ナウロマンティック
ナウロマンティック
GIRL HOUYHNHNMGirls Just Want To Have Fun!
2020.9.2 Wed

夏の風物詩はスマホでも。ガールフイナムが“架空のフェス”を開催します!

write_ GIRL HOUYHNHNM

夏の風物詩はスマホでも。ガールフイナムが“架空のフェス”を開催します!

例年この時期はフェスの余韻に浸っているはずが、フジロックに始まりサマソニ、スーパーソニックまでも中止に。
大好きなアーティストを目の前に生歌を聴く楽しさには変えられないけど、もしこんなフェスがあったら…と妄想してみるのはどう?

今回は編集部が実際に見たい・聴きたいアーティストを集めた“理想のフェス”をSpotifyにて開催します!
考えるのは自由だし、もしかしたら現実のフェス以上の楽しさを味わえるかも。

来年は無事開催されることを願いつついまはこのプレイリストで思い切り楽しんでください!

  

01 DOA – Rich Brian

ニューアルバム『1999』をリリースしたリッチ・ブライアンからスタート! 若き天才が会場を盛り上げてくれるはずです。

02 Swervin(feat.6ix9ine) – A Boogie Wit da Hoodie

どんなトラックも軽快に歌いこなす彼に、あのドレイクも夢中なんですって!

03 Pink + White – Frank Ocean

こうやって野外で合唱したくなりますよね?

04 Rainbow Bap – Jaden Smith

ジェイデン・スミスの穏やかな歌声がこの時期の気温にぴったりで、いつも聴きながら帰ってます。

05 Say That – Toro y Moi

フィジカルの経験には叶わないけど、ライブ音源聴くだけでも心持ち変わりますよね。カリフォルニアの砂漠トロナで収録したライブ映像と合わせて観るとより楽しめますよ!

06 Both Of Us – Jayda G

こういうポジティブでクラシックなハウスミュージックは、いまみたいな時世のときにすごく勇気づけられる。最高に気持ちいい!

07 Stereo Phonic – Green Assassin Dollar

日本が誇るビートメイカーの楽曲をフェスでも堪能したい〜。

08 You Sad – Tkay Maidza

個人的なこの夏のキラーチューン。ファッションやヘアメイクもかわいいのでステージ近くで見れる日を楽しみにしてます。

09 Love$ick(feat.A$AP Rocky) – Mura Masa

ポップスでも穏やかな気持ちになるのは、エイサップ・ロッキーのラップとエモーショナルな音のコラボが最強だから♡

10 ONE LAST TIME(Prod.AmPm) – eill

AmPmをプロデューサーに迎えたダンスチューン。歌詞が全部英語なのもかっこいい!

11 Your Girl – Mariha Carey

超気持ちいい高音の伸びを野外フェスで拝聴させてください!

12 Need it – KAYTRANADA, Masego

ケイトラナダの神秘的なトラックとマセーゴのラテン感じる歌声って意外にも相性抜群。

13 Something To Remember Me By – The Horrors

日本語をジャケに用いたアルバム『ヴィ』のなかの代表的な。NTsKiちゃんのインタビューで話題に出てからまた聴き込んでいます。

14 Strongboi – strongboi

すぐトップレスになっちゃったり、最近は急に坊主にしたり、いろいろ忙しいアリス フィビー ルーのサイドプロジェクト。ビール片手にトリップできます。

15 The Club – HINDS

自由奔放、飾り気がなくて自然体な彼女たちを見ていると元気でてきます。

16 ifeel – ((( ⚪︎ ))), FKJ

((( ⚪︎ )))、実はFKJの奥さま。個人的に極上の癒しソングです。この結婚式の動画も合わせてチェックしてください。

17 Old Age – Masego, SiR

「Age ain’t Nothin’ But A Number〜」名フレーズが印象的な一曲。イントロから気持ちいい。みんなで盛り上がりたいな。

18 ぼくらが光っていられない夜に – サニーデイ・サービス

ニューアルバムのタイトルは『いいね!』です。とりあえずこの曲で、いいね! を体感してください。

19 Step Into My Life – Jessie Ware

フェスの醍醐味はまだ訪日してないアーティストを観れること! MVのダンサーがめちゃかわいいので一緒に来てほしいなぁ。

20 Runaway – AURORA

大自然の中でこの曲を聞けたら絶対に気持ちいい!

