GIRL HOUYHNHNMGirls Just Want To Have Fun!
2019年下半期のあなたの運勢は? 恋愛運から金運まで総まとめ。ミラ先生の12星座占いで開運招福!
2019年下半期のあなたの運勢は? 恋愛運から金運まで総まとめ。ミラ先生の12星座占いで開運招福!

MIRASCOPE

2019年下半期のあなたの運勢は?
恋愛運から金運まで総まとめ。ミラ先生の12星座占いで開運招福!

2019.07.10

みなさま、大変お待たせしました~!
「え? もう今年も折り返し!? はやい~」でおなじみの下半期占いを、
どこよりもリアルタイムに(占いたてほやほや)お届けします。
鑑定してくれたのは週刊占いでもキレキレのタロットのファンタジスタ、ミラ先生。
恋愛運から金運、仕事運から健康運まで、気になる運勢をチェックしてみてください。
2019年も残すところあと半年、みなさまがポジティブに過ごせますように!

Fortune-telling_Mira 
Illustration_Tsuyoshi Nigamushi

What’s your sign?

おひつじ座

3月21日〜
4月19日生まれ

おうし座

4月20日~
5月20日生まれ

ふたご座

5月21日~
6月20日生まれ

かに座

6月21日~
7月22日生まれ

しし座

7月23日~
8月22日生まれ

おとめ座

8月23日~
9月22日生まれ

てんびん座

9月23日~
10月22日生まれ

さそり座

10月23日~
11月21日生まれ

いて座

11月22日~
12月21日生まれ

やぎ座

12月22日~
1月19日生まれ

みずがめ座

1月20日~
2月18日生まれ

うお座

2月19日~
3月20日生まれ

Aries

おひつじ座

3月21日~
4月19日生まれ

扉の向こうへ。

牡羊座さんの2019年下半期のテーマは「希望と意味のあるスタートを切る」です。ただしそれは「自分のこだわり」とは別の流れで始まり発展していくでしょう。あなたが「絶対なもの」を相手に提供しづらいときなので、自分の成長過程のもどかしさを感じたり言葉に詰まってしまう場面があるようです。けれども「新しく意味のあること」に運気の波が来ているので、多少自信がなくても「人」も「環境」も新しい世界には飛び込んで◎。どんな結果が出るのか分からない事柄に対して不安な気持ちが生まれたとしても、それがあなたの「第2の価値観」になる可能性大です。

仕事面は探究心を持って「自分が進むべき道」を模索するとき。「仕事があってこその自分」という意識が強く、道しるべとなるものが仕事にあるので、ずっと続けていることも新しく始まったことも黙々と向き合うのがいいでしょう。細く長く続けていくのが大吉。

金運は自分の体調管理がキーになります。運気自体は低くないですが、体調を崩すと露骨に損をしてしまいそう。棚からぼたもち的ではなく「努力してなんぼ」の流れなので「金運を上げたければ体調を整える」と心得ましょう。

健康面は注意が必要なときです。思っている以上に体力が続かなかったり無理をするとすぐダウンしてしまう予感。偏食気味の人は5年10年先を見据えた食生活を意識するといいでしょう。また、自分の体に何が足りないのか調べてそれを補うのは大吉です。

恋愛面は新しい人が出そうなとき。けれども恋愛対象にするのか仕事や友達など違う縁の方がいいのか、少し迷う可能性があります。その人はあなたにとって慣れていないタイプの人なので「こいつおもしろいけど何だ?」と戸惑ってしまうからです。必然的にパートナー運も優柔不断になりがちで、同棲や結婚まで駒を進めるのにためらいが多くなるでしょう。全体的にこの半年は「何かを決定して落ち着く」よりも「スタートしていいものを引き寄せる」方がいいので、異性に対しても6か月を通じてフレッシュな気持ちで向き合っているのが◎。

それだけこの時期の牡羊座さんには人気運があり他人から輝いて見えるということ。だから新しいものが寄ってくるんです。そこに理由は見つけなくてもいいので、恋愛に限らず新しいものはすべて取り入れる感覚で一歩を踏み出しましょう。


月ごとに見ていくと、7月は「自分はどういう状態にいてどうするべきなのか」その答えを自分自身が持っている月。運気がいい悪いというよりも、その運気に対して「自分の心構えと自分の心の声」が出来上がっているので、迷ったり心が乱れることはないでしょう。7月に「自分はこれでいいんだ」と思ったものは11月までは継続が○。8月は誰かに優しくしたりされたり、ボランティア感あふれるときになります。

9月になると「未来への感情」が動から静に変わり、ここまでに起こったことを今後に生かそうと考えるでしょう。自分の行動に対しての「結果と未来」を見るときで、ここから離れるものが出やすい運気になります。7月8月で集めたものを9月は少し削いでいくイメージで「何を捨てるのか、自分がどんな気持ちになるのか」試行錯誤しつつ選択していくでしょう。

10月になると仕事でも恋愛でも、自分と誰かの関係性において「気持ちが離れているな」「もう同じ方向を見てないんだな」と感じることがありそうです。けれどもこのタイミングではまだつながり自体は切っていないでしょう。

11月は10月までの出来事にショッキングなスパイスを入れて動かすとき。場合よっては終わったり壊れるものもあるかもしれませんが、それによって12月に本当にほしかった友情や愛情を手にするでしょう。この半年で最も問題がクローズアップされやすい月ですが、その向こうには本当に大切な人とのつながりが残る「雨降って地固まる」の運気です。自分から思い切った事を言うなど、勇気を出して切り出して○。その流れで12月は真実の友情や愛情を手に入れられるでしょう。今年の終わりには、あなたの横に支えてくれる誰かがいます。

Taurus

おうし座

4月20日~
5月20日生まれ

男は星の数ほど。

牡牛座さんの下半期は何かを変えるパワーがないとき。そのため報われないと分かっているものでも現状を打破する熱量が足りず、なかなか「切る」という方向にいかないようです。それはあなたの「報われないものを求めてしまう」という所有欲にも起因しているのですが「二股をかけている嘘つき彼氏」など、前提が間違っている関係も努力して継続してしまいそうなので要注意。あなた自身「この人は信用しちゃいけない」というのは分かっているはずです。現実がちゃんと見えているその賢さに自分で蓋をしないようにしましょう。

