ナウロマンティック
ナウロマンティック
GIRL HOUYHNHNMGirls Just Want To Have Fun!
太田莉菜に聞く! 配信サービスで楽しむ海外ドラマ。
太田莉菜に聞く! 配信サービスで楽しむ海外ドラマ。

Foreign drama freak!

太田莉菜に聞く! 配信サービスで楽しむ海外ドラマ。

2019.01.18

次から次へと配信される海外ドラマ。
シーズンが進んでいくと、
もう何から手をつけていいのやらさっぱり…。
そんな人のために、好きな作品を語り出したらとまらない!
という海外ドラマ好きの太田莉菜さんに
おすすめ作品についてお伺いしました。
莉菜さんが太鼓判を押すイッキ観しちゃうこと間違いなしの作品と
ガールフイナム編集部員の偏愛作品をご紹介。

太田莉菜さんリコメンド!
イッキ観したい海外ドラマ3選。

海外ドラマは配信サービス一択! と言い切る莉菜さんが選んだのは、全て現在Netflixで配信中の作品。少し変わったSFものから正統派サスペンスまで、バラエティ豊かな3作品がラインラップ。

01 『私立探偵ダーク・ジェントリー』

「イライジャ・ウッドが演じる冴えない主人公(このありきたりな設定もいい)と意味不明な自称探偵とのすっとこどっこいSF系ドラマ。多すぎる謎の設定とキャラクターのせいで、初めて観た翌日の朝は”あれ、もしかして夢だった?”って思ったくらいカオスです(笑)。もうついていけない感満載な展開から始まるんだけど、それなのにしっかりまとまっているから中毒性がすごい。なんかよくわからないけど、とりあえず次のエピソード観てみようかなっていうのを繰り返しているうちにイッキ観していました。本当に大好きな作品! 観てほしいです」

Netflixオリジナルシリーズ

『私立探偵ダーク・ジェントリー』

これまでの探偵像を覆す風変わりな私立探偵ダークと、図らずもその助手となったトッドが、複雑に絡み合った不思議な謎に挑む。
出演:イライジャ・ウッド、サミュエル・パーネット他
脚本:マックス・ランディス
シーズン1〜2独占配信中

02『ピーキー・ブラインダーズ』

「イギリスはバーミンガムに実在したギャングの話なんですが、ギャングと聞いて血や汗が溢れるだけのただの野郎ものと思うことなかれ。人情味あるキャラクターとストーリー展開でみるみるうちにその魅力にとりつかれてしまいます。とにかくロクでもない野郎はたくさん出てくるけど、見た目から入ると、ファッションが本当に格好よくて、これを観た後は女性の私でも真似したくなる。そして、少数ながら出演している女性陣もまた素敵。特にポリー叔母さん。時代背景の再現もすごくて観入ってしまいますね。主演のキリアン・マーフィーは元々ファンだったけど、このシリーズを観て完全にノックアウトされちゃいました!」

『ピーキー・ブラインダーズ』

第一次大戦後の英国を舞台に、街を牛耳る凶暴なギャングと、ギャング一掃のため北アイルランドから送り込まれた警部キャンベルの戦いを描く重厚なドラマ。
出演:キリアン・マーフィー、サム・ニール、ヘレン・マックロリー他
原作・制作:スティーヴン・ナイト
Netflixにてシーズン1〜4配信中

03『秘密の森』

「ぺ・ドゥナがとても好きでして、彼女が出ている『センス8』もおすすめなんだけど、韓流ドラマ=キラキラ or ドロドロ系(嫌いではない)みたいな固定概念を覆す意味で素晴らしく、大変おもしろかったのがこの作品。映画のような丁寧な作りと展開をドラマで表現し、存分に楽しませてくれます。主演2人のお芝居の絡みがとてもよく、サスペンスものだけど観終わるのが寂しかった。登場人物の多さと複雑な絡み合い、ストーリーを頭に入れるための冒頭部分を乗り越えればぐぅっと中に入り込めます。シーズン2も作る予定みたいなので、嬉しい」

Netflixオリジナルシリーズ

『秘密の森』

頭は切れるが冷徹な検察官と、破天荒な女性刑事。正反対の2人が追うのは、ある殺人事件の真相。だが彼らの前に、組織内部に横行する深刻な不正が立ちはだかる。
出演:チョ・スンウ、ぺ・ドゥナ、イ・ジュンヒョク他
原作・制作:イ・スヨン、アン・ギルホ
独占配信中

太田莉菜さんの海外ドラマ熱はいかほど? 気になるQ & A。

すごく熱量のある素敵なおすすめコメントをもらって、思わず聞きたくなったのが海外ドラマにハマったきっかけや楽しみ方。気になるあれやこれやを莉菜さんにインタビュー!

Netflixオリジナルシリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン1〜2独占配信中

親にバレないように『セックス・アンド・ザ・シティ』をこっそりレンタルしてました(笑)。

―海外ドラマにハマり出したのはいつ頃ですか?
もともと海外ドラマは好きでしたが、本格的にたくさん観るようになったのは結構最近なんです。
―きっかけはなんだったのでしょうか?
いま海外ドラマはもう配信サービスでしか観ていないから、Netflixに加入したのがいちばんのきっかけですね。
―もともと好きだったとのことですが、過去に観た作品で印象に残っているものってありますか?
たぶん初めて海外ドラマを観たのが小学生の頃、テレビで放送していた『Xファイル』や『フルハウス』だと思います。この頃から海外のドラマは好きだったのですが、最初にめちゃくちゃハマったのは『セックス・アンド・ザ・シティ』。こっそりレンタルして、観始めたのがきっかけです。
―こっそりなんですね(笑)。
全然こっそりする必要はないんだけど、やっぱり名前が強烈で、当時は親にバレたら怒られるのかなと思ってました(笑)。

Netflixオリジナルシリーズ『ブラック・ミラー』シーズン1〜4独占配信中

最近のドラマは本当に秀逸!

―新旧問わず、いちばん好きな作品は?
うーん、難しい! 少し前の作品だと、やっぱり『セックス・アンド・ザ・シティ』かな。当時はまだ子どもだからよくわからなかったことや時代の違い、ファッション面などいま観たら新鮮で共感できて笑えるんですよね。30分もかからず観られるお手軽さもいい。でも、いま制作されているドラマも本当に秀逸で、捨てがたいっ!
―例えばどの作品ですか?
『ストレンジャー・シングス』は毎夜の楽しみとして娘と一緒にお菓子とジュースをセットにして観ていました。まるで海外版星新一全集のような『ブラック・ミラー』も一話完結のSF作品としておもしろいですね。あと、『アメリカン・ホラー・ストーリー』はドラマ作りの新鮮さを感じる! 同じキャストをシーズン毎に設定やキャラクターを変えつつ登場させるのは新しい手法だなって。往年の大女優ジェシカ・ラングやこのドラマでとても好きになったサラ・ポールソン、クロエ・セヴィニーなどの芸達者で魅力的なキャストもポイント。

『アメリカン・ホラー・ストーリー』Netflixにて配信中

―莉菜さんの自分だけのこだわりや、海外ドラマの楽しみ方などはありますか?
子どもと観られるものは、天気が悪い日や休日、次の日が休みの夜などに部屋を映画館みたいに少し特別にセットして楽しみながら観ることも多いです。それ以外は特別なこだわりはないけど、初回は字幕、2回目は吹き替えにしてどちらも観ることも!

PROFILE

太田莉菜

1988年生まれ。2001年にモデルとしてデビューし、数々のファッション誌で活躍。2004年にはスクリーンデビューし、以降は映画、テレビドラマ、舞台など女優としても活動の場を広げる。

まだまだある!? 編集部がおすすめする海外ドラマ。

編集部にも莉菜さんに負けないくらい海外ドラマ好きがチラホラ。「選びきれなーい!」と議論しながらセレクトした編集部員の偏愛作品はこちら。

Netflixオリジナルシリーズ

『エリート』

こんな人におすすめ!

日常にスリルと刺激を求めている人

Netflixオリジナルシリーズ

『エリート』

ティーン向けの学園ドラマかと思いきや、かなり過激で10代が観てもいいのか!? と思ってしまうほど(念のため、R-15です)。初スペインドラマだったけど、個人的には女の子たちの脱ぎっぷりに脱帽。さすがスペイン!(なのかはさておき、すっごくいい身体で女性が見ても眼福♡) 金持ちが集まるエリート高校で殺人事件が起き、その犯人と動機を解き明かしていくというストーリーは『ゴシップガール』と『13の理由』を足したような感じ。そこに同性愛や宗教など社会的な課題も入れ込み、かなり濃い内容になってます。生徒が警察に事情聴取をされている現在と殺人事件が起きるまでの過去という2つの時間軸で進んでいき、観ている人をぐっと引き込むプロットはお見事!

独占配信中

こんな人におすすめ!

日常にスリルと刺激を求めている人

Netflixオリジナルシリーズ

『Sick Note 〜診断書で人生復活?!〜』

こんな人におすすめ!

自分なんてダメ人間だと自己嫌悪に陥っている人

Netflixオリジナルシリーズ

『Sick Note 〜診断書で人生復活?!〜』

『ハリー・ポッター』シリーズでロン役だったルパート・グリントが嘘つきまくりのどうしようもないダメ男として主演しています。役とわかっていながら、昔はあんなにかわいかったのに…となぜだか胸が痛くなるくらいのダメっぷり。グリントが誤って医者にガンと診断されたことが発端で、彼を取り巻く状況が転がるように悪い方向(ある意味、いい方向?)にいっちゃうんだけど、その診断をした医者もポンコツで。こんなダメなやつばかりが集合したドラマ、観たことない! でも、観ているうちにこのダメ具合がクセになっちゃう。そして、あぁ私ってまともな人間なんだわと安心感さえ覚える(笑)。UKブラックコメディ恐ろしや。1話が20分程度という短さも魅力!