21 Hit the Back – King Princess

大好きすぎてフェスでもなんでもどこでもいいからとにかく来日してほしい! むせび泣きながら踊らさせていただきます。

22 Live to Tell – Madonna

87年の来日ライブが神聖で染みるほどいい…。あまり知られてない一曲ですが『ロンリー・ブラッド』って当時のマドンナの旦那さん主演の映画主題歌でもあったそうですよ。

23 WAP(feat.Megan Thee Stallion) – Cardi B

ずっしりした重低音がイカしてる〜! ていうか、MVカイリー・ジェンナー出てるんですけど…!

24 xXXi_wud_nvrstøp_ÜXXx – 100gecs, Dylan Brandy, Laura Les

去年の妄想フェスに引き続き今年も呼んじゃいました、トミー・キャッシュ❤️ とにかく多種多様な電子音をパロディ化したような100 gecsのコミカルなサウンドも超ツボです。

25 Perfect – Logic

このアルバムを最後にロジックが引退。寂しい! 生でライブを見る夢は叶わないけど、この作品をひたすら聴き込みます!

26 Where’s Your Head At(Stanton Warriors Dub) – Basement Jaxx

クラブにもなかなか行けないとなると、こういう強めのダブステップが恋しくなりません?

27 Midnight Cowboy – Modern Heaven

唐突ですみませんが、Connanの妹がこの曲に感化されてなんかお店をやるときは『Midnight Cowboy』って名前にしたいんだそう。かわいいですよね。

28 100 – SuperM

K-POP界のアベンジャーズ的存在のSuperM。最近“カムバ”したのですがその新曲がかっこよすぎて… 本当に早く国境を越えさせてと願うばかり。

29 Tap In – Saweetie

見た目もラップも刺激強め! いま注目すべきフィメールラッパーのひとりです。

30 日出東方 唯我不敗 – Tzusing

東洋のエッセンスを仕込んだテクノは唯一無二で、この曲を初めて聴いたときの衝撃は忘れられません!

31 try this shoot – globe

ブチ上がり⤴️ ユーロビートが色濃いTKサウンドでもこんなにぶっ飛びレイブのものがあるんですよ! KEIKOが楽しそうなライブ映像も合わせてどうぞ。

32 HOMEGIRL – Leven Kali

いい曲がいっぱいあるレヴィン・カリこそフェスで見たいアーティストの大本命。意外と知られてない? この曲はなにげに後年に残るアンセムな予感⁉︎

33 BUDS MONTAGE – 舐達麻, BADSAIKUSH, DELTA9KID, GPLANTS

新曲もかなり刺さりました…涙。野外で聴けたら泣いてしまう自信ある。

34 Darlin’ – 仙人掌, JJJ

仙人掌さんのリリックってその様子が目に浮かぶというか、人間味に溢れていて自然と涙が出てしまうんですよね。

35 Too Late – TaeyoungBoy

最近“TAEYO”に改名し、メジャーデビューを果たしましたね! 音楽だけじゃなくファッション界からも熱視線を注がれる彼の今後にも注目です。

36 Water Run Dry – 24kGoldn, Chelsea Collins

野外でゆったり踊って、幸せに包まれたい!

37 The Adults Are Talking – The Strokes

待ってましたー! 7年ぶりとなる新作アルバムからはこちらの曲を。バンドの結束力を感じました。

38 Hurt Feelings – Mac Miller

生で見たかったアーティストとして真っ先に浮かぶのはやっぱり彼です。どのアルバムも傑作ですが、みなさんのお気に入りは?

39 The Motto – Drake, Lil Wayne

あのビリー・アイリッシュも影響を受けたドレイクの『The Motto』。歌い出しで失神してしまいそうなくらいかっこいい!

40 みんなの夏 – FNCY

今年も「夏」な曲いっぱい出ましたが、FNCYはやっぱりハズせないですね。フェスでも盛り上がりそう。

41 B&C – 宇多田ヒカル

1stアルバムから隠れた名曲を。私的ヘッドライナーとしてヒカル先輩を推させていただきます!

42 サマータイム!! – MINMI

一生ついていきたい歌姫MINMIの最高すぎる夏ソング。サビでタオルをグルグルしたい!

43 HENTAI GANG – ゆるふわギャング

この夏は海外旅行も行けないし、精神世界の旅に出てみる? それならインドで制作したというYurufuwa Gangの新譜がもってこいです。