もし今年大きく変化したいというのであれば、グレーにしようとしても切りきれないので「完全に別れる」「完全にタイプを変える」「完全に生き方を変える」など、なぁなぁにしないことが重要です。中途半端なままだと、幸せじゃないのに結局「変化しない」という方向に引き戻されてしまう可能性大。下半期は「守りに入ると損するとき」です。どうせ努力をするのであれば、自分を守りながらではなく勇気を出して意味のある努力をするのが◎。

その流れで恋愛面は、信用しきれない相手と付き合っているくらいなら一回ひとりになった方がいいとき。ずるずると「分かっちゃいるのにやめられない」状態になりやすいので、後々自分が損してしまいそうです。またこの時期の結婚もあまりおすすめしません。浮気をされたり嘘をつかれたりする可能性があるので、結果を焦らないほうがいいでしょう。熟考した上で無理のない形で向き合うのであれば問題ありません。

仕事面はすごく冷静で悟っているとき。好き嫌いや自分にとってどんな仕事かというのがオールクリアな上で向き合うので悩みがないでしょう。いつも以上に「お金がない」と思いやすい時期なので、転職は年収ダウンするものはおすすめできません。給与アップが見込めたり専門知識が得られるならば前向きに検討を。

金運は漠然とした不安感が強まるので、変な稼ぎ方をしたくなるかもしれません。結果、損をしそうなので投資や怪しい儲け話には乗らず、この時期は貯蓄一択で。

健康面はあまり楽観視できないとき。自分の容姿を気にしすぎると心労がたたりそうなので「より健康的でナチュラルな自分」をイメージして◎。ちなみに整形もこの時期はあまりおすすめしません。ダウンタイムが長く、仕上がりも期待通りではなさそうです。また落ち込んでいるときに体調が悪くなる傾向があるので「病は気から」で、ポジティブシンキングを意識しましょう。


月ごとで見ていくと、7月は「優雅で楽しい自分」を求めやすいとき。実際にその動きに伴ってそれは概ね成功しそうですが「高額のエステ代」など、あぶく銭を使ってしまわないように注意が必要です。8月は妊娠しやすい月。望んでいる人はこのタイミングがチャンスです。女子としての魅力も7月8月と高めなので、好きな人へのアプローチは8月が◎。

9月にスタートする縁には注意が必要です。7月8月とモテ期なので、ここでいろんな人を物色しつつ9月に「こいつなのかな?」となりますが、お相手に関してはよく見極めた方がいいでしょう。そうしないとその男性は12月に裏切る、ないしは胡散臭い男に変貌している可能性大。結婚の可能性も含まれますが「その結婚自体が幸せかどうか」の見極めも含めてとにかく慎重に。

10月になると事態はスピーディーに展開していくでしょう。下半期でいちばん何も考えず過ごせるときなので、とくに変化を与えずその流れに乗るのが吉。11月は不満を感じやすいとき。10月に順調だったものの向こうに不満を感じる何かがありそうです。この不満が他者に対するものであれば切り込んで○。自分自身の人生に対するものであれば好転のタイミングは来年の1月にあるので、それまで待った方がいいでしょう。

12月は調子のいい男が登場する予感。または近しい男子の「クソ野郎化」など、男にワンマンさに振り回されるときなので、彼らの嘘には注意が必要です。下半期に起こる「男女間の腹立たしい感じ」がこちらに優勢になるのは来年の1月以降になります。それまではあまり相手に期待せず片目をつぶってやり過ごすか、終わると決めたなら100%終わる努力を。

さながら「忍耐SETタイム」といった雰囲気ですが、開運ポイントは「物の見方を変えること」。そうすると決して「悪い運気ではない」ということが分かるでしょう。自分のなかでの「普通こうでしょ」に固執せず寛大な心で他人に接することで、チャンスのきっかけに変えることのできる下半期です。

Gemini

ふたご座

5月21日~
6月20日生まれ

細かなギアチェンジ。

双子座さんの下半期は「静と動のバランス」がキーワード。「動いては休憩する」というやり方が成功するので、物事を一気に押し進めない方がよい運気です。「ある程度動いて流れをつくり、あとは様子を見つつ微調整」という感覚がうまくいくでしょう。本人的には一気に畳みかけない分あまり動いた半年とは感じにくいかもしれませんが、それでも来年以降のステージが変わるような算段がつく半年です。

仕事面は大きく再生の兆し。仕事に重点を置くと、とても実りある半年になります。「問題点を解決する」「頑張りやすい状況に整える」など「働きやすい私を目指す」ことがポイント。職場の雰囲気や仕事の仕方、後回しになっていた資格取得など全体的に「そっち寄りに持っていく」のがおすすめです。

金運は慎重なつもりがうっかり散財してしまいそうなとき。ちょこちょこ細かくというよりも、ボンと大きく使いそう。勉強やスキルアップのための出費ならばOKですが、洋服などは買っても着ない可能性があるので「いつか着るかも」の衝動買いはNGで。

健康面は自分の油断が病を招きやすいでしょう。お酒に飲まれやすく二日酔いが残りそうな時期なので、飲む前にしじみやヘパリーゼなど肝臓をいたわる方向で飲み会に参加を。食べ過ぎと食中毒にも注意です。悪い状態が長引くことはないですが、気をつけて過ごしましょう。

恋愛面は人と環境が味方をしてくれにくいとき。関係や絆を深めようと思ってもトントン拍子にはいかないので、もどかしく思うこともありそう。ですが、既にある縁は切れないので別れには至りにくいでしょう。本命以外の人が出やすかったりと楽しい瞬間はありつつも、運命の人には出会いにくく全体的には前進してないと感じる下半期になりそうです。この時期は無理に画策せず、流れに身を任せるのが○。開運ポイントは「押し引きのタイミングを見極める」です。動いていいとき駄目なときを見極め、バランスを見て調整をかけていくのがいいでしょう。


月ごとに見ていくと、7月は物事を勝ち越しで進められるとき。ライバルを蹴落とすにもとてもいい時期です。仕事も恋愛も、勝負事はある程度、7月中に進めておくのがいいでしょう。8月はそのいい状態を全力でキープする月。多少無理をしても、ここで頑張っておくと来年1月から万事スムーズにスタートできるはず。仕事でも恋愛でも、あなたがとくに頑張りたいことに着目して逃げずに頑張りましょう。

9月になると男性の勝手さに振り回されそう。この時期の彼らは口だけ番長なので、その言葉はあまり真に受けず「従っているふり」でやり過ごすのが吉。はなから信用しておかなければ問題ないです。10月は運気のエネルギーが下半期でいちばん低いとき。風邪をひいたり体調を崩しやすい時期なので注意が必要です。また、この時期はできるだけお金を使わない方がいいでしょう。

