GIRL HOUYHNHNMGirls Just Want To Have Fun!
2020年上半期のあなたの運勢は? 恋愛運も金運も! 令和を駆け抜けるミラ先生の12星座占い。
2020年上半期のあなたの運勢は? 恋愛運も金運も! 令和を駆け抜けるミラ先生の12星座占い。

MIRASCOPE

2020年上半期のあなたの運勢は? 恋愛運も金運も!
令和を駆け抜けるミラ先生の12星座占い。

2019.12.19

激動の2019年も残すところあと少し。今年も本当にいろんなことがありましたね~。
抱える想いは人それぞれですが、新年も引き続きやるっきゃない!
ということで上半期の運勢をタロットのスペシャリスト、ミラ先生に占ってもらいました。
恋愛運から金運、健康運まで2020年を生き抜くヒントになれば幸いです!

Fortune-telling_Mira 
Illustration_Tsuyoshi Nigamushi

What’s your sign?

おひつじ座

3月21日〜
4月19日生まれ

おうし座

4月20日~
5月20日生まれ

ふたご座

5月21日~
6月20日生まれ

かに座

6月21日~
7月22日生まれ

しし座

7月23日~
8月22日生まれ

おとめ座

8月23日~
9月22日生まれ

てんびん座

9月23日~
10月22日生まれ

さそり座

10月23日~
11月21日生まれ

いて座

11月22日~
12月21日生まれ

やぎ座

12月22日~
1月19日生まれ

みずがめ座

1月20日~
2月18日生まれ

うお座

2月19日~
3月20日生まれ

Aries

おひつじ座

3月21日~
4月19日生まれ

ゆっくり「私」になってゆく。

牡羊座さんの上半期は「自分の力で人生をコントロールしたくなる気持ちが強くなる」とき。それはあなたが単独でその道を歩むというよりも、彼氏や友人など自分を取り巻くまわりを「よりよいものにするぞ」という意欲の表れなので、決して図々しいとか自己中というわけではありません。

「みんなを巻き込んで」という方向で突っ走っていくのはいい姿勢ですが、その一方で「足りないもの」がとても気になってしまうようです。半年を通じて具体的に足りないと感じるのが「お金」と「安定」。人を巻き込んで自分の世界をつくっていくのには時間がかかるので、意欲はキープしつつ「結果は後からついてくる」という精神的なゆとりを持つのがいいでしょう。

仕事面はもどかしいながらも成長過程が見えそうです。転職など次のステージに行くのにはまだ安定や実りが足りていないので「進みつつ準備する」のが◎。仮に新しい会社に転職できたとしても年収が低かったり「自分が評価されたいランクで評価されない」という流れが入りやすいので、それであれば独立の方向も視野に入れてスキルを磨きつつコミュニティを広げるなどの「準備」に焦点を当てて。

金運は目標を立ててそこに向かうのが吉。そう思うと「この仕事だとそこに行かない」「今の彼氏と結婚しても自分の思うゴールにならない」と、不足しているものが気になってしまいそうですが、半年以内に「足りないものを補填しよう」と気合いを入れすぎてしまうのは危険です。目標を立てるのはいいことですが、あまりお金や安定ばかりに気を取られないようにしましょう。新たに情報収集をして資産運用の今までの流れをこの時期にもういちど見直すのは大吉。

健康面では貧血に注意しつつ体を動かした方がいいとき。ジムでのダンスプログラムやキックボクシングなど、みんなで一緒にやったり男子に教えてもらう運動は楽しく続けられるでしょう。

恋愛面は新しい縁ならいいですが、既にある縁の場合その人にお金や安定がない場合は他の可能性を見たくなってしまうようです。この上半期はとにかく「足りないもの」が目に付くときなので「自分がどのぐらい頑張らないといけないか」とか「どれくらい相手が借金を抱えているのか」など、現実的なことを踏まえた上で見てしまうからでしょう。乙女ちっくではなく冷静なので間違った人と籍を入れることはないかもしれないですが、そう簡単にYESと言いたくない自分がいるようです。半年を通じてもっと自分が自分のままで共存しやすいタイプの人を新たに発掘していくのがいいでしょう。自分があまり働かなくてもいい人や逆に自分のやっていることに協力してくれる人など「役に立つ人」が◎。

2020年の上半期は「自分自身で何とかしよう」という運気なのですが、自分を過小評価しそうなときでもあるので、それを他人で埋めるという流れになっているようです。対応策としては趣味でも何でも「私すごい」という自分に自信が持てるものを持っておくと○。また「自分の道を進んで勝ち組になりたい」という意識も強いときですが「歩いている道がおかしいんだよ」という場合もあるので、他人の声を聞くことも重要。「他人から見た自分」を再認識するためにも、同じようなメンバーだけでなく新たに外部の人も入れて活性化するのがいいでしょう。


月ごとに見ていくと、1月は想いを残しつつ何かを諦めるとき。無理やり自分の気持ちを「やっぱり続けよう」と持っていくのではなく「これは諦めておいた方がいいな」と思うものに関しては諦めてその後を考えていくのが◯。2月は自分自身が最も華やかに充実を狙える月。少し課題が残るタイミングではありますが、結婚を考えている人は籍を入れるならこの上半期で2月がいちばんいいでしょう。美を追求するもよし新しい出会いを探るもよし、自分自身が女として輝く行動は総じて吉。

3月になると捨てたくないものも捨てないといけないでしょう。「このランクの家に住みたい」「お給料はこのぐらいほしい」など、そのこだわりにしがみつくと5月に苦しくなるので、無理そうだなと思ったら欲深くならず潔く手放すのが◯。4月は順調に物事が進む月。トラブルや逆風もなく比較的スムーズに事が運ぶでしょう。自分的に粘りたいものは抱えたままでもそんなに弊害はありません。あまり深く考えず流れに乗ってOKです。

5月は自分がどういう環境にいるのかでだいぶ苦しさが変わるとき。3月の段階でちゃんと断捨離ができている人は大丈夫ですが、それができていない人は「にっちもさっちもいかないぜ」という気持ちになるでしょう。5月に感じた苦しさに対して「何かいい方法はないかな?」と策を練っていくのが6月。さまざまな事柄の全貌が未完成なままになりやすく自分のこだわりを捨てにくいときではありますが「潔くかっこよく」が開運ポイント。「高収入の彼氏だから自分に対して口出しするのを我慢する」など「何を捨てて何を取る」のか、自分なりに取捨選択をするのがいいでしょう。

また自分が思う「こうあるべきこと」が「そうじゃないのかもしれない」という価値観の変化は他人が与えてくれるときなので、この半年は積極的に人と関わりましょう。運気自体は悪くないので、頑固にならずなるべく柔軟にしているのが◎。

Taurus

おうし座

4月20日~
5月20日生まれ

未来への階段。

牡牛座さんの上半期は「無駄なものが省かれて、こうなるべきものがこうなった」という感覚になるとき。 自分の置かれている環境や人から求められているものが分かるためシンプルに「自分を知る」ことができるでしょう。この半年は意味のあることが起こりやすいので、いつも以上に大切に過ごして◎。ただぼーっと過ごすのではなく、その事柄ひとつひとつには意味があるんだと思って感受性豊かに日々を鮮やかに捉えていましょう。

この時期のいちばんの収穫は「グレーでも真面目にやり続けることができる自分の発見」かもしれません。それは自分が意識してそうするのではなく、これから起こるさまざまな事柄を通じて感じるようです。「自分はそういう生き方もできて、そんな人生も不幸ではないんじゃないか」「昔はそう思わなかったけどなぜか今はこう思える」など、自分の変化を楽しんで。以前と違うというのは正しい断捨離が行われているということなので、変わっていく自分を喜んで受け入れて大吉。また、ご両親との縁に関しては揉めているなら和解ができるときなので、このチャンスはぜひ使って。

