Champion 20200316~
Champion 20200316~
GIRL HOUYHNHNMGirls Just Want To Have Fun!
2020.2.28 Fri

女性アーティストオンリー!
REMIX ZONE vol.6は、私たちが崇拝するディーバたちを集めました。

write_ GIRL HOUYHNHNM

女性アーティストオンリー! REMIX ZONE vol.6は、私たちが崇拝するディーバたちを集めました。

70年代のディスコブーム、80年代はMTVが大流行し、90年代に入るとTLCやSWV、Destiny’s Childなどガール・グループが全盛を迎える。流行の音楽は日々変わっていくけど、私たちが憧れるような、神々しい女性アーティストはいつの時代も存在しています。

“ディーバ”と呼ばれる彼女たちの音楽は、力強く、美しく、聴くだけで元気になれる魔法のようなパワーがあるんですよね。今回はそんな女性アーティストだけを厳選してセレクトしました。

豪華なメンバーが集まったこのプレイリストは過去最高にパワフル! 名曲ばかりで涙がこぼれる可能性がありますので、ハンカチのご用意もお忘れなく。

  

01 Like Sugar – Chaka Khan

ファンキーなビートから、バラードまで歌いこなす「ファンクの女王」。彼女の楽曲ってどれも力強くて元気がもらえるんですよね。

02 What More Can He Do – 702

ガール・グループ全盛期の1990年代に活動していた702。この艶っぽい歌声、生で聴いてみたかったです。

03 Avenue – H.E.R.

音楽一家に生まれ5歳から作曲を始めた彼女は、いまや世界のR&Bシーンを席巻するトップアーティスト。

04 If I Ain’t Got You – Alicia Keys

イントロのピアノの旋律から泣ける…! アリシアのエモーショナルな歌声は何回聴いてもぐっときます。

05 オリビアを聴きながら – 杏里

Aメロの穏やかさから突然どん底に突き落としてくるBメロ。ちな、これ歌ってんの17歳ですからね。どんだけ聴かすの。

06 Sweet Love – Anita Baker

イントロからしてもうドラマチック。アーバンでメロウで胸がぎゅっとなる感じ。ジャス方面が好きな人にも人気の一曲です。

07 Blue Lights – Jorja Smith

デビューアルバム『lost&found』は、感動しすぎてレコード盤を2枚も買ってしまいました。後世に残したい作品のひとつ。

08 Two Weeks – FKA twigs

リリス? 女神? と、登場したときから世界に衝撃を与え続けるFKA Twigsは、あまりに神秘的でディーバという言葉本来の意味合いをそのまま体現している存在。

09 Mixer – Amber Mark

自身のプロフィールを一切明かさないミステリアスな雰囲気と芯のある低音ボイスがたまりません!

10 Vintage – NIKI

透明感のある歌声で、聴いていて爽快な気分になります。去年は残念ながら来日キャンセルだったから、今年こそは…!

11 Touch the Floor(feat.Masego)- VanJess

90年代の世界から飛び出してきたような姉妹ユニット。 天才Masegoと組んで魅力爆発しちゃってます。

12 Fashion Week – Rico Nasty

ハイブランドの名前をビートに載せてラップしてる曲。これくらい吹っ切れてミーハーになれるのもディーバだから許されること!

13 Bootylicious – destiny’s child

ナイトアウト前の身支度中に友達と歌うと盛り上がる! 聴いてるだけで自信がみなぎってくる魔法の一曲です。

14 Sissy That Walk – RuPaul

超レジェンド! 彼女を知らない人はいますぐ『ル・ポールのドラァグ・レース』を観るか、“Sashay away”〜。

15 Comme Des Garçons(Like The Boys)- Rina Sawayama

「情熱大陸」で“次なるレディ・ガガ”と称されていたRina Sawayamaの新曲タイトルがすごい。ビッチを褒め言葉に昇華する力強さを手に入れた彼女はいま最強かも!