11月は「悔しさ」と「やりにくさ」を感じるときですが、よく目をこらせば八方塞がりではないということに気付くはず。新たな視点で気持ちを切り替えて。12月はコミュニケーション力が高い月。有益な情報が入りやすかったり自分の発言が通りやすいでしょう。「私はこうしたい」「これは嫌だ」など、自分の言葉で他人に何かを伝えるならば、このタイミングがおすすめです。

ここ数ヶ月に起こった事柄を見ていた周囲の人から同情票も集まりやすいので、12月はあなたの言葉に耳を傾けてもらいやすいという側面も。10月11月の想いは12月に言葉に変えて、状況の一変を図って吉。

Cancer

かに座

6月21日~
7月22日生まれ

素敵な女は無理をしない。

蟹座さんの下半期は「頑張らず自然体」がテーマになります。この時期のあなたは理想が高いわけではないのですが、少し無理めなことを頑張りたがっている傾向が。そんなチャレンジしたい気持ちに相反して運気はマンネリを促しているため、自分の思惑通りに事が運ばないジレンマがありそうです。けれども本人的にはマンネリな空気のなかでもチャレンジ精神を忘れずに、ポジティブに頑張る半年になるでしょう。

また「グレーなものほどキープしたくなる」悪い癖が出やすいときなので、にっちもさっちも行かなくなったら切り捨ててしまいましょう。その方があなたも楽になります。とくに彼氏など恋愛対象に関してそういう思いが出やすいですが、不毛な相手なら切ってOK! ダメンズを切り捨ててもちゃんと新しい人は現れますのでご安心ください。

蟹座さんは優しいので尽くしてお世話を焼きますが、男子たちはその気持ちに応えてくれないことも多いかもしれません。ただそれは、その頑張り自体があなたのエゴの可能性も。「無駄なもの」に頑張るからうまくいかないだけで、普通に過ごしていて「うまく転がらないもの」をそのまま放置できるなら悪くない下半期です。頑張らず自然体で過ごしましょう。

仕事面はいい運気がきているので、くらいついて結果が出やすいとき。来年以降の昇格や給料アップを狙って、自己最高を目指す勢いでキャリアを積み上げるとよいでしょう。

金運はよくも悪くもない半年。棚ぼた的なラッキーは期待できないので、出来る範囲で貯金をしておきましょう。そのほかはとくにストイックにならず、通常モードで「使って貯めて」で問題ありません。

健康面は不調が長引きやすいとき。どこかが痛むというよりも「だるい」という症状が強く出やすいでしょう。とくに気候の変化には体が反応しやすいので、温度や湿度に気をつけて。自分に足りない栄養素を補うためにサプリを飲むのも○。

恋愛面はあまり勝負をかけないほうがいいでしょう。「やってあげたのに返ってこない」「自分のことをどう思っているんだろう?」など、あなたが仕掛ければ仕掛けるほど悩みが増える予感。適度に押し引きをしつつ、力を抜いて向き合うのがいちばん楽な下半期です。また今期は相手の男性の環境が変わりやすいタイミング。結婚した途端「旦那が仕事をやめる」「地方に転勤」など、どんなに「大丈夫だよね?」と確認しても、予想外の力が働きやすいときです。落ち着こうとするものに対して「想像していない変化」が与えられやすいので、結婚話が進んでいても極力この半年は避けた方がいいでしょう。開運ポイントは「ひとりに決めず遊びまくる」です。男に一点集中せず楽しく過ごすのが◎。


月ごとに見ていくと、7月は多情でロマンチストタイプの男性が登場しやすい月。愛想はいいですが一途とは限らないので、好きになるのはよくリサーチしてからが吉。恋愛に限らず「行けるかもしれない」と想像しやすい月ですが、夢見がちで計画に現実味がないので、これに関しても可能かどうか精査した方がいいでしょう。

8月は自分の力で現状を変えるとき。行動的でかっこいい「姐さん」スタイルで物事をバシバシ決めていくといいでしょう。仕事もあなたならではの結果が残せるときです。9月はトラブルが起こりやすい月。完全に壊れるトラブルではなく「このままいくと駄目になっちゃうんじゃないか」という“きっかけ”がちらちら見えるでしょう。修復することも方向転換することも可能なので、パニックにならず冷静に対処して○。

10月は継続を一旦中断して、別の新しいものに感情が傾くとき。これは恋愛に限らず、仕事などの可能性もあります。諦めると同時に新しく見えた光の方向にそのまま進むのがよいでしょう。11月は華やかで美しさが増す月。男性の目を釘付けにできるので、合コンやパーティーにはぜひ参加して。ただし無理めな人には本気にならないようにしましょう。寄ってくる誠実な人に焦点を合わせるのが大吉。

12月は迷いの月。これからどうなっていくのか期待と不安が交差しますが、このタイミングでは明確な答えが出ないので、2020年の1月以降に現実とすりあわせて「何がありで何がなしか」を判断するといいでしょう。

Leo

しし座

7月23日~
8月22日生まれ

夢からさめて。

獅子座さんの下半期は「満足を追求するより現実を極めていく方がうまくいく」半年。自分の感情よりも現実を踏まえた具体性ありきで進めていけば結婚も夢ではないでしょう。とくに恋愛についてはギブアンドテイクを意識して吉。そのバランスが崩れると今季の獅子座さんは「こんなに好きで尽くしているのに、何で返してくれないの?」と必要以上にメンヘラになりそうなので、感情的になりそうなすべての事柄を排除して◎。

逆に言うとこの半年は感情ではなく現実で物事を俯瞰するいい機会です。「この人と結婚したら金持ちだから楽できるな」ぐらい視点を変えて、少女から大人への階段を上りましょう。

仕事面は耐えることで報われる運気です。ただしそれが報われるのは12月ごろになりそう。年末までは現状維持でひたすら頑張りましょう。転職もしない方がいいとき。スクールなどに通う場合は短期のお料理教室など、長期間じゃないものがおすすめです。

金運は高め。手堅いことであればたいてい損はしないでしょう。「将来のための年金型貯蓄」「利率のいい積み立て保険」などもこの時期に始めるとよさそうです。

健康面は原因不明な体調の悪さに悩まされやすいとき。精神的なものが8割を占めると思いますが、しんどさが続くようなら病院へ行きましょう。ちなみにこの時期のイメージチェンジは周囲の反応がよくなさそうなので、現状維持が○。