仕事面は他者と気持ちを合わせるのがいいタイミングなので「喜んでもらいたい」「人の役に立っている」など、自分はいかに役に立っているのかというのを実感できそうです。「私がどう」ではなく「何のための私か」という視点がこの半年で得られたら、それはものすごい宝物になるでしょう。

金運はお金の使い方がうまくなる予感。貯めることも使うことも余分なものが削ぎ落とされていくので「より間違いのないものを買おう」という意識が働くでしょう。牡牛座さんは自分のこだわりに対してお金を使う傾向にありますが、その使い道を含めて正しく軌道修正していけるとき。その術を身につけている自分をうれしく思って○。

健康面はグレーなものが潜んでいるときなので検診には行きましょう。これも「不必要なものを排除してシンプルにしていく」という流れからくるものなので、いい意味で自分の健康を疑って心配事を減らしていくのがいいでしょう。

恋愛面は吉凶混乱です。進ませたいのか進ませたくないのかというのが自分のなかでも見えないときでしょう。ですが焦って決める必要はありません。だんだんと見えてくることがあり、新しい自分を見つけた上で「プラスな人かマイナスな人か」を判断する方がいいので「うまくいっている」ということが必ずしも正解な時期ではないからです。「昔の私なら好きだけど今の私は好きじゃない」「昔だったらこうだけど今の条件は違う」など、自分のなかで答えが見つかった上で向き合っていくでしょう。その上で決めたことならきっと後悔はないので、焦らず進むのが吉。

また、この上半期は旅行運があまりよくありません。海外ならばがっかりするし、国内だったら天災などトラブルに遭いそうなので極力避けて正解です。


月ごとに見ていくと、1月は自分自身が少し縛られていると感じやすいとき。周囲からどんなに褒められる存在になっていたとしても自分自身は「苦しい」とか「自由にやっているわけじゃない」という気持ちになるかもしれません。けれど身動きが取れないほどではないので、ちょいちょいリフレッシュを挟むといいでしょう。2月は犠牲を伴いつつかろうじて成功する月。それは「ベストではないけど負けてもいない」といった具合に腑に落ちた勝利ではないでしょう。この1~2月は他者からの自分の扱いが悪いと思っていて「もっとリスペクトしてほしい」という気持ちが強くなるようです。

3月は「自分が見ている世界」と「周囲から求められているもの」の雰囲気に違いがあることに気付き「戦って頑張ろう」という気力が少し失せるとき。「自分は有能で綺麗。だからもっとこういう扱いをされないといけない」といった思いに対し、他人からは「そのままでいいよ」という評価が既にあるので、そこと戦ってまで自分を通そうとはしないようです。4月になると「ようやく私の声を拾ってくれるようになった」「まわりを説き伏せられる知識がついてきた」と、少しずつ自分が出せるようになるでしょう。その上で自分の考えをまとめつつ合理的に物事を進めていくのが◎。

5月は少し迷いが出る月。新たにスタートしたものに心が追いついていないということもあり「どうしようこうしよう」といろいろと考えますが、はっきりとした答えはこのタイミングでは出ないようです。6月になると5月に自分のなかでぐるぐる回っていたものが未来へ向けて外に出ていくでしょう。それは今月以降に具体的な結果となって戻ってきたりと満足につながる予感です。

この上半期は気持ちの切り替えを促されるとき。「自分で思ってるほどお前ってこういう人じゃないぜ」という具合に自意識をいい意味でへし折られる半年でしょう。過去のこだわりを切る運気があなたを新しく生まれ変わらせようとしています。自分の感覚としては妥協感があったり気持ちが追いつかない部分もあるようですが、この一連の流れはとてもいいので不安に思ってもその波には乗って◎。その先に見える世界では、ずっと手に入れたかった充実や結果が待っているでしょう。

Gemini

ふたご座

5月21日~
6月20日生まれ

ちゃんとしなくて大丈夫。

双子座さんの上半期のキーワードは「自分の好奇心のまま行動する」です。この半年は自分の想いとは裏腹に物事が決められたり全体の総意に流されている気がしてそれに対する自信のなさや不安感が顔を出しそうなのですが、そういうときだからこそ自分らしく柔軟にいるのがいいでしょう。

体だけの恋愛関係を受け入れたり貯めたいはずなのにお金を使ってしまったり、自分でも「何じゃこりゃ?」と思うことがありそうですが、この半年は先の展望が見えにくくスピーディーに動くことができないタイミング。ロジカルに物事を見通せず、じたばたしてもぱっと先が開ける時期ではないので無理に「ちゃんとしよう」という努力をしなくてもOKです。

仕事面は「形が決められている」からこその伸びしろのなさや報われなさを感じるでしょう。そこでの幸せを求めようと思ってもその枠に限界があって「よりよく進めていく」という行為に乗りたくない自分がいるようです。「もっと職場環境をよくしよう」「みんなで手を取って頑張ろう」といったことに関して「それをして何になるんだろう?」と、双子座さんの「新鮮なものや楽しいものを求める」性質が「継続して努力する」ということに対して「??」となってしまいやすいようです。無理してまわりと合わせても違和感があるだけなので、この半年は「仕事はお金のため」と割り切って吉。また、この時期の転職は後悔しそうなのでおすすめしません。なるべく変化は避けていた方がいいでしょう。

金運は良くも悪くもないときですが、困ることはなさそうです。いちばんお金が入りやすいのは副業の水商売やパパ活など正規のルートではないかもしれません。棚からぼたもち的な感じではなく「自分が少し嫌な思いをするのも込みで多めにもらえる」ことはありそうです。

健康面は知らないうちに疲労がたまりやすいとき。重たいとか動きにくいというのは体が疲れているサインなので、不調を感じたらなるべく早く休憩を取るのがいいでしょう。「疲れが抜けないな」と思ったら面倒くさがらず立ち止まってケアするのが◎。

恋愛面は重いものより軽いものの方がうまくいくでしょう。この上半期は「無駄なことはしたくない」という気持ちと「衝動で動きたい」という気持ちがぶつかっているので、自分にとってどういう恋愛がベストが分からなくなっているとき。どうせ何が正解か分からない運気なのであれば、合理的なものを一切排除して遊んでしまったほうがいいでしょう。自分の人生の責任を取ってくれる可能性が薄い男でもこの時期だったら結構楽しいと思ったりするので、婚期や安定は一回意識せず、いっそユニークなところに飛び込んでみるのもアリ。ただし大きな決め事をするのには適さないタイミングなので「取り返しのつく範囲」は意識して。


月ごとに見ていくと、1月は自分のなかで「完全によしとしないもの」でさえも形やルールが決まりやすいとき。それには抗うことなく「決まったことはやっていく」というスタンスがいいでしょう。また、悩みがあって誰かに何かを相談したいなら、いい助言を得られるのもこの月です。2月は「真面目さ」がクローズアップされる月。あまり雑念を感じず目の前のことをこなすのにも適していますし、たとえば付き合いたての彼氏であれば「意外とこいつちゃんとしてるな」と他者に対しても細かいところまで目が届くでしょう。比較的ストレスを感じず過ごせる月です。

3月は相対的なゴールの月。ですがその世界はとても未完成で、ここから先へ進むには別の道をつくらないといけないと感じるでしょう。8割はうまくいっていますが、そこには少しやりにくさも込みになっている様子。今はその力に抗うよりも未完成をキープしつつ、仕切り直しをして来月の出発を待つのがベターです。4月になると自分にとっての興味の可能性が広がるでしょう。新たな人に関心を持って近付いていったり新たな事柄にチャレンジするならこの月が最適。