16 Julia – SZA

ヒップホップ最重要レーベルTDEで唯一の女性シンガー。個人的に彼女がインスタにアップするセルフィーもだいすきです♡

17 Love Don’t Live(U Abandoned Me)- Gangsta Boo

ギャングスタ系ディーバ先輩。これ聴いて澄まし顔で街を闊歩すればほら、あなたももう立派なディーバに!

18 Violence-Club Mix – Grimes,i_o

いっつの間にか妊娠してたグラちゃん、昔はDIYガールって感じだったけど最近は神聖みを増しているのはみんなもお気づきですよね?

19 Hana Mash Hu AI Yaman – A-WA

イスラエルの三姉妹から放たれるアラビア語のエレクトリックヒップホップ。この声色、クセになります。

20 Losing You – Solange

曲を聴けばわかるかもですが、Dev Hynesがプロデュースしたもの。往年ディーバを進化させるのはやっぱり彼だった!

21 Motivation – Normani

キレッキレのダンスにご注目。MVをみればわかりますが、ディーバってこういうことか! ってなります。

22 Before You Walk Out of My Life – Monica

これこそ90年代をR&Bを代表する珠玉の一曲。当時モニカ15歳。発売から約30年経ったいまでも朝方のクラブで流れてますね。たぶん50年後も流れてるはず。泣けます。

23 情熱 – UA

はじめてこの曲を聴いたときの衝撃をいまでも覚えています。デビュー当時から和製ディーバの風格がありましたね〜。

24 Killing me softly – Lauryn Hill,Fugees

ディープな歌声、ブラックなファッションにメイク全部本当にかっこいい。アムロちゃんも影響を受けていたそうですよ! 今年は来日が決定しているので、生ローリンを拝みたい。

25 I Like It – Jomanda

R&B好きなら絶対知っておいてほしい90年代の代表曲。DEBARGEの同名曲のカバーだけど、ガールフイナム的にはこっち。

26 Venus – Lady Gaga

銀河系の全惑星をまたにかける女神のラブソング。

27 Stay The Night – Mariah Carey

ディーバに必要な要素をすべて持ち合わせているマライア先輩。神々しくて大好きです。高音の伸びが気持ちいい一曲!

28 Run the World(Girls)- Beyoncé

ビヨンセらしい高揚感溢れるアップ・ナンバー。アバンギャルドな電子音が、相当クセになる。

29 Forgotten Love – AURORA

容姿も歌声も天使のように美しいAURORA。あのケイティ・ペリーも絶賛しているんですって!

30 Never Be Like You – Flume,Kai

まずは一回目を閉じて聴いてみて。そこで脳天つかれる感覚があったら、そういうことなんですよ。

31 Losss – Björk

音楽、アート、もはや彼女の存在そのものが世界を虜にしてますよね。

32 Soldier – Erykah Badu

ネオ・ソウル界のクイーン! ヒップホップっぽいトラックで美声が際立って最高。

33 Sister – Tracey Thorn

柔らかな声でありながら確実に感じるパンク。ストリーミング時代のなかでも彼女の個性や精神は埋もれない。

34 TATOO – 中森明菜

生き様も含めてディーバ、ということで明菜の全盛期のこの曲を。こういう声出せる人、また出てこないかなー。

35 Vogue – MADONNA

1990年のMTVアワードでのこの曲のパフォーマンスがとにかく好きでYouTubeで見まくっています。ヴォーギングの練習したくなっちゃいました。

36 Easy Breezy – Utada

宇多田ヒカルのなかでもUtada名義のこれがいちばんパワフルソング。やっぱり全編英語歌詞なのも普通にかっこいい。

37 Sauce – Ella Mai

90’sの雰囲気漂う歌声に引き込まれます。新人でありながら、昨年最優秀R&B楽曲賞を受賞した実力派!

38 Norman fucking Rockwell – LANA DEL REY

ザラッとした美声にうっとり。彼女の場合、ときどき垣間見える儚げな表情がより神々しさを増してるんです。