恋愛面は自分のなかで答えが見つかりやすい半年です。「本当の幸せって何だろう?」ということを考えるのに適した時期で、今までどうしても手放せなかったポンコツ彼氏に三行半を突きつけたり、譲れなかった好みのタイプも変更できるでしょう。結婚運にもチャレンジと可能性を示すマジシャンのカードが出ています。今までとは違う「あなたを幸せにしてくれる相手」を見つけるのがとにかく大吉。

自分のこだわりも少なくできるときで「こうじゃなきゃ困る」ではなく「こうならないならしょうがない」と思えるでしょう。相手ありきで自分を変えることができるめったにないチャンスです。これまでの殻を破るべく、何事も柔軟な気持ちで向き合いましょう。


月ごとに見ていくと、7月は悩みすぎると睡眠障害が起きやすいとき。心の負担をどこまで軽くできるかがポイントになります。7月の悩みは8月に終了ないしは大変化という形で一旦の終結を迎えるので「一過性の悩み」と自分に言い聞かせて心を元気にする時間をつくって吉。

8月は物語の決着がつくとき。これは必ずしも別れや終わりという意味ではありません。ここでの変化を甘んじて受け入れることで、年末への「正しい人生を歩いているんだ」という道筋ができるので、変化は総じて受け入れて大吉です。

9月は心に愛情が戻ってくる月。満たされず寂しい思いをしていたのなら、ここで温かさを取り戻すことができるでしょう。10月はいいのか悪いのか自分のなかで判断がつきにくいとき。だからこそ意識して方向性を変えない方が後悔がないでしょう。流れに身を任せるのが○。

11月になると物事の明暗がはっきりと見えるでしょう。それはあなたにとって、とても分かりやすくシンプルな感情で受け止めることができるはずです。10月までの恋に疲れた人は11月に「地元に帰る」ないしは「地元とのつながりを持つ」と12月に地元の人と結ばれる可能性も。今月は「どこから来てどこへ向かうのか」自分のルーツを探ってみてください。

12月はあなたのなかで「揺るがないルール」や「何を愛し、守るのか」がはっきりと分かるとき。ここで出た答えが来年以降ゆっくりと動き出していくでしょう。迷うことなく進む道が分かり、安定した感情が手に入るのはこの12月です。逆に言うとここまでは、どんなに迷い感情が波打っても「すべては年末までの布石」だと捉えてポジティブに過ごしましょう。

Virgo

おとめ座

8月23日~
9月22日生まれ

スーパーカブの旅。

乙女座さんの下半期のキーワードは「スーパーマイペース」です。「自分がよく分からないものに、よく分からないまま進むのは嫌だ」という気持ちが強いときなので、否が応でもマイルール重視で行くようです。

また筋トレや語学の勉強など、自分自身にリターンがあるものをスタートするのは大吉。コツコツと続けることが功を奏しそうな半年です。とくに健康面での取り組みはとてもいい結果につながるでしょう。

仕事面は心が乱れやすいとき。このままではよくないと感じてしまったり、過剰に期待されることを避けたくなったり、仕事と「胸がざわつく気持ち」がセットになってやってくるでしょう。改善策は「忍耐を持って継続すること」。合理的な乙女座さんには結果がワンテンポ遅れてやってくるのがもどかしいかもしれませんが、運気は「逃げずに踏ん張りましょう」と言っています。また「抜ける・辞める」という選択もあまりよくありません。もし転職をするなら、今の仕事とつながっているジャンルがいいでしょう。

金運は普段使いには困りませんが、大きなお金に関しては不安要素を感じやすいタイミング。金運が悪いわけではないので、実際に「無い」ということはありませんが「老後についての何か」を考えたときに不安が押しよせるでしょう。ですが金運を上げるために新たなものにチャレンジするのはおすすめできない半年なので、現状のなかで「より貯めていける方法」を探るのがいちばんいいでしょう。

健康面は「長生き」につながる未来を見越した取り組みは総じて大吉。筋トレやウォーキングなど、健康のために始めてみましょう。ちなみに今のあなたが完璧なので、整形はおすすめしません。

恋愛面の運気は高めですが、だからこそ現実的な乙女座さんにとって恋愛を中心に考えるのをためらうでしょう。「ここはクリアしてほしい」という条件を男子はクリアしていないので、すぐに結婚と言われても「は?どうやって?」という気持ちになるようです。それでも相手の成長幅を見越した上での継続が吉。現状の縁は切らずにそのままいきましょう。そしてこのタイミングでの結婚は「必要のない努力」もセットになってやってきそうなので「引き延ばした回避」がベターです。ちなみに旅行運がいいので、海外で新しいロマンスの兆しも。


月ごとに見ていくと、7月は自分がどうすればいいのか合理的に考えられないとき。「答えが出なくて人を受け入れない」という方向に舵を切りがちなので、そっけなくなりすぎないように注意が必要です。8月は安定した「平凡でゆるい時間」を過ごせるでしょう。夏の風物詩である花火大会や夕暮れの浜辺を散歩するなど、この季節ならではの日常のなかにポツポツと幸せが落ちている予感。

9月は少しもどかしさを感じる月。合理的に成長させようとしても条件が整ってなかったり、どこから着手していいのか分からない事態がありそうです。今月のもどかしさは来年の6月頃に実ることを目処に長いスパンで見ていくといいでしょう。10月は自分と周りのスピードにずれが生じるとき。「ギリギリまで合わせる」という方向で舵を切るのが正解です。

11月はあなたには珍しく「メンヘラちっく」に物事を見る月。自分にとって都合の悪い現実が目の前にあってもすぐに解決しようとせず、自分のペースを守って乗り切るとよいでしょう。12月は感情が「努力の継続」へと向きやすいとき。まだ道は長く最終的な答えではないかもしれませんが、その「継続の感情」はあなたを幸せにするでしょう。

この下半期は来年の6月以降へのバトンを渡す時期なので、半年を通じて明確な答えが出ないことが多いかもしれません。けれども「逃げずに続ける」ということで未来が広がる半年です。結果が遅くとも正しいのか分からなくとも、諦めずに継続して◎。

Libra

てんびん座

9月23日~
10月22日生まれ

人の波を泳ぎきる。

天秤座さんの下半期は自分自身で「物事を終わらせる」ないしは「大きく変化させる」とき。これは半年を通じ潜在意識で「この人とは気持ちが合わない」と感じやすく、なぁなぁで続けていくのがとても気持ち悪く感じるからです。だからといってあなたが人に対して失礼なわけでもトラブルが多いというわけでもありません。「そろそろ決着のとき」というタイミングが来ているからでしょう。