5月は白黒はっきりつきやすいとき。全体を俯瞰して見たときに「だいたいこんなもんだろう」と思ったことは概ねその通りでしょう。そこには変な裏テーマがなく「目に見えている世界がそのまま」だからです。たとえば4月に「浮気してる?」と疑っていたとして、それが5月に「はい黒。分かりました」と明らかになったりするでしょう。また「自分の社会での役割」なども明確になりやすいタイミングです。

6月になるとあなたに影響を与える男性が非常に嘘つきかワンマンかなど、100%信用できない男性が現れやすいでしょう。話の分からない上司が現れやすかったり「彼氏が実はそうでした」というのも判明しやすいとき。この月にあなたにとても影響を与えている男性はあまり信じない方が吉。

この半年は信念も自信もないままに巻かれて転がっているのがベターなとき。作戦を立てて自分なりに変化を起こしていくのは下半期からになるので、それまでは柔軟に逃げ道をつくりつつ流れに身を委ねていくのがいいでしょう。

Cancer

かに座

6月21日~
7月22日生まれ

長い眠りからさめて。

上半期の蟹座さんのキーワードは「潔いのにかわいらしい」です。今期はなかなか成功しないものや手に掴めないのものなど「成功が遅れている」という運気なのですが、それに対して執着をしないでしょう。遅れているものが浮き彫りになると、あなたはスパッと「縁を切ろう」とするようです。にも関わらずコミュニケーション能力がとても純粋なので、他人からは潔く魅力的な人に映る様子。妙なフェロモンが出るので変な人からモテる可能性もありますが、自分がブレないので、ちょっとちやほやされたくらいでは「無いな」と正しい判断ができそうです。

この半年は不要なものを切りやすい運気なので「気持ちがついていかないのに頑張っている事柄」に関しては、その大元から断ち切るという感覚は◎。仕事でも恋愛でも「こんなに大変なのに認めてもらえない」「努力している割には充実感がない」と、どこかで気持ちが疲れてしまっていることは潔く縁を切ってOKです。とくに恋愛で人間関係を断捨離するのは開運アクション。「どうせ結婚できないならもういらない」と、この時期のあなたはどこかでハッと気付くでしょう。

仕事面では一時的な好転が見込めそうなとき。でもこれは一時的なもので根本からの改善ではなさそうです。自分のなかでチャンスを掴めれば継続していいですが「結局は届かないのか」となったら転職を視野に入れるのもいいでしょう。それとは関係なく「何かを学ぶ」のはとてもいい時期。とくに語学は「旅行先でちょっと喋れたらいいな」というモチベーションでも始めてみるのはよさそうです。

金運はよくも悪くもないですが、ちょっと大胆になる時期なので胸を張って無駄遣いをするかもしれません。あまり細かいことを気にしたくないという感じで、人によっては勢いで引っ越しをする可能性も。吉方位を調べて運気アップにつながる物件であれば引っ越すのも吉。

また、この上半期は旅行運も◎。ただし「実家に戻る」という行為はあまりよくありません。一時的に帰るのであればOKですが、定住してしまうと培ってきたものが本当の意味でゼロになり、そこからまた生みだしていくのが大変になりそうです。それならいっそ引っ越しをしたり旅行に行くという方向性でいきましょう。

健康面はバストアップやヒップアップなど、ゴージャスで女性らしい体づくりを意識して大吉。「締めるところは締めて出すところは出す」といったエクササイズがおすすめです。病気については免疫力を上げているかどうかで状況が変わりやすいときですが、注意すべきは産婦人科系。将来妊娠をしたい人はホルモンバランスを整えて◎。

恋愛面は「はっきりしない相手」との戦いになりそうです。結婚や交際になかなか駒を進められないなら、粘るよりも時期を見て「対象者との成功」を諦めるか、もしくは「対象者ごと」諦めるのがいいでしょう。この上半期は運気がクライマックスに近付いているので縁を切るのも簡単です。「無駄なものは無駄なんだな」と、自分のなかで明らかにそれが分かるので引きずることもないでしょう。ゴールに向かって「いらないものは切っていこう」という感覚で不毛な縁は断捨離を。また結婚に関しては「諦め」がセットになっているときです。「そのために諦める何か」がありそうなので結婚するなら覚悟の上で。


月ごとに見ていくと、1月は今年の目標を立てて何かにトライしはじめたり、海外も視野に入れた動きをすると吉。「チャレンジ」や「新たな無限の可能性」といった新しいスタートをポジティブに捉えられるときで、明るい始まりになるでしょう。2月は「まわりから期待されている自分」と「本当の私」にズレが出やすく、悩みやすい月。不眠症にも少し気をつけたいときです。

3月になると状況の好転を目指すでしょう。でもそれは一時的なもので、少しの好転は見込めますがリトルジャンプという感じかもしれません。きっかけにはなりますが、まだ安心できないでしょう。自分の理想に近い状態に持っていくのは来月が○。4月は自分の希望が通りやすかったり、手に入れたいものが手に入りやすいとき。何かをスタートしたり先々の計画を立てるのもすごくいい時期です。

5月はノスタルジックな月。古い縁を感じやすかったり、子供時代のことなどをふと思い出したりすることもあるでしょう。ゴールデンウィーク中に旧友に会うとすごく充実しそうです。6月になると男子のずるさやチャラさがかなり浮き彫りになるでしょう。男性との縁が出やすいときなので「胡散臭いけどトライしたい」と思うのであれば試してOK。様子を見つつ、続けるか切るか決めるのは来月以降にしましょう。

この半年は「チャレンジと前進」の流れのなかで「不要なものを切っていく」ことになるでしょう。新しい出会いやチャンスを止まって見過ごすのはもったいない時期なので「私再出発」なイメージで無駄な縁を断捨離し、新たなスタートを切って◎。

Leo

しし座

7月23日~
8月22日生まれ

男気あふれる。

獅子座さんの上半期は「自分自身で選びチョイスしていく」半年。でもそれは大胆な変更を一気に促すのではなく、進んでいる道のなかで「誰を選び自分はどこへ行くのか」を決めていくことになるようです。他人に翻弄されて駄目になることが少ない分、自分の気持ちさえしっかりしていればブレずに進めるときなので「自分の個性と他人との融合」を試みるのがいいでしょう。仕事でも恋愛でも双方WINWINの可能性を探るのは大吉。

仕事面は自分の出方が慎重になるとき。「情報だけ共有して体を動かすのは一拍置いてから」というリズムで基本的には正解です。この半年を通じてキーワードになるのは「情報」。やみくもに突っ走るのではなく、集めた情報をもとに考えてから動いた方がいいでしょう。今期はいろんな食材を集めて「これで何をつくろうかな?」と下ごしらえをしているタイミング。いい食材はたくさん集まりそうなときなので、吟味する時間を十分に持つのがポイントです。

金運は「知識」がキーワード。資産運用の仕方など、お金にまつわる情報を集めることが金運アップにつながります。自分のもとによい情報が集まりやすいときなので汗水たらして働いてというよりも「賢さでお金を増やす」というイメージです。知識も人から得るものがよさそうなので、金運をアップするにも人脈が重要に。いろんな人に会うのはもちろん節約ブログなど会ったことのない人からの間接的な情報も◎。

健康面は病気よりは怪我に備えて少し危機感を持っていてほしいとき。骨を折りやすかったりするので「ぶつかる」「押される」「轢かれる」など衝撃にはご注意を。酔っぱらって転んだりしそうなので段差にも気をつけましょう。

