SHOPPING ADDICT for GIRL

vol.5 編集部員が選んだ南国気分の「トロピカルアイテム」。
Photo_ Hiroyo Kai (STUH)
ENGLISH

編集部員が個人的に本当に欲しいモノを紹介する連載、「SHOPPING ADDICT for GIRL」。
第5回目のテーマは、“トロピカル”。
まんまアロハとかじゃなくても、常夏気分を高めてくれるアイテムを集めてみました!
これ着て(持って)早く海に行きたい〜。

トロピカルとは無縁ですが…。

一年で最も嫌いな季節は夏です。
それはもう、最後にちゃんとした海水浴に行ったのをいつか覚えてないくらい…。

SELECTED by Tatty

N/G

N/Gのシールドボトルプランツ

鑑賞する“トロピカル”。

“トロピカル”と聞くとなんとなく夏っぽいものを連想しますが、正確には“熱帯のような”ものなのです。編集長からは「細かすぎじゃない?」とツッコまれたけど、全セレクトの中で「一番ドンピシャだろう!」と自信アリ。密封されたガラス瓶のなかに閉じ込められているのは、亜熱帯から熱帯にかけて分布するヒユ科の植物。茎が変形して花弁のように見えるところは、そのルックスから和名で鶏頭(ケイトウ)と呼ばれているのだとか。特殊な液体に浸してあるので、普通の植物と違って手入れは一切必要ないし、もちろん枯れる心配もなし。置いておくだけで半永久的にこの幽玄的な色彩を楽しめるなんて、ずぼらな僕にぴったりだ!

シールドボトルプランツ(2L) ¥26,000+TAX

ネペンテス

03-3400-7227

http://www.nepenthes.co.jp/

sacai

サカイのスカーフ

バンダナの延長として。

男性代表として質問です。男がスカーフを巻くのってアリなんでしょうか? 品よりも色気が前面に出る気がして、個人的な位置づけは禁断のアイテム。永世定番である〈エルメス〉のCarresなんてすごく憧れますけど、男が巻いてる姿を想像するとちょっと…。そういう想いもあり、スカーフを嫌味なく使える女性が以前からとてもうらやましく。でも〈サカイ〉が今季展開しているこの一枚なら、いつも使っているバンダナの延長でいけるんじゃないかなと。シックなネイビーベースなのに、よく見るとパイナップル柄というのもシャレが効いてますし。ちなみにこれはメンズアイテムでして、ド直球の“トロピカル“が苦手な方はそっちに目を向けてみるのもありかもです。

スカーフ ¥16,000+TAX

sacai

03-6418-5977

http://www.sacai.jp/

MYトロピカルアイランド=西表島。

日本のジャングル、西表島は個人的に世界で一番好きな「トロピカル」が詰まった場所!
何時間もカヤックを漕いで、滝壺で泳いで、疲れたらピーチパインにがぶりつく…。
あんな楽園ほかにはないと思います!!

SELECTED by Rachel

SOUTH2 WEST8

サウスツーウエストエイトのメッシュパーカ

類を見ないスペックとテンションの高さ。

夏大好き&日焼けだってどんとこい(顔以外)なタイプ。7月には真っ黒になるので、原色の服を着るだけでトロピカル感満載になります。ただひとつ、問題があるとすればそれは蚊とブヨ…。実はアレルギーでして、刺されると悪夢です。でもせっかくの季節に長袖長ズボンを着るなんて地獄…。そんな私専用のウエアがコチラ! 〈サウスツーウエストエイト(SOUTH2 WEST8)〉のメッシュパーカです。これ、フード部分のカーキはまさかの顔を覆う蚊よけ(笑)。養蜂家ちっくですが、そこはさすがの次世代釣りブランド。タイダイ柄&ショート丈でめっちゃ攻めてます。ちなみに同素材のメッシュパンツもあり。セットアップで着たら最強のトロピカルガールになれる…かも!

¥20,000+TAX

ネペンテス

03-3400-7227

Cath Kidston

キャス キッドソンのパジャマパンツ。

いい意味でギャップありまくり。

ブランド名を二度見した人! わかりますわかります。私もそうでした。花柄や水玉 でおなじみのロンドンブランド〈キャス キッドソン(Cath Kidston)〉ですが、今季はバナナが持ち手になったハンドバッグとか海賊帽をかぶったオウム形のポーチとか、トロピカルな雰囲気のアイテムが続々とリリースされているんです。超意外。中でも個人的なお気に入りはコレ! ロブスター柄のパジャマパンツです。なんというユルさでしょう…(笑)。実はブランド自体にはちょっとコンサバなイメージを持っていたのですが、こんなおもしろいプリントパターンも出してるんだと目からウロコでした。見るたびにニンマリしてしまう柄だし、薄手のコットン100%で快適だし、なんかもうこのまま出社しても許されるのでは? なんて思っています。

¥4,300+TAX

キャス キッドソン ジャパン カスタマーサービス

03-4579-3219

浮かれて唱えてトロピカル。

トロピカルっていい響きですよね。
トロピカル、トロピカル、トロピカル…。
声に出して3回唱えたら無駄に元気が出てきました。(病んでないですよw)

SELECTED by Miami

SUN/kakke

▽三角形のアロハシャツ

おそらく休みますよ~!