仕事面は「共同で」がキーワード。誰かとチームを組んで何かを始めるのに適した時期です。力のあるクライアントがいるならその人を頼って独立するなど、人やコネクションありきでの発展が見込めるでしょう。お互いあまりストイックにならず平和的に「winwin」を目指して○。業種的には不動産業界との相性がよさそうです。またスキルアップのための勉強や資格取得など、より自分の可能性を広げられるアクションはスーパー大吉。海外との相性もいいので移住をお考えの方はこの下半期はチャンスです。

下半期の金運は「人」が握っています。良縁を築けば築くほど、それに比例して金運もよくなっていくでしょう。たとえば「お金持ちと結婚」など、それが恋愛なのかビジネス上なのかはさておき、そこには「ちゃんとしたつながり」があって金運が上がるイメージです。あなたが「誰と一緒にいるのか」「どのクライアントと仕事をしているのか」が重要なので、人によっていい悪いが分かれるでしょう。貯金はしにくいときなので「貯める」ではなく「うまく回す」という意識でいるのが吉。また、豊かさを追求しようとしすぎると大事な縁を切ってしまいそうなので、その気持ちは少し抑えめに。

健康面はホルモンバランスが崩れやすいので、予定外の妊娠なども含めて女性ならではの婦人科系の病気をチェックしておきましょう。原因不明の具合の悪さが出たらすぐに病院へ。

恋愛面は「白黒はっきりしたい」「グレーはお断り」という気持ちが強く働くとき。「受け入れて温める」ではなく「私にとってこの人はこうだから、こうする!」という一方的な感情になりやすいので、自分きっかけの別れもあるでしょう。逆に言うと「どうしようもない腐れ縁」など、自分にとってどう考えてもマイナスな縁を切るにはとてもいい時期です。


月ごとに見ていくと7月は「気持ちのいい大変さ」が多いとき。忙しさやプレッシャーを「すべて出来ること」としてあなたは受け止めているでしょう。そして実際にそれは完遂できるようです。8月は万事に満足を覚えにくい月。でもそれは諦めたくない気持ちや心の拠り所を探そうとするからであって「そういうもんだ」と割り切れば不満度が下がるでしょう。

9月は未来に希望を見るとき。ここで設定した目標を10月11月にかけて現実のものに変えていくという動きは大吉です。10月は「持っている自分」を目指す月。お金や愛情、美しさや人とのコネクションなど、あなたが「これは掴んでおきたい」と思うものはこの月に「重み」や「実感」として回収するといいでしょう。彼からの愛情の深さや仕事でのポジション確認など「自分が何者なのか」を実感した上で「自分への正しい評価をする」イメージが◎。

11月は新たな自分の第一章に向けてステージが変わるタイミング。そのために何をして何を捨てるべきか、ちょっとした算段を立てておくといいでしょう。この時期はノーガードではすんなりと事が進まない予感。また10月で「正しい評価」をしておかないとこの11月にキャパ以上のものが始まってしまったり、12月に「とてもじゃないが耐えられん」と自分の首を締めてしまいそうです。

その流れで12月は物事の限界を感じやすいとき。耐えて続けることに気持ちはYESでも、与えられている現実がNOと言っている気がするでしょう。苦しさを感じやすいので、ストレスを解消するためにもこの下半期は10月の「自分への正しい評価」と11月の「うまい断捨離」が重要になってきます。また、もし12月で並行して走っている何か(恋愛での二股、仕事でのダブルワークなど)があるなら、どちらかひとつを切るのは得策です。

この下半期は「終わらせるもの」「続けるもの」「新しくスタートするもの」がマーブル状に交差していて、それぞれにうまくバトンを渡すことが開運ポイントです。これまでの栄光などにこだわりすぎると痛い目を見るので、全くの別物として新たな気持ちで向き合いましょう。

Scorpio

さそり座

10月23日~
11月21日生まれ

ばちこい変化球。

蠍座さんの下半期は「自分が思ったところに良くも悪くも着地しないとき」です。報われたいものが報われなかったり、報われるはずのないものが報われるなど「狙いと結果」が一直線でないことが多いでしょう。安定とは程遠い運気ですが、物事に柔軟に対処できるなら結果的に「ちょっとプラス」になるくらいまで持ち越せますのでご安心を。

仕事面は慈愛を持って働く半年です。すべてが計画通りとは行きませんが、対人面も良好なのでマンパワーで乗り切ることができるでしょう。ちなみにスキルアップのための勉強は続きにくいシチュエーションが起こりそう。スクールに通うなどの具体的な行動は来年以降がよさそうです。

また、この時期は海外旅行もあまりおすすめしません。自然災害やテロの発生、一緒に行くはずの友達が高熱でダウンするなど、自分とどうこう関係なく「行けない」となりやすいとき。この下半期に旅行をするなら極力国内がいいでしょう。

金運はいい悪いではなく「お金を使ってしまう」半年。想定外の事が起こりやすいときなので、急な引っ越しやタクシーなどイレギュラーで使う額が大きいようです。「思ったより無いな」となりやすいので、貯めたい人は強い気持ちで「いくら以下になったら絶対使わない」と自分を律して。

とはいえ「彼氏が事故って入院費を立て替えないといけない」など、お金を犠牲にしてでも守った方がいい場面では気にしていられません。思い通りにいかない下半期と心得て、常にゆとりを持って臨機応変に対応しましょう。無理に貯めようとする方がストレスを感じそうなので、今季は「臨時のときに使えてこそのお金」と思って柔軟に構えて◎。

健康面はギリギリまで自分の体調の変化に気付けないとき。症状が出てから「やべっ!」と思いますが、その時には既に手遅れなことも。いつも以上に不調に鈍感な時期なんだと認識して、少しの変化も見逃さないようにするのが健康に過ごすポイントです。

恋愛面は運気的に高めですが、予想外の変化が起こりやすいでしょう。自分にとって面倒で厄介な「マイナスタイプ」や「ポンコツタイプ」の男子となら結婚に至る可能性もあり。あなたの方が多くお金を払うなど、はっきり言ってお相手は「足手まといな男」でしょう。もともとあなたのの好みが「実業家タイプ」ではないこともありますが、生活のすべてを担ってくれるような相手との縁は薄そうです。

また、この下半期は人と両思いになりやすいとき。新しい縁もポンコツタイプの男子なら出やすいですが、関係を進めていいかどうかは人それぞれ。苦労が目に見えているので普通であればNGラインですが、蠍座さんは普通じゃない恋もいとわないので一概に駄目とも言い切れません。