恋愛面は「自分が世話を焼くタイプ」の男子と縁がありそうです。「手がかかる」というほどポンコツではないですが、自分が「手伝えちゃう」「フォローできちゃう」といった相手でしょう。金銭的に面倒を見るというよりも「こんな仕事をやってみたら?」など仕事を斡旋したり紹介したりする感じです。青年実業家というよりも夢を追っているようなタイプで「旦那向き」ではない男子の可能性大。「お金がないからすぐには結婚できない」とか「やりたいことがあるから、まずはそっちで力を貸して」など、恋愛運自体が悪いというわけではないのですが、2人の縁の間には少し調整が必要なようです。


月ごと見ていくと1月は満足度は低いものの「ある種の成功」を収めやすいとき。ただしそれは、今後の「様子を見なければならない」という流れを踏まえた上での成功なので「一旦」という感覚で捉えていた方がいいでしょう。2月はかなりシビアに物事を見る月。自分のなかで「それは承諾しかねる」「それは駄目だから」というアラートが鳴っていて「嫌なものは絶対嫌」なときでしょう。

3月も引き続き自分の感覚に従って「NO」と言っているようです。本来であれば優しさをプラスした方がいいのかもしれませんが、今は変に妥協したり許したりしない方がいいでしょう。この時期のあなたは物事の成長過程を見ているときなので、2月3月のシビアな目線はそのままでOKです。考えすぎるとイラッとしたり、より合理的な道を目指してしまうようですが、決着まではもう少し時間がかかるかもしれません。膠着状態が続くのでストレスをうまく発散することを心がけて◎。

4月はけじめの月。自分の意志でやめるのはもちろん、強制終了がかかることもそのまま受け入れるのがいいでしょう。「やめる」「変更する」など、物事を大きく変化させるのは今月が吉。5月は自分寄りの流れになかなか持っていきにくいときですが、それに関して焦る必要はありません。変に抗って一生懸命やっても流れは変わらなそうなので、巻き返しを図るのは来月以降がよさそうです。

6月になると「幸せだなあ」「楽しいなあ」と感じることが増えるでしょう。人と楽しくリラックスして過ごせる時期なので、恋人とゆっくりデートをしたり友達と遊んだり、全力でエンジョイして◎。新しい出会いを探るなど、自分をお披露目したり解放したりするのはこの夏場がいいでしょう。

この上半期は物事の成長が遅くなかなか進まないときなので「こうした」から「こうなった」という実感を求めていかない方がよさそうです。とくに1月から5月まではその傾向が強く、今すぐ成長しないものに関しては一点集中せず「わざとよそ見をする」余裕を持つといいでしょう。また「投資をする」「人を信頼して何かを成し遂げる」といったことは期待値以下で走っていく可能性が高いので、結果や成長を追い求めず、イライラしないように心がけて。

半年を通じてのストレスの解消法は「自分のタスクをこなしたら後は放っておく」こと。細かく手を貸す方がストレスになりそうなので、自分は大胆に駒を進めつつ、着いてこないものは「あとはお前らで勝手に頑張れ」という心境でいるのがいいでしょう。

Virgo

おとめ座

8月23日~
9月22日生まれ

千手観音いたしません。

上半期の乙女座さんのキーワードは「限界を超えない」です。頑張るべきじゃないものは頑張らせないという運気なので、必然的に淘汰されていくものや変化するものが出てくるかもしれませんが、それに関しては「ひとつの転機だな」と比較的ポジティブに捉えているでしょう。「私の思うマイペース」を貫くので、方向性としては「高く飛ぶ」というよりも「余剰を削る」感覚で過ごすと◎。

仕事面は副業を視野に入れたいとき。本来ならば転職を模索するのがよさそうですが、目標がクリアできなかったり次に行く努力がしづらいタイミングなので、本業はそのままに軽く副業を考えるくらいがちょうどいいでしょう。頑張れないのは乙女座さんだけのせいではなく、この時期は「頑張ろうにもこのメンバーじゃ無理だよ」「この企画はなから無理くさくね?」と無理ゲーな感覚が入るから。なので続けたいなら「クビにならない程度に働こう」続けたくないけどお金が足りないなと思っているのであれば「副業でも考えるか…」といった具合に、自分のなかでの仕事の優先順位をあまり高くしておかない方がストレスがたまらないでしょう。

金運は「貯めて上げる」よりも余計な契約を切るなど「セーブしてシャープにする」方向が吉。長期計画で稼ぐというより、短期の儲け話やセールなど瞬間瞬間をうまく使う感じがいいでしょう。バイナリーオプションのような「本気モードではないライトな投資」を勉強して試すのもアリ。感覚自体はシャープなときですが、宝くじのような棚ぼたの運気もなく、貯まるも減るも実際に動くお金はそんなに変わらないかもしれません。また、乙女座さんは他人に対して「なんとかしてあげたくなる」気質があるのですが、その歯車も合っていないとき。今期は恩が返ってくるタイミングじゃないようです。そのため少し嫌な奴になってでも「自分が犠牲になっているものは減らしていく」のが◎。「自分が余計に払っていた何か」とか「自分がその人と過ごすために空けていた時間」とか、それさえも見直す方向がよさそうです。

健康面は隠れていた潜在的な症状が出てきやすいとき。それが加齢によるものなのか潜伏していたものなのか、はたまたDNA的なものなのか分かりませんが、いつもと違う体調の変化が出たら要注意です。軽い風邪など「これはいつもの感じだな」というものであれば心配ないですが「自分至上で感じたことのない異変」を感じたら、今後長きに渡り考慮しないといけない病気かもしれないのですぐに病院へ。

恋愛面は収入や年齢、ステータスなど「平等じゃない男子」と縁がありそうです。そのため、当たり前のデートや当たり前の努力ができなかったり「男子が求めるものを与える」ことに関しての見返りのなさを感じたり、マイペースに努力ができないと思うことが多いかもしれません。確信を持って「この人についていけば私はもう大丈夫」という気持ちに高確率でならないので、ときめきと感覚を信じて突っ走るか、もしくはどこかで「世話を焼かざるを得ない」という母性に近い感情で向き合うかになりそうです。嫁になって働かずに落ち着く人生もいいかなと思うものの、求婚してくる男子の収入が圧倒的に少ないなど「夢が叶ってんだか地獄に行ってんだか分かんない」みたいな感覚になるでしょう。男子が自分の人生を揺らしてしまう「トラブルの元」になりやすいので「結婚する」「同棲する」など次のステージに行くときは「私が選んだこと」という覚悟を持たないと後悔する可能性大。

月ごとに見ていくと、1月はいろんな物事の真実が見えるとき。「ああかな? こうかな?」と思っていたことの答えが分かるようですが、それに対してあなたはとくに何もしないようです。「見えたけど何もしない」では意味がないので、自分の執着や止まりがちな思考をちょっと抑えて、変えていこうとする姿勢が◎。年始に見えたことを見過ごさず「どうしていくか」ざっくりと計画を立ててみましょう。

2月は甘ったれた男の影響を受けそうです。その人物は自己愛が強い「構ってくん」で、かわいいような迷惑なようなそんな存在でしょう。それは本来の好きなスタイルとは違うかもしれません。男子の依存度が高い月なので、嫌いであれば切っていてもOKです。3月になると、恋愛をはじめ人間関係がとても良好に結ばれるでしょう。既存のダメンズを切って新しい出会いを求めるならこの月がよさそうです。

4月は自分の動きを少しセーブしているでしょう。相手の出方に対して思い切り飛び込まず「のめり込むのをやめとこう」と計算して抑えているイメージです。過去の教訓をもとに自分を律している姿勢は基本◎。5月になると物事がスピーディーに動くでしょう。半年のなかでいちばん解放的に感じる月かもしれません。滞っていた物事を進めるという行程は今月がベスト。6月は悪縁や悪習慣など、毒気がどかんと抜けるとき。5月の段階で「断捨離リスト」をアップデートして6月に一気に切る、などはとてもうまくいくでしょう。ここで切れる縁はほとんどが悪縁なので潔い決断は大吉。

