GIRL HOUYHNHNMGirls Just Want To Have Fun!
存在しない世界の創造。「DISTRICT 24」の続編となる展示「RE-BUILD THE ATLANTIS」が明日から開催されます!
2019.11.15 Fri

存在しない世界の創造。「DISTRICT 24」の続編となる展示「RE-BUILD THE ATLANTIS」が明日から開催されます!

 

この記事を読んでる方、そして実際に足を運んだ方は開催を心待ちにしていたのではないでしょうか? 明日から「CALM & PUNK GALLERY」で開催される展示「RE-BUILD THE ATLANTIS」。

本展は2017年3月に月島のギャラリーで開催した「DISTRICT 24」、その続編として2018年3月に「W+K+Gallery」で行われた「SECTOR 2 in DISTRICT 24」のディレクターを務めた栁澤春馬と彼の友人である小林瑞樹の共同ディレクションによる新たな試みとなりました。

今回は、LA、ドイツより3名のクリエイターを束ね「存在しない世界の創造」というテーマのもと各作家の世界観を融合させているのだとか。まずはディレクターのステイトメントをご一読ください。

キュレーションワークにおいて、一貫して取り組んできた、
「存在しない世界の創造」は神話の世界へとステップアップを計ります。
空想に耽っていた子供の頃、私たちは現実がこんなにも虚しいものだなんて知る由もありませんでした。 多様化する社会で、幸せの定義すら曖昧な今、儚く、尊いファンタジーだけが私たちを救済するコンテンツ なのかもしれません。 古代ギリシアの哲学者プルトンが自身の著書の中で記した伝説上の帝国「アトランティス」。現在は没した 幻の海底神殿として語り継がれています。
この物語が持つ神秘性は、もしも世界の何処かに実在したら ? どのような文明が繁栄するのか ? なんて、果てのないイマジネーションと共に私たちの好奇心を強く刺激します。 海の中を漂う神話は、長い時を超えて現代に蘇り、私たちが想像し得ない「何か」と出会うきっかけとなって くれることでしょう。
飽くなき好奇心は、果てのない幻想へ。
ー 栁澤春馬 & 小林瑞樹 / 本展ディレクター

そして気になる参加アーティストの詳細を以下からご紹介します!

LA拠点のアーティスト兼ディレクターのリック・ファリンは、3DCGをメインツールとし、退廃的でありながら近未来を予感させるディストピア的な作品を得意とします。若干24歳で『DAZED BEAUTY』にデジタル作品を掲載されるほどの鬼才っぷり。建築とエレクトロニックミュージックのバックグラウンドを持った彼が本展で披露する作品がどんなものになるのか気になりますよね…!

巧みなカメラワーク、ライティングスキルを駆使して非現実的な世界を写真のなかで展開するフォトグラファー、シージー・ワトキンズも参加します。彼の作品は綿密に構成を組まれたストーリー性の感じられる物語となっており、観覧者を作品の世界へと引き込み、意識を現実世界から切り離すことができるとのこと。

そして、ニューヨークで生まれロサンゼルスを拠点とするフォトグラファー、ニール・クリジャーク。彼の写真は人間の感情によってフィルタリングされたり、照明、構成、色によって変更されたときの世界の超現実性を表現しています。クリジャークは、音楽制作と映画のバックグラウンドを持っており、それらが作品に与える影響も大きく、一層の深みを感じ取ることができます。

これまで以上に高い熱量を持った空間。会期も今回は長いので、一度のみならず何度でも足を運んでおきたいところです!
 
 

RE-BUILD THE ATLANTIS
日程:2019年11月16日(土)〜12月1日(日)
場所:CALM & PUNK GALLERY
住所:東京都港区西麻布1-15-15浅井ビル 1F
時間:12:00〜19:00