彼女のように茶系のメイクにはこげ茶色のマスカラを。素肌をいかしたニュアンス系のメイクなら、ブラウンは程よく抜けた印象でおしゃれに仕上がりますよ」

(左から)〈SUQQU〉アイラッシュ マスカラ ウォータープルーフ 02 ¥ 4,300+TAX(SUQQU 0120-988-761)、〈GIVENCHY〉ボリューム・ディ スタービア 01 ¥3,700+TAX(パルファム ジバンシイ 03-3264-3941)

06 MAYBEN

Instagram @negativholoholo

モデル。ドーリーフェイスに映えるグラデーションアイメイクがキュート。
メイク好きの片鱗が垣間みられる彼女のインスタもチェックしてみて。

GRADATION EYE MAKE

目元に華やかなグラデーション。

「目元のグラデーションはパレットがあるとつくりやすいです。まずメインになる色を大まかにアイホールに入れて目の下にも延長線上に入れます。それより濃い色を二重と目のキワに、ハイライトになる明るい色を目頭に入れます。明るい色を入れることで白目が綺麗に見えて印象が明るくなりますよ。グラデーションアイメイクは個性の強い服にも負けない存在感があるので、これからのパーティーシーズンにもおすすめです」

(左上から時計回りに)〈ADDICTION〉アディクション コンパクト アディクション パーティタッチ 002 ¥7,800+TAX(アディクション ビューティ 0120-586-683)、〈LUNASOL〉※参考商品、グラムウィンク ジュエリー EX02(ともにカネボウ化粧品 0120-518-520)