この上半期は半年を通じて所有欲との戦いになりそうです。それは自分が持つこともありますが、往々にして「所有される」側の苦しさを感じるでしょう。この時期はまわりから重要な人として見られるため寄ってくる人が多いのですが、あなたはそれがとてもウザい様子。自分は小さくマイペースでいたいのに大きい存在として認識されてしまうため、キャパが「何なの?」となるようです。運気的には悪くないときなので、程よい距離感を模索して乗り切りましょう。

Libra

てんびん座

9月23日~
10月22日生まれ

乱反射に煌めいて。

天秤座さんの上半期は「人との関係性で得られるものが変わる」とき。自分は他者にとてもいいものを提供できるのですが、その見返りとしてもらう「お金」や「仕事」が少しずれていたり欠けているなと感じるかもしれません。この半年は運気が大きく後押ししてくれるわけではないので、あなたが「何を選ぶか」が重要になるでしょう。

「人から信頼される自分」でいられるときなので、オファーをはなから断られることは少ないのですが「この人からは100万円貰わないと仕事したくない」「あなたからはそんなに欲しくない」といった具合に、どこをどういう風にチョイスしてクリエイトしていくかが難しいかもしれません。人との縁をキープするか儲かる道を選ぶかで悩む場面もありそうです。結局どちらにした方がいいかというのもその都度その都度で異なるため、臨機応変を心がけて吉。

仕事面は今の現場や仕事に価値を見出せなくなってしまうとき。この時期のあなたは地に足がついていて現実的なので「この先これをやっていて損か得か」というのが見えてしまうからでしょう。感覚がシビアなので騙されたりすることはないですが、夢に乗っかって人を魅了する「エンターテナー」にもなれない半年。潜在意識には「楽しい」をちゃんと楽しみたい自分もいるのに、それを形にしようとするときの温度が人と合わなかったりタイミングがずれるため葛藤があるのでしょう。対応策としては「今までの顧客にも連絡を取りつつ新規を取っていく」ような「継続しつつ開拓する」方向性が◎。トントン拍子に進まないことも多いときなので「可能性を広げつつ結果に執着しない」を意識しましょう。

金運アップのキーワードは「良縁を掴む」です。この半年は運気が悪いわけではないのですが、それを「上げる」には協力体制が敷かれにくいとき。お金に関して鍵を握っているのは「人」なのでそのための断捨離もときには必要ですが、過剰にプラスをつくろうと思って必要な人まで切ってしまわないようにご注意を。

健康面はメンタルをケアしたいとき。不安になったり揺れやすかったりするので、メンタルを健やかに保つために生産性のない楽しい場所や人などを自分の人生に入れていくのがいいでしょう。「そこに行けば楽しい」「この人に会うとおもしろい」など、拠りどころをつくるイメージです。フィジカルでは「がん家系」など、遺伝的なもので気になることがあったらチェックしておくのが◎。

恋愛運は高めですが、気がつくと自分が相手をジャッジする側になっているかもしれません。この時期は「愛情が深い」といった見えないものよりも、楽しくて刺激があるとか稼いでいるなど「つながっていることでプラスになる」とシンプルに思える縁の人がいいでしょう。結婚運に関してはしっかりしすぎているので、相手が誰でも「8割くらいしか成功してない」と、どこかで冷めたまま結婚することになりそうです。「結婚に向かっていく」こと自体は反対しませんが、具体的に詰めようとすると相手の気持ちが離れていたりするので、天秤座さんらしく「都会的にかっこよくイケメンとちゃらつく」ようなライトさも入れていくといいでしょう。どこか自由である感じを忘れてしまうと、現実的になりすぎて不満が多くなってしまうからです。また、この時期はワンマンで癖のある男子にも好かれそうな予感。既婚者があなたを狙っていそうなので秘密の恋には気をつけて。


月ごとに見ていくと、1月は何かに押されるようにスタートを切らされてしまうとき。それに対してあなたは「これをしてもなぁ」「間違ったスタートなのでは」と、あまり乗り気ではないようです。ですがそのなかに「すごくいいもの」が隠れている可能性もあるので「何か月拘束です」といった「長期」を要求されるもの以外であればスタートは切っておいた方がいいでしょう。2月は楽しくルーズな時間が流れる月。出会いを求めたりイベントにも積極的に参加してOKですが、羽目を外しやすいときなので「食べ過ぎ・飲み過ぎ・太り過ぎ」にはご注意を。

3月になると「今まで」と「これから」がどんな景色でつながっていくのかが見えるでしょう。ここからつくられる世界が継続していく雰囲気なので、3月までによい流れになるための準備をしておくのが◎。「どうしてもこれは掴んでおきたい」と思うものはしっかり手綱を握っておきましょう。4月は人と気持ちが通うとき。誰かと付き合い始めたり、改めて正式に手を組むといったこともありそうです。その際は事前に相手の「恋愛観」や「今後の展望」などを確認しておくことが重要。擦り合わせをしておかないとお互い勘違いをしたまま後で苦しくなる可能性大。

5月は物事に執着せざるを得ないとき。手放してはまずいものが離れていってしまうような感覚になるかもしれませんが、ここで切れていくものは縁がなかったと思って切ってしまう方がいいでしょう。どうしても取り返したいのであれば「結婚はしなくていい」「この人とやりたいからお金は二の次」など、自分の価値観を潔く変える覚悟が必要です。6月は何かが失われる月。自分のなかの価値観が変わってしまったり、大切だったものがそうじゃなくなったりすることがありそうですが、それはそれとして受け止めておくのがよさそうです。

安定度には少し欠ける上半期ではありますが、8月になると「あなたにラッキーをあげよう」「別の転機をあげよう」という運気が入ります。それまでは「自分の社会的信頼」はしっかりとキープしつつ、あなたらしく過ごすのがいいでしょう。

Scorpio

さそり座

10月23日~
11月21日生まれ

Control myself.

蠍座さんの上半期は「知性が感情に勝つ」とき。データやお金、状況など、現実的な面を優先して舵を切るでしょう。その結果「一点集中一点突破」といった無理なやり方はせず、自分の可能性を広げるために具体的に模索しはじめる半年になりそうです。ですが「やりたいって言ったのにやってない」「言ったのに何なの?」と、他人から不信感を抱かれる場面もありそうなので注意しましょう。それにはお金が絡んでいたりと「慎重にならざるを得ない」理由があるのですが、賢い選択をしようとしすぎて信頼を失わないように、あなたらしく「有言実行」で歌舞くところは歌舞くのが吉。

仕事面は未来へ向けて心が走るとき。この先大きく変化したい人は、ライトな「はじめの一歩」をするといいでしょう。これは「資格を取る」「何かを学ぶ」というよりも「人を介する」という方向性です。「こういう事をやってみたい」と人に言うことで「その道で成功してる人がいるから紹介しようか?」といった有益な情報が集まってくるでしょう。いつもの蠍座さんであれば「学び」的な方向で頑張るのかもしれませんが、この時期は少しルーズに「もう少し違う世界もあるんじゃないかな」と視野を広げてみようとしているようです。自分の「したいこと」を他人に印象づけて「タダでできる種まき」を。

金運は「知識や戦略が財産になる」と思って「目の前にあるお金を減らさないように」より「今後どう増やしていくか」に頭を切り替えるのがいいでしょう。今は「貯める」「取り戻す」「セーブする」といった具体的なアクションを起こすのではなく「自分とお金の関わり方」をもういちど見直すタイミングのようです。深層心理で「勝つためにどうすればいいか」を探っているときなので、あなたは本能的に「先のことを考えて動く」ことを選択しているのでしょう。