月ごとに見ていくと、7月は「お金」ないしは「大切なもの」を失う予感。失われた向こうに得るものも見えるので、あながち悪い月というわけではないでしょう。「これだけのものを失ったんだから、これぐらいはプラスに返さなきゃ」「引き換えに得るものは何だろう?」という発想の転換でポジティブに乗り切って吉。

8月になると新しいサイクルがスタートします。新しい「出会い」や「冒険」など、一見無謀に思えることでも、あなたが「おもしろそう」と感じたものは何でも飛び込んで○。9月はまたもや「お金」ないしは「具体的なもの」が足りないと感じるとき。ただそれも周囲との関係性のなかでのことなので「かけた分は後々取り戻せばいい」という気持ちで深く考えない方がいいでしょう。

10月は環境に縛られる月。自分の一存で変えられないルールを「しんどい」と感じてしまいそう。これは9月から始まっている流れでそう感じるようです。11月は人とのコミュニケーションがうまく取れるでしょう。情報交換や止まっていたLINEの再スタートなど、積極的に人とつながりを持って◎。

12月は思い出にひたるとき。思いを未来へつなげるのか、過ぎたことは過去として清算するのか、答えはあなただけが知っているでしょう。どちらを選んでもこれに関しては正解・不正解は自分のなかにしかありません。確実ではない流れのなかで安定や安心とは程遠い運気ですが、楽しんで乗りこなした人が勝者となる下半期になるでしょう。

Sagittarius

いて座

11月22日~
12月21日生まれ

ステージチェンジ。

射手座さんの下半期は「最強の結婚運」を享受できるとき。ですが同時に「愛情の盛り上がり」や「これでいいんだ」という確信を持ちにくい時期かもしれません。それは彼氏や友人関係など、人とコミュニケーションを取ったときに本当の気持ちを共有できていなかったり、安心させてくれる成長を他者が自分に見せてくれないのが原因でしょう。

100%の確信がないので「飛び込むに飛び込めない」と憂慮しがちですが、細かいことは全部すっ飛ばして「外枠を固めるだけ固めとくか」と割り切ってしまうのもひとつの手です。双方のご両親の仲が悪かろうとも彼氏の年収が低かろうとも、とりあえず「式場を予約してしまう」など、体裁を整えておくのは吉。

射手座さんはもともと狭い世界で満足するタイプではないので「お嫁さん」だけには留まりにくい人。魂が燃えるものは外にもあるので、人生において「結婚」というイベント自体が地味で重荷に感じるのでしょう。この下半期はそんな腰の重いあなたが結婚へ駒を進めるのにいい運気がきています。チャンスと思って流れに乗って◎。

仕事面はとてもいい働きができる半年。単独よりもチームで動いてよい評価を得られたり、役立つ人材とみなされる可能性が高いです。ですがあなたにも「こだわり」があり「課長じゃなくて部長に褒められたかった」といった物足りなさを感じてしまう場面もあるかもしれません。

金運は頑張りと比例して結果が得られやすいでしょう。「チームリーダーになる」「ノルマをこなす」など、そこに「責任」が入り「覚悟」で金運を伸ばすイメージです。

健康面は睡眠障害にご注意を。夜寝る前に悩みすぎると寝付きが悪く睡眠の質が下がり、だるさが抜けないサイクルになってしまいます。どれだけ夜の時間に悩まないかで健康運が変わってくるでしょう。

恋愛面は運気自体は高めですが、そこに物足りなさを感じやすいとき。相手にすぐ動いてほしいと思う一方で、実際にスピーディーに動かれるとためらう自分がいるでしょう。コミュニケーション上でも本音を言い切れなかったり、聞きたい言葉が聞けなかったり「何かすれ違っているな」という感覚になってしまいそう。

今期はあなたの恋愛や結婚においてすごく大切なときなので、相手がどうこうよりも「自分がどういう生き方をしたいのか」ということを考えて行動するのが大吉。それが結婚を望む自分なのであれば、運気がいいこの下半期に四の五の言わずに進めた方がいいでしょう。


月ごとに見ていくと、7月は自分からは率先して動かない月ですが、他者を遠ざけているわけではなく聞く耳は持っているので、自分から動かなくともとくに問題はないでしょう。冷静さが顕著に現れ少々熱が足りないので、弾けるときは弾けるなどメリハリをつけると◎。

8月は新たな可能性に飛び込むのに強いためらいを覚えるとき。決定を先延ばししたくなる自分がいるかもしれませんが、8月に覚えたためらいは11月以降、他者によって決定されていく流れが入っていくので、今月は自分に訪れるチャンスやオファーは「限りなくYESに近い見送りで流す」のがベターです。9月は人からよい話が聞ける月。ここから12月までは他者に対してオープンマインドの方が得することが多いでしょう。

10月は女として楽しい時期。「モテる」「きれいになる」など、女子として享受できるものが多いでしょう。今月は自分にお金をかけて吉。何もしなくても輝いているときですが、より美に磨きをかける「いい女作戦」はこのタイミングが大吉です。11月は男子があなたの手を引っ張るとき。その人は旦那候補になりうる大きな存在になる可能性大。そしてこの時期に彼氏が結婚について前向きなのであれば、四の五の言わずGO!

そして12月は他者と安全な方向に逃げる月。問題を「解決する」というよりは「迂回して進む」と物事がうまくいくでしょう。決め事に関してもちょっと幅を持たせた感じが○。「クリスマスにデートしなきゃいけない」じゃなくて「その前後でいいよ」など、相手を考慮した行動でとてもうまくいくときです。

「男と女」というのが露骨にクローズアップする半年なので、ここで結婚する人もいれば結婚までの道筋をつける人もいるでしょう。今後の自分の人生に大きな影響を及ぼす男性が出てくるはずなので、その手をしっかり掴んでおきましょう。

Capricorn

やぎ座

12月22日~
1月19日生まれ

果たしてそれは悩みでしょうか?