シーズン1〜2独占配信中

こんな人におすすめ!

自分なんてダメ人間だと自己嫌悪に陥っている人

『ブルックリン・ナイン-ナイン』

こんな人におすすめ!

忙しい毎日を過ごし肩の力を抜きたい人

『ブルックリン・ナイン-ナイン』

これずっと観れます。もちろん作品自体をちゃんと知って欲しいけど、BGVのように何か作業するとき、長風呂するとき、器用な人なら読書をするときのお供にしてもいいくらい心地よく観れます。本国では地上波のFOXテレビで放送されたシットコムの代表格。日本でももうシーズン4まで配信された大作ですが、いまから観始めようと思ってる人でもまったく問題ないです。すぐに追いつけます。だって警察ものなのに個々のキャラが強すぎてシリアスなムードゼロだし、サザエさん方式に話が展開するスタイルで気負いせずスイスイ進む系だから。そういう脱力的チルを与えてくれるので、どんなに疲れた日でも家に帰ったらとりあえず観ちゃうくらい、かなりの中毒性と依存性を秘めています。

シーズン1〜4 Netflixにて配信中

こんな人におすすめ!

忙しい毎日を過ごし肩の力を抜きたい人

Netflixオリジナルシリーズ

『デリー・ガールズ~アイルランド青春物語~』

こんな人におすすめ!

上京を夢見る人、うまくいかない現実をどうにかしたい人

Netflixオリジナルシリーズ

『デリー・ガールズ~アイルランド青春物語~』

毎回笑ってしまうのが主人公エリンの豊かすぎる表情。ザキヤマとまで例えちゃうと言い過ぎかもしれませんが、その顔で話すような迫力は笑えるし明るい気持ちになれます。これは北アイルランドのロンドンデリーにいる女子高生の話。90年代、紛争が続く地域でいつ爆破テロや事件に巻き込まれてもおかしくない暗い状況のなかで、不満を抱えながらも屈することなくティーンライフを楽しもうとする。そんな破天荒ガールズの言動は控えめに言って最高だし、それが1話約20分のなかで展開されるテンポの良さも◎ マインドは渋谷のコギャル。やっぱ女子はどの時代でもどんな世界でもたくましくておもしろい~。

独占配信中

こんな人におすすめ!

上京を夢見る人、うまくいかない現実をどうにかしたい人

Netflixオリジナルシリーズ

『ブラック・ミラー』

こんな人におすすめ!

ディストピアに興味深々な人

Netflixオリジナルシリーズ

『ブラック・ミラー』

2015年のシーズン3からNetflixが制作し、現代社会へのダークな風刺をテーマにしているSFドラマ。いやはや、いまこれを観ずしてなにを観る! やっぱり急速に発展したテクノロジーはいい面だけじゃないんです。どこかに必ず闇が潜んでいる。そしてそれが今日や明日にでも起こりうることだから余計にリアルで怖いのです。ちなみに1話ごとに監督、出演者が異なるオムニバス形式なので、第69回エミー賞を受賞した『サン・ジュニペロ』という電脳世界について描かれたストーリーが特に必見です。これは科学に対しての皮肉を含んでない唯一の話だと言われてますが、かと言って明るい未来の話とも言い切れない気が…。観終わると必ず誰かと話したくなります。

シーズン1〜4独占配信中

こんな人におすすめ!

ディストピアに興味深々な人

視聴者参加型の新感覚映画『ブラック・ミラー:バンダースナッチ』はもう試した!?

『ブラック・ミラー』の映画版として昨年末に配信スタートしてから、大きな話題を呼んでいるこちらの作品。なんと視聴者が主人公の行動を選択できちゃうんです。つまり、その選択肢によってストーリー展開はもちろんエンディングさえも変わってしまうということ。まさに配信サービスならでは。こんな革新的な映像作品を体験しないなんてもったいない!

ハマる人が続出している5つのワケ。

Netfflixオリジナル映画 独占配信中

ハマる人が続出している5つのワケ。

1.選択時間は10秒だけ! かなりの決断力が試される。

朝食から移動中に聞く音楽まで選択肢はさまざま。ひとつの選択ミスがとんでもない結果になることも。

2.メインとなるエンディングはなんと5種類!? ゲームの攻略に似た感覚で視聴できる。

気に入らないエンディングならやり直せるなんてゲームのよう! ちなみに、こちらの海外サイトに全ストーリー展開のチャートが掲載されています。

3.なかなか発見できない隠れた裏ルートがある可能性も。

イギリスのNetflix公式Twitterで突然それを示唆する投稿がされています。

4.主人公が視聴者である私たちの存在に気づく瞬間が!

ストーリーが進んでいくと主人公が「誰かに操られているように感じる」とつぶやくシーンがあるんです。まるで自分が作品の一部になったようで興奮します。

5.『ブラック・ミラー』ファンにはたまらない小ネタが散りばめられいる。

メタルヘッドやノーズタイプなど過去作品のタイトル、その他小ネタが随所に! いくつ発見できた?