健康面は自分の限度を自分なりに知ることで比較的元気に動きまわれるとき。「ここまで無理するとこうなる」というキャパさえ分かっていたら心配には及びません。「寒い日に薄着をする」など分かり切った馬鹿をしなければ大丈夫です。

恋愛面も「情よりも知性が勝つ」半年。「嫌なものは嫌なんですけど」という自分がちゃんといて、パートナーを甘やかさなかったり変な人にのめり込もうとするのを制御するでしょう。新しい縁は広がりやすく、あなたのことを「ちょっといいな」と思う人も出やすいとき。ですがその男子にもすぐには飛びつかず「本当か?」「大丈夫か?」と警戒心を持って向き合うようです。蠍座さんにしてはかなりクールなのですが、頭を使って賢く恋愛に向き合う姿勢は◎。


月ごとに見ていくと、1月は自分自身に期待や夢を感じるとき。希望に溢れた1年のスタートになるでしょう。目標を高く設定して理想に向かって走る月にするのが○。出会い運も上半期では1月と4月が高めです。2月は損得勘定で物事を考えている月。お金でも何でも安定を急いでいて「馬鹿は見たくない」「最短距離を行きたい」という思いがあり、結果につながらなそうなものや無駄になりそうなものを避けているでしょう。「義理チョコを渡すかどうか」「何を妥協しておくべきなのか」など、クールすぎるマインドになっている可能性があるので、少しだけ情を心に取り戻して吉。

3月になると状況が理解しづらかったり解決法があまり見えないでしょう。「どうしようかな」「何でかな?」と、ぽやんとした状況になりやすいのですが、すぐに答えを見つけて「これが真実なんじゃないか」と突っ走るのは危険です。謎には答えを出さずに受け流しておくのが○。4月は自分にとって「逃れられないもの」や「はまらざるを得ないもの」がありそうなとき。もしくは自分にとっての勝負をこの月に持ってきている人もいるでしょう。どうしても「執着をしてしまう」または「執着される」など、少し大変だなと感じることが多そうです。半年を通じていちばんの気合いの入れどころはこの4月と5月。自分のこだわりが強くなるときなので、ストレスを貯めないよう肩の力を抜く時間を持ちましょう。

5月はプレッシャーが半端ない月。すべきことに向き合わざるを得ない感じで、巻き込まれているものに全力で向かっているでしょう。たとえばそれが恋愛であれば「そんなに好きじゃないけど結婚する相手の未来像に自分が合わせないといけないのが苦痛でしょうがない」など、面倒くささも同時に感じそう。この時期は安定を優先してしまうので「それが安定だ」と思っているベクトルの人に合わせてしまうため歪みが生じるようです。6月は自分の人生が一旦迷路に入るとき。これでいいんだか悪いんだか、イメージ通り展開していかない流れに関して「謎だ」と思っているようです。これは失敗や別れといったことではなく、自分の想定していた計画と現在の状況が合っているのかどうか分からなくなってしまうためそう感じてしまうのでしょう。

この上半期は頭を使って断捨離しているときで、仕事も恋愛も「賢く理想に寄せていく」というのが開運ポイント。けれども断捨離しているつもりがやることが余計に増えていったり、良くも悪くも計算通りにいかないこともあるでしょう。ですが今は「知っていく」という半年なので「起こることすべてには理由がある」と思って前向きに知識を増やしていくのが◎。運気は悪くなく、感情よりも知性を使って動くので頭は疲れますが心は楽でしょう。

Sagittarius

いて座

11月22日~
12月21日生まれ

大らかに流れる。

射手座さんの上半期は「慈愛と自愛のはざまを行ったり来たりする」とき。他人に対し与えたかと思えばケチになってみたり、自分が「捧げる」ことに関しての安定感に欠けるでしょう。この半年は運気的に「誰かと一緒に」という流れが入るため自分だけの意向で動けないのがもどかしく「尽くす」「我慢する」といった「自分がすべきこと」に辛くなっているようです。

「人と一緒にいる」というのは往々にしてそういった状況が想定されるのですが、自由を愛するあなたにとって環境のなかで折り合いをつけて常に一定の自分を保つのが良くも悪くも難しいときなのかもしれません。これは決して手を抜いているのではなく、頑張ろうとするものがあるからこそ足りないものや進まないもの、損をするものに敏感になってしまうのでしょう。

仕事面は「結婚したのでセーブしないといけない」など、仕事にかけるエネルギーや向き合い方に「変動」が入りやすいとき。それはプラスよりマイナスの変化が多そうなので、できるだけ「ローな自分」で乗り切れるようセーブするところはセーブする働き方や生活の見直しを図るのが○。犠牲になっているものに納得がいかなくなりそうなので、あなたのなかで基準になるものが「パートナー」なのかそれとも「仕事で上を目指すこと」なのかを考えながら、省エネモードで乗り切りましょう。

金運アップのキーワードは「賢い選択」です。「高くてもいいものは買うけど普段はセーブする」といった具合に、お金の使い方について自分なりに努力するのが吉。「貯めよう」とか「お金のために誰かに動いてもらおう」ということは考えない方がストレスがたまらないでしょう。また、今期は理想をお金に変えるだけの準備がまだ整ってないので投資などは避けた方がベター。

健康面は「こうであるべきだ」と思いすぎると心が病んでしまいそうなので「ルーズでいても大丈夫」と安心させる自分をつくっておきましょう。「心が健康なら体も健康だ」と、自分の「心配事を排除していく」方向が◎。産婦人科系は不安な事があるなら早めにチェックしておくのがいいでしょう。

恋愛面はトゥーマッチにならないのがポイント。「与えられたい」「与えたい」という気持ちが過剰にならないように自分の熱量をうまくコントロールすることができればよい半年になりそうです。この上半期に縁があった人とは時間はかかるかもしれませんが未来へつながるルートが開かれています。「ゆっくり発展していく」ときなので「デートの日程がなかなか決まらない」など、具体的に進めようとするとすんなりいかないことが多いかもしれません。ですが焦って詰めすぎると心を閉ざされてしまう可能性が。深層心理に「安心して好きになりたい」という気持ちがあるので相手にも多くを求めてしまいがちですが「ゆったり優雅に」構えているのが良縁を育むポイントです。


月ごとに見ていくと、1月は努力が受け入れられるとき。半年のなかであなたの努力がいちばん正しく認められるタイミングなので、自分の力で頑張れるものは今月ある程度目処をつけて進めておくのがいいでしょう。2月はトラブルを感じている月。「誰かがやってない」などショッキングなことが起きやすく、リズムが狂う感覚があるでしょう。起こった出来事に対して「私はこうしていたのに」という心境で巻き返そうとしないのが○。「他人は自分の人生を邪魔するようなことをしでかす可能性がある」と覚悟していれば大したことはありません。それと自分とは「いい意味で無関係」と思っていた方がいいでしょう。

3月になると一緒にいる人と「進んでいくのが苦しい」と感じているかもしれません。ですが、その苦しさを何とかしようとジタバタしない方がいいでしょう。無理に進ませようとせず現状維持でOKです。2月にあなたを取り巻く誰かが自分の人生を邪魔するミスをしたとしても「責め立てずに許す」方向で寛容に向き合うのが吉。4月は良くも悪くも「自分」がフォーカスされる月。今が幸せであればとても幸せですが、不幸だと思ってしまったらとことん不幸に感じてしまうかもしれません。あまり深く考えず気楽に構えて「誰と一緒でも私は勝手に幸せで~す」という自分を見つけておくのが◎。また望まない妊娠もしやすい月なので遊びの関係を続けている人はご注意を。