先月のショッピングアディクトで「OFF TO HAWAII~( ´`)/」と書いたところ、本当に行くのかと地味に反響がありました。す、すみません…だいぶ願望がまざった妄想トラベルプランです! でもでも、南の島に行きたい気持ちは持ち続けていて、こういうのは宣言してしまうのが大事かなと。そして、夢が叶った暁にビーチで着たいのが〈▽三角形(SUN/kakke)〉のアロハシャツ。40年代のヴィンテージアロハをオリジナルプリントで再現したという1着は、レトロな雰囲気はありつつも古くさくなくてかっこいい。色も好みで一目惚れでした♡ メンズブランドですが、女子が着るとこれがまたかわいいんです。シルク100%で肌ざわりも最高!

¥32,000+TAX

▽三角形

03-6438-9309

CLARINS

クラランスのコンフォート リップオイル

うるおうし、色づくし、ツヤも出る♡

引き続き希望は捨てず、今年の夏はトロピカルアイランドへ! 楽しいバカンスに持参するコスメですが、まず保湿成分はマスト。日焼け肌は乾燥しますからね~。がっつりメイクは浮いてしまいそうですが、とはいえすっぴんに見えないといいな…。そして気持ちのアガる色&香りだと尚よし。そんなワガママを叶えてくれるアイテムが〈クラランス(CLARINS)〉にありました! トリートメント効果を兼ね備えたオイルリップ美容液「コンフォート リップオイル」です。6種類それぞれ異なるキュートな色と甘い香りにテンションも急上昇。水分を抱えて逃がさない“ジュレオイル”テクスチャーで、ツヤが出てほんのり色づくのもうれしい。

(上から)
05:タンジェリン
04:キャンディー
02:ラズベリー
06:ミント(限定色)
03:レッドベリー
01:ハニー
各¥3,200+TAX

クラランス

03-3470-8545

ヤシの実ジュース。

小5の夏、友達と山道を3-4時間かけ自転車で隣町のアスレチックに行きましが、
当然へとへとでアスレチックもせずにとんぼ返り。
着いたら飲もうぜ!と行きの道中に野菜直売所で購入したヤシの実は
翌日父に割ってもらって飲みました。

SELECTED by Marin

patagonia

パタゴニアのスイムスーツ。

今年はおまえが渚きってのアイドル。

イケイケなトロピカルパターンのスイムウェアは数あれど、うかれすぎない南国ムードなものってあまりお目にかかれません。〈パタゴニア(patagonia)〉のワンピースはどーだ!ってくらいのトロピカルでありながら、どことなくオーセンティックな雰囲気でそのさじ加減が絶妙です。私がワンレングスのロングヘアだったら間違いなくこれでリゾラバを狙いたいところですが、実はリバーシブル仕様でひっくり返すと極シンプルなネイビー一色に。澄ました顔してそこかしこのフチから柄が見え隠れするというなんとなくトロピカルな様に、個人的にはビキニを凌駕するお色気を感じてしまいます。

¥14,000+TAX

パタゴニア日本支社 カスタマーサービス

0800-8887-447

NACH

ナッシュの陶器リング。

ようこそここへ、クッククック。

手元を彩ってくれる赤い鳥と青い鳥。果たして幸せを運んできてくれるのか定かではないけれど、確実にテンションはあげてくれます。陶器を使ったジュエリーが美しい〈ナッシュ(NACH)〉のアイテムは、デコラティブでありながらどこか品があって可愛らしい。今回ピックアップしているリングの他にもバナナとサルがあしらわれたネックレスやゾウのブローチ、フラミンゴのホチキス(!)などなど、個性あふれる魅力的なアイテムが揃います。南国ムードたっぷりのこのコたちが指にとまっていてくれたら、じっとりした湿気さえリゾート気分の亜熱帯に変えてくれるんじゃないでしょうか。

各¥10,000+TAX

ゴールディ アッシュ・ペー・フランス

03-5778-2022

トロピカルは違う業界でもトレンドみたいです。

Googleで「トロピカル」を検索してみたら、最初に出てきたのは「コトバンク」。
次に出てきたのは「沖ドキ トロピカルVer.新台スロット」。
パチンコ業界でもトロピカルはトレンドなんですね。

SELECTED by Samantha

AUDEN

オーデンのアクセサリー

着こなしにフルーツの遊び心を。

〈オーデン(AUDEN)〉のアクセサリーは、エッジの効いたグラフィカルなデザインが多い印象でしたが、フルーツモチーフも一癖あってかわいい! 左のネックレスのモチーフはチリペッパーが象られており、そのチョイスにもブランドの遊び心があふれています。はたしてチリペッパーがフルーツなのか? という議論は置いておいて、色鮮やかな夏スタイルの中でも存在感を発揮してくれそうです。個人的にネックレスは、手首にくるくる巻いてブレスレットとして、パイナップルピアスは、モードっぽい装いにあえて合わせたいなあ。