山羊座さんの下半期は「悩みのサイクルから上手に抜け出す」がテーマになります。たとえば恋愛において、ポンコツタイプの男子と付き合っていて別れたとします。相手に対して「ここが嫌だった」という駄目出しの気持ちがちゃんとあるにも関わらず、次もまた同じような駄目男と付き合ってしまう。結局自分の好きなタイプに行ってしまうので、人が変わっても浮気されたりお金にルーズだったりと「悩みのループ」は変わらない。そんな繰り返しのなかで勝手に苦しむ運気なので「『他人に左右されない自分』を強く持つこと」が開運ポイントです。

仕事面は良好です。熱意を持って取り組むことができるときでしょう。ただし頑張りすぎて下の立場の人を導くときに「言葉がきつくなる」など、ずれた熱の入り方をしそうなのでご注意を。またキャリアアップの可能性を探すのはおすすめです。実際に転職するのは少し先の方がいいですが「あなたが他でも通用するかどうか試す」行為は○。

金運自体は悪くないですが、お金だけに特化して考えない方が後々「大きなお金をつくるサイクル」を生み出すことにつながるでしょう。「やりたいと思う仕事」「ワンランク上を目指せる職場」といった具合に、仕事をメインにお金の優先順位を低くして全体を捉えるのが金運アップの秘訣。また投資などお金自体を大きく動かすのはおすすめしないときです。

健康面は「日々の流れを大きく変えない」という意味では、健康運自体はよいときでしょう。完治には弱いですがスタミナは続きやすい運気なので、ちょっとの無理をしても大丈夫。健康法としておすすめなのは自転車に乗ることです。時間を見つけて体を動かしましょう。

恋愛面は「男子をどこまで許してつなげていくか」がポイントになります。しっかりした人を見つけたい一方で、誰かに腰を据えて継続していくという決め手に欠ける時期なので、何人か相手が変わることも。ですが総じて彼らのことを「ポンコツじゃね?」と気付く様子。「相手の変化」や「ちょっと嘘くさい」など、その人のマイナス面を見抜いてしまうからでしょう。ちなみに海外との縁はとてもいいとき。海外旅行や外国人の彼氏なども◎。

恋愛に限らずこの下半期は無理に勝負をかける必要がないときなので、流動的に変わっていく事すべてに悩む必要はありません。今悩んでいることは時間が経つとそのサブジェクト自体が消える可能性があります。山羊座さんは真面目なのでひとつひとつの事柄に対して真摯に向き合いますが、悩む前に「それが本当に悩むべき事柄かどうか」を考えると楽になるでしょう。


月ごとに見ていくと、7月は「いきなり男子への連絡を断つ」過剰な自分が顔を出すとき。さじ加減のバランスが崩れやすいので「する」か「しない」かなど両極端な考え方はなるべくマイルドにして、その真ん中をいく感じを心がけて。

8月は「成長している速度が遅いな」と感じるかもしれません。どんなに遅くもどかしかろうとも7月よりも成長の兆しは見えているはずです。恋愛でも仕事でも、ここからいかようにもできるポジションにあなたは立っています。今月の結果を踏まえた上で今後どうするかを考えていくのは○。

9月になると自分にとって不必要なものが離れていくでしょう。「思い込み」や「悪い縁」など、それらすべてが断捨離の流れに入ります。10月はシンプルになった頭と人間関係のなかで真実の光を見ることができるとき。ここで感じたその感情をもとに11月12月と行動するでしょう。

11月は物事が一定のリズムで流れないとき。止まったり動いたりする運気がランダムに入ります。事態を大きく動かすには向いていないので、大きな決定は先延ばしがベター。また11月の引っ越しは金銭面だけではなく「損をする」要素が多そうなのでやめた方がいいでしょう。12月は自分の熱意が続きそうにない月。自ら動いてスタートするのではなく、流れのなかで仕方なくというものだけやっているのが吉。

この時期のスローガンは「私の直感、多分狂ってる」です。考えても答えが出るときではないし、考えて出た答えはまやかしである可能性が。この下半期はなるべく悩まず「ケセラセラ」の気持ちで「流れに乗って深く考えない」ことを意識しましょう。

Aquarius

みずがめ座

1月20日~
2月18日生まれ

Rockな耳鳴り。

水瓶座さんの下半期は「ちょっとロックで破壊的な半年」です。順調なキャリアを投げ出してみたくなったり安定路線のものを壊したくなったりと、どこかで破壊願望がある様子。運気自体はとても明るく楽しいものなので、多少ぶっ壊しても大丈夫ですが、あまりに現実感のない方に惹かれた場合は「その後にする努力の日々」をイメージしてうまく回避するのが◎。

対人面は「広く浅く」という付き合いを重視するならとても楽しい半年になるでしょう。恋愛でも友達関係でもキーパーソンとなる男子が出やすく、その彼は年下タイプの可能性大。今シーズンの運気は寄ってくる男子にかなり影響されるので、深みにはまる前に「金持ちか貧乏か、評判がいいか悪いか」など何となくシュミレーションをするといいでしょう。自分の未来に関しては「他人と比較しないオリジナルな未来を目指す」のが開運ポイントです。

仕事面は「継続して実らせよう」とか「何とかしよう」という気が起こりにくいとき。積み重ねてきたものの重みを急に感じなくなったり大きく発展させることに興味がなくなったりするでしょう。その割にコミュニケーション能力は高く人間関係自体は良好なので「そう遠くない未来の転職」ないしは「異動」を視野に入れつつ、現状に関しては無理に発展させようとしなくて大丈夫です。「こんなときもあるよ」と限りなく省エネモードで行くのが吉。

金運はあまりよくありません。半年を通して「足りないな」と思いやすいときですが、無駄遣いさえやめればそんなに「ない」ということはありません。この半年は「お金がちょっとかかるけど楽しい」ということが多いので、行った分だけ楽しめるか計算して使うといいでしょう。

健康面で気をつけたいのが偏食。栄養の偏りが出やすく風邪もひきやすいので、意識してバランスのいい食事をとるようにしましょう。また下痢になったら「体調がよくない」というサイン。軽視せず早めに病院で診てもらうのが○。

恋愛面は悪くはありませんが「ポンコツタイプ」や「プライドが高くキレやすい」男子との縁が出そう。立ち位置を明確にして自分のペースに持っていきにくいので「扱いにくい」相手な可能性大。「彼がお金を持ってない→あなたが払わなきゃいけない→お金がなくなる」というサイクルにもつながり、安定とは真逆を行ってしまう予感。結婚運もありますが、自分の親が嘆きそうな男子との同棲や結婚になりそうです。ですが、この時期の恋愛を成立させたいなら「人の意見に耳を貸さないこと」がポイント。自分のツボにささる男子がまわりから不評でも、あなたがいいなら気にしないことです。


