ナウロマンティック
ナウロマンティック
GIRL HOUYHNHNMGirls Just Want To Have Fun!
2020.8.6 Thu

いまこそ韓国。編集部員が選ぶBEST K-SONGS。

write_ GIRL HOUYHNHNM

いまこそ韓国。編集部員が選ぶBEST  K-SONGS。

NiziU、梨泰院クラス、愛の不時着。韓国が生み出す作品やアーティストは、いまや社会現象。ガールフイナムが取材する人たちにもすごくファンが多いんです。

というわけで韓国アーティスト縛りのプレイリストを作っちゃいました!

それにしても韓国は音楽のジャンルが幅広い。有名アイドルがいてアングラなラッパーもいる、このミックス具合が最高ですね。ジャンルなんて気にせずに、いまこそじっくり聴いてみてください!

  

01 Feel Special – TWICE

本家もただでさえエモい一曲になっているというのに、ユナちゃんのあのステージを見たら涙なしでは聴けません。

02 Make you happy – NiziU

縄跳びダンス、練習してます〜!

03 We Are – GRAY, Loco, Woo

韓国屈指のレーベル「AOMG」所属の3人のよる共作! 彼らのラップは聴きやすくてずっと聴けちゃいます。

04 With The Star – Bronze, OOHYO

とってもドリーミーでジャパニーズシティポップのオマージュ的な要素もある!

05 Blank Music – Xin Seha

NTsKiや韓国の超ディーバ、オム・ジョンファ、Qim Isleなど国内外でホットなアーティストとコラボし、独自の音楽を発信するプロデューサーぶりはまさに韓国のブラッドオレンジ的!

06 Rainbow 레인보우(Feat.YDG)- Prod.iDeal

ハングルの発音とヒップホップってこんなにも相性いいのか!と思わせてくれる非常に耳障りのいい一曲。

07 100 Reasons Why I Love You – Summer Soul

ドリームポップから新曲「TINDER」で一気にブリンブリンな方向性に切り替えたSUMMER SOUL。でも私はこの気だるいテンションが好き!

08 1 Billion Views – EXO-SC, MOON

ど真ん中アイドルのEXOがMOONという割とこっち寄りのアーティストとコラボ。K-POPにはこういう流れが結構多いんですよね。

09 Wi Ing Wi Ing 위잉위잉 – HYUKOH

ダウナーなサウンドとオ・ヒョクの物憂げな歌声が心に響くのなんのって。

10 Girls Girls – Wonder Girls

「Nizi Project」のお陰でJYPの歴代アーティストが再フィーチャーされていますが、そこでもう一回聴いておきたくなった隠れた名曲がこちら。

11 Tonight – Jay Park, KIRIN, Ugly Duck

8balltownがやっぱり熱いすね。特にKIRINの曲はどれもかっこいい。この曲は日本のクラブでも人気あり。

12 On & On – KIRIN, SUMIN

90年代のダンスミュージックをベースに、穏やかなラップが落ち着きます。1日1回は流しちゃうお気に入り!

13 오늘 너의 두 손을 잡고 – BehindtheMoon, 현성민

音域が広いな〜と聴いているとうっとりしちゃう歌声です。

14 Myspace – Mintsu

韓国の「夏なアーティスト」といえばMinsuなのでは? と勝手に思っています。新曲も海沿いで聴きたい切ないサウンド!

15 AS IF IT’S YOUR LAST – BLACKPINK

アップテンポな曲でも伸びやかに歌いあげる彼女たちの実力は計り知れません…。本当はフェスでドーンと拝みたいのに!

16 Loner – CNBLUE

ボーカルのヨンファは『美男ですね。』にも出演していましたね。観てた?

17 Step – KARA

カラオケで歌うときは息切れ必須だけど、テンション上がること間違いなし。

18 Take Me – MISO

本人曰く“erratic”というジャンルらしいですが、この曲癖になるんですよね。BLACKPINKのLISAもライブで使ってましたよ!

19 100ways – Jackson Wang

GOT7としてはJYPに所属しながら、ソロ活動は「88rising」でって… そんなのアリ!? かっこよすぎますジャクソンさん。

20 Passionfruit – Yaeji

ドレイクの「Passionfruit」もいいけど、こっちのが好き。

21 NO – 박혜진 Park Hye Jin

中毒性あるサウンドが心地いい〜! 韓国を超え世界中のハウスシーンで注目の的です。

22 Reel – KINGMCK

2年前渋谷のクラブ「vision」でライブを見て鼻血出そうになりました。だってオールジャンルかっこいい曲しかかけないんですもん!

23 ART GANG MONEY – Reddy, Swervy

ビジュアル、リリック、スタイルすべてが刺激的! これで10代なのもまた驚き。

24 Bronco(feat.Bassagong, BLNK,Jayho, Jaedal of LEGIT GOONS) – CODE KUNST

またまた「AOMG」のアーティスト。帰り道にしっとりまったり聴くのが好きです。

25 now or never – CIFIKA, KHYO, Woo

むわ〜んとしたシピカの歌声から聞こえる英語と韓国語。Crushも関わってトラックもかなりいまっぽいし耳が気持ちくなる一曲。

26 Submarine – Hoody, Bronze

出たばかりのHoodyとBronzeの新曲。夏気分高まるな〜。

27 Paradise – INFINITE

2010年代前後のK-POP黄金期ど真ん中を駆け抜いた“ピニ”。サビの高音は何年経ってもグッとくる!

28 Communicate – ph-1, Hoody

彼は酒やお金といった言葉を使わず、肯定的なリリックで表現するラッパー。歌詞を全部理解してみたいな〜。

29 mama, see – Jclef

韓国R&B界の新星! ファーストアルバムが韓国大衆音楽賞のR&B・ソウル部門最優秀賞に輝いた実力派です。

30 A Long Dream 긴 꿈 – SE SO NEON

サイケデリックロック、ニューウェーブ、シンセポップなど様々な音楽に影響を受けたそう。独自のスタイルが完全に確立されています!

31 I’ll Be Back – 2PM

みんな大好き2PM。クランプが軍隊風でダンスだけ見るともうツボなんですが、ちゃんと曲を聴くとめちゃくちゃいいんですよ。さすがJ.Y.PARK。

32 Hot Summer – f(x)

女の子系のアイドルが多かった時代に、攻めた音楽とコンセプトでK-POP界を驚かせたf(x)の名曲。

33 Suger Free – T-ARA

イントロからチャラさ全開ですが、韓国歌謡ポンチャックのテイストを根底に感じられたり… T-ARAってやっぱり趣深い〜!

34 피카부 Peek-A-Boo – Red Velvet

サイコホラー風のストーリーに仕立てられているMVがジワリます。でもアイドルでこのコンセプトの曲をつくること、それを当たり前にリリースする表現の広さに実はいちばん度肝抜かれました。

35 ONE MORE NIGHT – YUNHWAY

どことなく90年代の香り漂うトラックにのせられたバースが心地よくて、一度聴いたらクセになります!

36 여름안에서 – DEUX

韓国のヒップホップはDeuxが原点!(たぶん)。懐メロ&夏の定番ソング。去年の夏にソウルのクラブでこれがかかったらみんなが大合唱してて鳥肌モンでした。

37 시작 – Gaho

自粛期間中はパク・セロイにたくさん救われました!

38 A BOY – G-DRAGON

実はフロー・ライダーが参加していたり… 彼のファーストアルバムは知る人ぞ知る名曲揃い!

39 september rain – Jinsang

ローファイの星がここにも! 韓国でいちばんお気に入りの癒しソングです。