5月は「他人が自分をどう思っているのか」噂話がすごく気になるとき。今月は外部からの情報には耳を閉じ「自分の悩みと捉えない」方向性でいくのがいいでしょう。今起こっていることは「人生の流れの一環」ぐらいの感覚でイージーゴーイングを心がけて。6月になると感受性の強い自分が顔を出すでしょう。誰かの気持ちが「離れている」「冷めている」と感じたとしても、ジタバタすればするほどに悲しくなってしまいそうです。今は「3歩進んで2歩下がる」ぐらいがちょうどいいとき。無理に好転させようと畳み掛けない方がいいでしょう。

運気自体は決して悪くないときなので「深呼吸して落ち着いて」何事もフルスロットルでやりすぎないことが開運ポイント。自分以外の環境が邪魔をして「遅れてるな」と感じたとしても「どうにでもなるし全然大丈夫」と開き直り日々を大切に過ごすといいでしょう。

Capricorn

やぎ座

12月22日~
1月19日生まれ

華やかな逸脱。

上半期の山羊座さんのキーワードは「優等生をうっかり卒業」です。この半年は良くも悪くも自分の本質を見失った選択をしやすいときで、真面目な自分とロックな自分だったら「ややロック寄りの自分」が顔を出すでしょう。安定よりも危ない方に惹かれてしまう状態に「このままじゃ駄目なんじゃないか」と「分かってるけど楽しい」という相反する感情を抱くようです。ですが「こうじゃなきゃ」が強いあなたにとって、自分のこだわりではないところで動く心を知ることで、頑なな自分から解放されるいいチャンスかもしれません。

仕事面はプライベートを充実させたり「女である自分」を意識するのが○。「ほしいものを買うために頑張る」といった女性ならではの感性をモチベーションにした働き方で伸びていくでしょう。また「男ウケするファッションで行ったら契約が取れた」など「女を使った正攻法ではないやり方」での成功も期待できそうなとき。水商売など女性ならではの副業もこの時期はうまくいくでしょう。ストイックな山羊座さんらしからぬチャラついた明るい運気です。

金運はお金の入り方や貯まり方に規則性がないとき。金運が悪いというわけではないのですが、遺産相続や親からのお小遣いなど、お金の入り方が「正規のルートではない」場合が多そうです。それは流動的だったり一時的なものなので「今はあるけどいつかなくなるんじゃないか」と不安になってしまう様子。臨時収入が入ったら堅実に貯めておいた方がいいでしょう。

健康面は計算ができないとき。「2年前はこういう風邪をひいたら一週間寝込んでたはずなのに、同じ風邪なのに今回はめちゃくちゃ早く治った。あれれれ?」といった具合に自分でも予測不可能なので「何だこれは?」という感覚になるかもしれません。流行の風邪などは引きやすいかもしれませんが、健康に関する心配事は概ね早期に解決できそうです。

恋愛面は「駄目」とか「マズい」というのが分かっていたとしても愛情が続きやすいでしょう。深層心理で「自分の人生をガタガタ揺らすもの」を望んでいるようなフシがあり「続かないと分かっているのに好きが止まらない」「結婚対象になりえない人なのに気になる」という気持ちになりやすいときです。「相手に貢ぐ」など変にのめり込まないのであればトライするのはアリ。「結婚するなら変な人は嫌」という線引きがきちんとされているので、恋愛に関しては自分の心に抗わずいる方がこの上半期は幸せかもしれません。出会いに関しては「数が多い」というよりも「変な場所での出会い」がありそうなときです。場末のスナックや旅先の旅館など、意外な場所に運命のお相手がいる予感。


月ごとに見ていくと、1月はムキになって回収しようとしない方が結局はうまくいくとき。手放さざるを得ないものもありそうですが、こだわりを貫いて頑張りすぎない方がいいでしょう。ちょっとやそっとでは状況は好転しないので「ほどほど」な感じで見送るのが吉。2月はパーティータイム。楽しそうなイベントや遊びには興味本位で参加するのがよさそうです。「ろくでもない楽しいこと」に全力でダイブして○。

3月は「進む」ということに対して苦しさやためらいを覚える月。人や環境があなたと同じ速度で同じ方向に進んでくれないと感じやすいですが、それは「変える」「戦う」という方向性ではなく「データとして受け止める」だけでいいでしょう。4月は女性としての魅力にあふれるとき。1月から3月まで出会った人や起こった事柄を自分のものにしてプラスに変換できるでしょう。思い切ったイメチェンをするのも今月がおすすめです。

5月になると勢いが少し弱まり、外部からの邪魔が入りやすいでしょう。「他人は他人、自分は自分」と思ってマイペースを崩さず、流れに巻き込まれてあなた自身も足を止めないようにするのが吉。6月は答えの出ないものに悩みそうな月。この時期は「本当の自分じゃない私」でうっかりモテてしまったものの「その私」を求められることについて悩んでしまうなど、葛藤する場面があるのでしょう。

5月、6月と少し流れが滞っていくので「どうしようかな?」と苦悩する場面もありますが「私はこういう人間だ」と宣言するにはまだ迷いがあるようです。それを解決していくのは7月以降になるので、それまでは様子を見ながら「今はこのままでいっか」と気楽に構えているのが吉。

半年を通じての開運ポイントは「自分自身をロジカルに考えすぎない」です。「なぜ私は今こんなことしているのか」と己に愚問を呈さないようにしましょう。冷静になりすぎて悩みの種をつくるくらいなら「解せぬことに身を委ねる楽しさ」を感じて◎。

Aquarius

みずがめ座

1月20日~
2月18日生まれ

唯一無二なスーパーガール。

水瓶座さんの上半期は「強くかっこいい」とき。「頑張る・止まる・他者を受け入れる」のバランスをうまく取りながら駆け抜けていく半年になるでしょう。誰かの意見を受け入れたり許したりするときも「私が納得したからそうしてるんで」と「なぁなぁ感」はゼロ。「する・しない」の判断基準には例外なく一本筋が通っているでしょう。そしていざ自分が「乗り出す」となったときのパワーは相当のもの。「乗り出すか乗り出さないか」のさじ加減も臨機応変にできるので、表になり裏になり状況を変化させていく人になるでしょう。

総大将的な大物感はありつつ決して恩着せがましくなく「行くと決めたらワンアクセルでトップスピード」「止まるとなったらいきなりゼロ」といった具合にオンオフの切り替えもうまい様子。自分と対話しながら「私という高性能なバイク」を正しく操縦できればとてもいい半年になりそうです。

仕事面では「人の温かさ」を感じながら前向きに取り組むとき。自分が大変になってしまう可能性もありますが、人からの頼み事や甘えられるシチュエーションは基本的に「受ける」方が充実するでしょう。単独行動の方がはかどるような気がしたとしても結局は「人」を中心にまわっていくと心得て○。

金運も「人」が運んでくる運気です。「やり手の営業と手を組む」「彼と同棲して家賃を折半」など「人とお金の関係」を便利に使うといいでしょう。また「家を利用した使わない取り組み」も成功する予感。「外食よりも自炊」「エステの代わりに美容家電」など、自分でできることを中心に家での時間を充実させるとお金が貯まっていきそうです。

健康面は眼精疲労からくる頭痛などに要注意。頭や目が痛いと感じたらヘッドマッサージを取り入れるのがおすすめです。また視力が低下しやすいときなのでPCやスマホの見過ぎにも気をつけましょう。

恋愛面は「努力するか否か」を自分で決めるとき。「何をどのくらい努力して何をどれくらい諦めるのか」というのが感覚的に分かるので、恋愛上手な半年になるでしょう。感情に溺れることなく相手を見ることができるので「ひとりに絞らず遊びたい」「結婚を目指したい」といった自分の目標に対して的確に恋愛を構築していけるようです。ひとつ注意点をあげるなら「理性を飛ばして頑張りすぎない」こと。この時期はワンマンな勢いがあるので自分が「やる」と決めたらとことんやってしまいそうなのですが、相手が「してもらうこと」に慣れてしまったら頑張り続ける羽目になるので「できる姐さんモード」はほどほどが◎。