月ごとに見ていくと7月はつながりを積極的に求めるといいとき。コミュニケーション運がいいのでLINEが盛り上がったり話がトントン拍子に進んだり「つながるっておもしろい」という経験をするでしょう。8月は頑張りがきかない月。「根性を入れて何かを乗り越える」というのができないときなので、それ相応の対価を払わないといけないかもしれません。それでも今月は無理に抗ったり頑張らないで過ごしている方が得策です。

9月になると「愚かだとは知りつつも」という枕詞がつく行動を取りがちに。「愚かだとは知りつつも買ってしまう、食べすぎてしまう、遊びに行ってしまう」など自制が効きにくいときなので、無理してプラスをつくろうとしない考え方が安全です。とくに投資系はやらない方がいい月。

10月は心に動揺が走るとき。望んでないのに任されたり期待されたりするため「私はこうなんだ」と思っていても貫けず、それがすごく嫌なようです。YESでもNOでも心がざわざわする月なので「感傷的に捉えやすいタイミングなんだ」と思って深く考えないのが吉。10月に感じたこの動揺は、11月に大きな希望や期待になって返ってくるでしょう。夢にリーチしたいのであれば、この11月が最強です。12月は男子の意向に合わせる月。自分の意志を通しにくいときなので、ただ流れに身を任せていた方がいいでしょう。

半年を通じて安定感がなく、もどかしさや憤りを感じることも多いかもしれません。ですが8月から10月の間は、仕事でも彼氏でも「私がなんとかしなきゃ」と頑張らないことが重要です。なるべく責任を回避してのらりくらりするのが、その後のあなたが生きやすくなるきっかけになるでしょう。

Pisces

うお座

2月19日~
3月20日生まれ

目指せデトックス上手。

魚座さんの下半期は「結果を先延ばしにしてでも、失いたくないものを離さない」とき。手放さないからこその悩みと戦いながら「まだ諦めたくない」という想いが首を締めたり希望を見せたりする半年になりそうです。未来には明るい光も見えていますが、それは少し先になります。今もがいていることの結果がすぐには出ないからこそ余計に手放せず不安も募るのでしょう。

開運ポイントは「男子に対して真っ正面から頑張らない」です。半年を通じて「男子ありきの自分」というのが先行してしまいますが、彼らの求めるものを正面から真摯に返さなくても大丈夫なので、尽くしすぎず振り回されすぎず50%くらいの力でほどほどに対応して◎。

仕事面は自分の強みを発揮できにくいとき。求められるものに素直に応えたくない自分がいるでしょう。それはスキル不足というよりも「それは私の仕事じゃない」とか「それをしたから何だっていうんだろう?」という深層真理からくるようです。この下半期は割に合わないことも織り込み済みの運気なので、淡々とこなしながら自分の未来を見て現状維持をするのが○。転職や副業も今はおすすめできないので自分の未来予想図と照らし合わせて仕事と向き合うのがいいでしょう。

金運は悪くはありませんが、博打的な棚ぼたラッキーではなく「何らかの行動をして得るお金」というイメージです。利率のいい定期預金など、未来の自分を助けるようなお金の運用の仕方を模索するといいでしょう。老後を見据えて「今から始めて将来安泰」と思われる運用の仕方や貯め方にシフトしていくのが大吉。

健康面は細かなメンテナンスが功を奏すとき。健康運自体は低めながら「絶対休めない」というシチュエーションでは「早めのニンニク注射」など、休まないで済むような回避の仕方をするでしょう。「おかしいな?」と思ったら、ちょこちょこ元気をチャージして乗り切って。

恋愛面は自分の好きの純度が最優先なので「無理目な男子」を狙いがちに。あなたが結婚を望むなら、既に誰かのものだったり多忙な男子は極力避けましょう。フリーの男子で束縛感がなくお互いフラットで対等な関係でいられる人を選ぶのが○。既につながっている縁は「クソ野郎なのに継続」の線が濃厚なので、新しく出てくる縁の方が進展しやすいでしょう。キーワードは「男と悩みはセットと心得る」です。半年を通じて迷うことも多いと思いますが、それさえ分かっていれば悩みもだいぶ解消できると思います。


月ごとに見ていくと、7月は自分のエゴや感情が悪い方向に出やすいとき。「やりすぎてしまう」「気を遣いすぎてしまう」「うるさく言ってしまう」など、自己中心的に考えて一生懸命行動したことがうまくいかないようです。「勝ち進めよう」とするものほど空回りするので、7月8月はとにかくクールに物事を見て○。

8月は自分自身にちょっと嘘をつく月です。やりたくないのに「やってあげるよ」と言ってしまうなど、過剰に振る舞ってしまう可能性大。自分自身にプレッシャーと期待をかけすぎず「好き嫌い」も「するしない」もナチュラルに振る舞うのがいちばんいいでしょう。ムキにならずに何事も6~7割の力でこなすくらいでOKです。

9月になるとおせっかいな自分から一転、急に利己的に動こうとするでしょう。あなたが勝手にしていた事柄に対して勝手に見返りを求めているフシがあります。7~8月と9月のあなたの印象が違いすぎるので、なるべく一緒であるよう務めましょう。10月は別れたり相手に気持ちがないのが分かってしまう月。他人に「心の共有」を求めるとさみしさとなって年末に返ってくるので「人は人、自分は自分」と思っておけば「そういうもんだよね」くらいでダメージが少ないでしょう。

11月は人に対してさみしさを覚えるとき。「大企業勤め」「彼氏がいる」「イベントの約束がある」など、パッケージ的にはうまくいっている風だとしても、それに対して自分や相手の「熱が低いな」と感じやすいのが原因です。12月になると「何かを諦めて新しいものに向かっていこうかな」という気持ちになっているでしょう。また、この11月12月は状況を自分の力で変えるのがとても難しいときなので、基本流されているのが○。

総じてこの半年は「高望みして勝手に傷つく」傾向が。この半年頑張り抜いて駄目なものは12月に切るのは大正解。物事が気持ちよく希望に満ちて展開していくのは来年の2月以降になります。それまでに悪縁は断捨離気分で整理しておきましょう。

PROFILE

ミラ先生

プロ歴20年、ロンドンでも7年の鑑定経験を持つタロット占術のスペシャリスト。難解なコンビネーションリーディングによる的確で実践的なアドバイスが特徴。モデルやコピーライターといったユニークな職歴を持ち、恋愛相談から経営戦略までどんな相談にも対応可能。愛と笑いと救いのあるキレッキレの鑑定が編集部でも話題に。いまも口コミで信者を増やし続けている。
https://www.r-crown.jp