20211020 MASHIRO
20211020 MASHIRO
GIRL HOUYHNHNMGirls Just Want To Have Fun!
小関裕太も参加! 12人の監督が紡ぐ、12の物語。
小関裕太も参加! 12人の監督が紡ぐ、12の物語。

Dig up! him & her. #5

小関裕太も参加!
12人の監督が紡ぐ、12の物語。

2021.10.08

「12人のクリエイターとともに、COVID-19をひっくり返したい!」
そんな想いから生まれたのが『DIVOC-12』というプロジェクト。12人の監督が集まり、12
の物語を紡ぐ。それぞれに与えられた10分間で、なにを、どう表現したのでしょうか? そ
のなかでも今回は『ユメミの半生』に出演した小関裕太さんへインタビュー!
数年前から熱望していたという上田慎一郎監督との初セッションを、
彼らしいおだやかな口調で語ってくれました。

Photo_Ryohei Ambo
Styling_Satoshi Yoshimoto

オムニバス作品ならではの楽しみ方を。

ーまず、今回のお話を聞いたときの率直な感想や印象を教えてください。
あの上田監督とご一緒できるんだ! と思いましたね。というのも、映画『カメラを止めるな!』を観たときにとても衝撃を受けて。その印象がいまでも強く残っています。
ーなるほど! 確かに、当時の人気はすごかったですよね。
あれだけクチコミで広がっていく作品ってなかなかないですし、それだけひとの心を惹きつけるものがあったのだと思います! 本当の意味でおもしろい作品というか…。もちろんぼくも心を掴まれたひとりです。
ーその頃から上田監督に惹かれていたんですね。
はい。だから今回、一緒に作品づくりできることがうれしくて。上田監督のクリエイティブに触れられる! と撮影前からワクワクしていました。
ー『DIVOC-12』というプロジェクトについてはいかがですか?
コロナに立ち向かう姿勢はもちろん、自分たちの作品を通して日本を明るくしようとする想いに、すごく共感しました。プロジェクト名でもある「DIVOC」は「COVID」を反対に並べた言葉になっていて、クリエイターとともにコロナをひっくり返したいという気持ちからできたというのも素敵ですよね。
ーそれでは、出演された『ユメミの半生』について教えてください。
松本穂香さん演じるユメミが、映画館に来た少年に自分の半生を話すことで物語が進んでいく作品になっています。彼女の回想とともに映像がコミカルに変わっていくので、一度みたら忘れられなくなると思います(笑)。
ー小関さんが演じるテツオ。回想シーンに登場するユメミのボーイフレンド役ですが、演じる際に意識したポイントはありますか?
いろんな視点や考え方があると思うのですが、ぼくが注目したのはユメミの話を聞いている中学生の男の子。ユメミが語り手として進んでいくお話だけど、もしかしたらその子の理想の姿がテツオなんじゃないか? なんて想像したり。そんな意味合いがあってもおもしろいんじゃないかなと思って演じていましたね。
ーユメミ役の松本穂香さんとはこれまでも何度か共演されていましたよね?
そうですね。以前も共演したことがあったのでとても話しやすかったです。『ユメミの半生』は原作のない作品なので、お互いどんなテンションで演じていくか、回想のお話だからすこしコミカルな雰囲気がいいのかなとか。シーンごとに意見を出し合いながら作品づくりができたと思います。
ー国内の映画撮影に使用されたのは初という、バーチャルプロダクション技術を体験してみていかがでしたか?
グリーンバックやCGとは違い、後ろにハッキリと映像が映るので役者としては作品に入り込みやすいなと思いました。実際に見えることで、演者同士の共通認識も取りやすいのではないかなと。映画のなかに自分が入っているかのような感覚で、撮影中も楽しかったですね!
ー短編映画に出演する際に意識することはありますか?
基本的には普段の映画作品と変わらずで、特別意識することはなかったですね。短期の撮影期間中も急ぐことなく、いい作品をつくるために全力を尽くしました。
ー撮影中、印象に残っていたことはありますか?
声だけを映像にあてた、いわゆるアテレコのシーンがあって。これ実は上田監督のジャストアイデアなんです。演技をしているときよりも、声だけで録音している方がややオーバーな感じが出るんですよね。実際に完成した映像を観たら、海外映画の吹き替えのような仕上がりになっていました。
ー実際に上田監督の作品に出演してみていかがでしたか?
やっぱり発想がユニークで、一緒にいるだけで楽しかったですね。勉強になることも多いし、ぼくたち演者の意見も取り入れつつ上田監督の色を足してくれるというか…。話合っていくことでどんどん素敵な映像になっていくんです!
ー最後に、ガールフイナム読者へメッセージをお願いします!
12人の監督が手がけた、12の物語が一気に観られる貴重な機会。さまざまな視点から描かれる作品からは、それぞれ異なる楽しさを感じるはず! 監督や出演者の熱いエネルギーが詰まった映像をぜひ真正面から受け取ってみてください。そうすればきっと、前へ踏み出したくなる気持ちがグッと強くなると思います。

Credit 〈ウィーウィル〉ジャケット ¥93,500、カットソー ¥17,600、パンツ ¥53,900(すべてウィーウィル 03-6264-4445)、その他スタイリスト私物

INFORMATION

『DIVOC-12』

監督:藤井道人 上田慎一郎 三島有紀子 志自岐希生 林田浩川 ふくだみゆき 中元雄 山嵜晋平 齋藤栄美 廣賢一郎 エバンズ未夜子 加藤拓人 出演:横浜流星 松本穂香 小関裕太 富司純子 藤原季節 石橋静河 小野翔平 窪塚洋介 安藤ニコ おーちゃん 清野菜名 高橋文哉 蒔田彩珠 中村守里 中村ゆり 髙田万作 笠松将 小川紗良 横田真悠 前田敦子 製作・配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 公開日:公開中 © 2021 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved. 公式サイト

PROFILE

小関裕太

1995年生まれ、東京都出身。子役としての活動を経て、ドラマや映画、舞台などで活躍。情報バラエティ番組『王様のブランチ』ではレギュラーメンバーとして出演中。 Instagram @yuta_koseki_68 @kotobanoamarinaitokoro

【小関裕太さんサイン入りチェキを1名様にプレゼント!】

応募方法

Instagramでの該当投稿をいいね! ②お名前フルネーム、「小関裕太チェキプレゼント」と明記のうえ、DMをお願いします。 •当選者の方にのみDMでご連絡いたします。 ※応募締切は10月15日(金)まで