月ごとに見ていくと、1月は男子に甘えられやすいとき。これは「依存される」というより「甘えたスタンスを黙認している」という方向性でしょう。新年を迎えて「彼氏がけじめをつけるかな?」と思ったら「つけないんだ!」と、それを怒ることなくスルーしているといった具合です。あなた自身は「目標はないけどやる気はある」2020年のスタートになるでしょう。

2月は物事が復活したり、再び「強固な何か」が始まる月。諦めていた夢に向かって再チャレンジしたり、グレーな関係性にちゃんとした約束が交わされるなど、これまで続けてきたことが次のステージに行く感覚があるでしょう。この上半期では2月から4月までが「自分自身の人生を豊かにする」ことにスポットが当たるので、結婚や転職もこのタイミングがおすすめです。

3月は女性として得られるものをたくさん吸収してほしいとき。「私が輝く」一ヵ月なので、今月入籍すると幸せな結婚が続きやすいでしょう。妊娠もしやすいので「授かり婚」な可能性も。ロックなあなたは相手がポンコツな場合「お前はいらないけど子供は守る」と、シングルマザーを選択するかもしれません。ですがどんな未来を選んだとしてもあなたは幸せでしょう。4月は現状を力強く乗り越える月。無理だと思っていることもここで踏ん張れば道が開ける可能性があるので、限界を突破する勢いで努力して大吉。

5月は「やる気」や「手にしている物の価値」など、物事が欠けやすい月。冒険をすると失いやすいので現状維持を心がけるといいでしょう。ここで具体的なものを得ようとすればするほど「ない」と思ってしまうので、今月は無理にプラスをつくろうとしないのが吉。6月になると人との縁を「温かくおもしろい」と感じているでしょう。この時期は「大勢でバーベキュー」など、賑やかなシチュエーションにいい出会いがありそうです。また「分からないことを人に聞く」「人気講師のセミナーに参加する」といった教養を深める動きも開運アクション。人と積極的に関わるよう心がけて○。

この上半期は「自分でコントロールするぜ」感がとても強く、何事もあなた次第な半年。自分自身が大きく成長できるチャンスなので、限界を決めずさまざまなことにチャレンジしましょう。

Pisces

うお座

2月19日~
3月20日生まれ

魂の声を聴いて。

上半期の魚座さんのキーワードは「本能で動く」です。この半年は「マイルールが通じないものにどう向き合うか」が重要になるのですが、それに対してあなたは「もういいよ」と拒絶する選択が多くなるかもしれません。2019年からの流れに疲れて「余計なことは考えたくない」という運気なので、見返りを求めるようなものは「無駄だ」と判断してやめようとするようです。

本能で心が動かないものはほぼストップしそうなので、以前よりもノリの悪い自分になりそうなとき。ですが「これは何のためなんだろう?」「便利に使われているのでは?」と自分が疑問に思うことは一旦停止の流れで◎。いつもであればしてあげていたことも「今回はもうしない」と「NOフラグ」を立ててOKです。コミュニケーション上は失礼がないので相手に嫌な印象は与えないでしょう。

仕事面は人間関係のゴタゴタに巻き込まれやすい半年。揉め事の仲裁など業務以外のバタつきがあるので落ち着いて仕事がしにくいかもしれません。また「やりたい仕事じゃないのに忙しい」など、うれしくない活気が戻ってくる可能性も。一時的な好転を狙って臨機応変に対応して吉。

金運は「お金」を中心にして物事を深く考えない方がいいとき。運気が高い時期ではないので、突き詰めると「足りないな」と感じそうですが、突き詰めなければとくに困ることなくやり過ごせるからです。棚ぼたも期待できないので「いざというとき」のことを考えてあまり使い過ぎない方がいいでしょう。

健康面はウィルス性の病気に要注意。自分の思っている「こうだろう」という規則性が通用しないときなので体調は過信しない方がいいでしょう。「ちょっとおかしいな?」と思ったらすぐに休養を。またこの時期は自己判断では分からない病気が潜んでいる可能性があるので、異変を感じたら早めに受診して○。

恋愛面は「拒絶とキープの波間を漂う」とき。この時期の魚座さんは好き嫌いがすごくはっきりしているようです。好きな人はもちろん「キープ」するのですが、適当にキープするのではなく「キープ=頑張る」という図式になるでしょう。嫌いな人は「アクセスは許すけど自分は動かない」といった「軽めの拒絶枠」に振り分けるでしょう。今は「いろいろあって一旦休む」という運気なので、恋愛でも「キラキラと数をこなす」ことをやめているようです。

また、この上半期に彼氏を探すポイントは「分かりやすい人」。「すごく好きではないけど嫌なことをしない」とか「ベストではないけど結婚するにはいいかな」など「求めて突き抜ける恋」より「安心してシンプルに向き合える恋」がいいでしょう。


月ごとに見ていくと、1月は自分のなかで「嫌だな」と思うことがクローズアップされるとき。その気持ちを一旦寝かせて休憩するもよし、バッサリ切り捨ててしまうもよし、自分の「嫌だ」に忠実になって○。2月になると男性の存在がクローズアップされるでしょう。自分がハマりやすい「影響力の強い人」が現れる可能性大。あなた自身のエネルギー値も高いので、旦那候補を探すには絶好のタイミングです。既にお相手がいる人はパートナーとしっかり向き合うのがいいとき。満を持してプロポーズされるなど彼氏が男気を見せてくるかもしれません。

3月は物事が深みにはまりやすい月。病気になりやすかったり2月に出会った男性に夢中になったりと、良くも悪くも熱を帯びるときでしょう。ちなみに4月に「強制終了」の運気が来ているので3月は大きな決断は控えた方がベター。4月は今までの流れが一旦終わるとき。今まで続けてたものを強制的に「やめる」「変わる」ということがありそうですが、ここで強制的に変化したものはそのままにしておくのがいいでしょう。「強制終了は新世界の幕開け」と思って前向きに捉えているのが◎。

5月になるとこれまでの濃厚な時間から一転、落ち着きを取り戻しているでしょう。「普通に暮らせている」「普通に付き合えている」など「普通の日常」を享受できるとき。肩の力を抜いて過ごせる「のんびりムード」を存分に味わっておきましょう。6月は再び動きが出そうな月。それは突拍子もない動きだったり、男子の頓珍漢な行動だったりと自分でも予測が立てづらいかもしれません。一定の法則が見受けられないときですが臨機応変に対応しておけば大事には至らないでしょう。

この上半期は「安定」というよりも「流動的」な運気で、自分なりにいろんなことをジャグリングしていく半年になりそうです。そして6か月のなかでもとくに鍵になりそうなのが2月。「誰を選ぶのか」「自分で決めるのか」「誰かの意志に従うのか」など、ここでの決断がその後の流れに影響を及ぼすので、2月の見極めは重要になってくるでしょう。「自分自身と正しく会話」することが「これでよかった」につながる半年です。

PROFILE

ミラ先生

プロ歴20年、ロンドンでも7年の鑑定経験を持つタロット占術のスペシャリスト。難解なコンビネーションリーディングによる的確で実践的なアドバイスが特徴。モデルやコピーライターといったユニークな職歴を持ち、恋愛相談から経営戦略までどんな相談にも対応可能。愛と笑いと救いのあるキレッキレの鑑定が編集部でも話題に。いまも口コミで信者を増やし続けている。
https://www.r-crown.jp