ネックレス 各¥26,000+TAX

ピアス ¥33,000+TAX

ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店

03-5778-4003

HartM

ハートエムの花柄スカート

南国の海風を味方にして夏を制する。

THE トロピカル!という感じではないんですけど実はこのスカート、南国のビーチにぴったりなデザインディテールが施されています。一見、マキシ丈のスカートに思いきや、中に黒のミニスカートが配されていて、フロントのスリットから足が見えるんです。立ってよし、歩いよし、座ってよしの全方向抜かりなく綺麗なシルエットをつくってくれそう。他にも、カラフルなパッチワーク風の柄がプリントで表現されているのもツボです。普段着はもちろんですが、ビーチやプールに持って行って、パレオのように使うのもアリかもしれません。

¥28,000+TAX

sho inc.

03-6450-5782

ウェストコーストに思いを馳せて。

夏になると、冬の頃と別人のようにフットワークが軽くなるサスキアです。
海とフルーツが似合うTHEサマーガールになるべく、早く日焼けしたい!

SELECTED by Saskia

EYLAND JEWELLERY

アイランドジュエリーのアクセサリー

褐色肌とレッドネイル。

ロンドン住在のイケイケなスタイリストやエディターが、こぞって身につけている手の形のアクセサリー。気になって調べてみると、どうやらイーストロンドンに住む女子2人が2014年に立ち上げたアクセサリーブランド〈アイランドジュエリー(Eyland Jewellery)〉のものらしい。この世で好きなものベスト10に入る “赤ネイル” がモチーフ(勝手にシャネルのヴェルニと憶測)なのもたまらないし、そしてお財布に優しい値段! 純金製ではないとはいえ、この破格は思わず全ラインナップを制覇したくなります。夏のこんがり日焼けした肌に身につけたいアイテム。

リング ¥5,400+TAX

ネックレス ¥6,800+TAX

GR8

03-3408-6908

bfgf

ビーエフジーエフのブランケット

常夏ビーチの木陰で敷きたい。

いつものようにInstagramパトロール(ランダムにいろいろなアカウントに飛んで、リアルタイムでバズっているものをチェックすること)の最中、西海岸らしいキャッチーでゆる~いイラストに目が止まったんです。一見絵画のようですが、よく見るとビッグサイズの布。ギリギリのさじ加減のヘタウマドローイングは、まさに今回のテーマにぴったり。灼熱の太陽光が降り注ぐビーチ、というよりは砂浜から少し離れたヤシの木の下で涼むときに敷いてゆっくり涼みたい。家ではラグマットにしたりタペストリーにしたりと、畳んでしまうのがもったいないくらいのアート作品みたいな1枚です。

¥24,500+TAX

COMMUNE

contact.commune@gmail.com

はじめまして。

4月からガールフイナム編集部に入りました。
あれよこれよと、あっという間に1ヶ月……!
自分なりの色を出していけたらいいなと思います。

SELECTED by Olga

babaco

ババコのニットブラ。

一度身につけたらやみつきになる心地よさ。

ヴィンテージのタキシードシャツなど背中が大きく開いた服を好んで集めている私にとって、下着やインナー選びは重要なもの。とは言え、スイムウエアのような素材のものやバンドゥータイプのものって、自分にはハマらない気がして苦手でした。なにかいいものはないかなーと探し続けて出会ったのが、デザイナーの白石陽子氏が2015年に立ち上げたブランド、〈ババコ(Babaco)〉のニットブラ。日本の優れた工場や職人技術を用いて作られた上質な素材を使用したニットブラは、肌触りがよく、すんなりと身体に馴染んでくれて着け心地抜群。このモデルは定番なのですが、カップ部分とアンダー部分の色の組み合わせがシーズンごとに変わるので、ついついチェックしてしまいます。今年は夏に向けてこのパキッとしたオレンジ色を背中からチラ見せしたい!

¥8,400+TAX

babaco

info@babaco.jp

ANNIE COSTELLO BROWN

アニー・コステロ・ブラウンのピアス。

波のような出で立ちに、心は完全ノックアウト。

シンプルな服装の時にちょっとしたアクセントとして取り入れたい、存在感のあるイヤリングやピアスに目がありません。なかでも、この夏に欲しいと思っているのが、鮮やかな青色と波を打ったようなユニークな形が目を引く〈アニー・コステロ・ブラウン(ANNIE COSTELLO BROWN)〉のピアス。LAのアクセサリーブランドで、一つひとつがハンドメイドで作られています。ハンドメイドならではのこのクラフト感と風合いがたまりません! オーバーサイズの白いコットンシャツをガバッと着て、ウェット感を出したヘアスタイルとともに、この波のような真っ青のピアスを合わせて海へ行きたいなと、夏のコーディネートの妄想が頭のなかに広がっています。

¥22,000+TAX

SUPER A MARKET

03-3423-8428