GIRL HOUYHNHNMGirls Just Want To Have Fun!
編集部員が真っ先に手に入れたい、2018年秋冬シーズンの新作。
編集部員が真っ先に手に入れたい、2018年秋冬シーズンの新作。

FANTASTIC FOUR

編集部員が真っ先に手に入れたい、2018年秋冬シーズンの新作。

2018.08.15

編集部員が本当に欲しいモノをご紹介する連載企画『FANTASTIC FOUR』。
つい先日公開されたばかりの7月分に続き、早くも8月分をアップ!
今月からは、毎週2人がアイテムリストを紹介していくことにしました。
そんな8月のテーマは、“2018年秋冬シーズンの新作”。
Tシャツですら脱ぎ捨てたくなるほどの猛暑ですが、ファッションの世界はすでに秋冬気分なのです!

SELECTOR
  • Rachel2018.8.15 Up

  • Ami2018.8.15 Up

  • Tatty2018.8.8 Up

  • Connan2018.8.8 Up

  • Miami2018.8.22 Up

  • Olga2018.8.22 Up

  • Mikey2018.8.29 Up

  • Aileen2018.8.29 Up

SELECT BYRachel

個人的に目新しいトレンドは難易度が高いなぁという印象の今シーズン。
最初から飛ばして失敗するよりは、外さないアイテムから買い揃えていこうかな〜と珍しく石橋を叩き気味です。
単に暑すぎて脳が追いついてないだけだったりして!?
  • TOGA PULLA ✕ Wrangler

    トーガ プルラ ✕ ラングラーの3WAYアウター

    展示会で絶叫(かわいくて)。

    先日アップしたヴィンテージデニムの記事でも触れましたが、アメリカのデニムって大衆の「カウボーイへの憧れ」によって飛躍的に発展したんですよね。それを踏まえて考えると、今回の〈TOGA PULLA(トーガ プルラ)〉と〈ラングラー(Wrangler)〉とのコラボはまさに運命的。ウエスタンの名のもとに巡り合った2ブランドが生んだスペシャルな1着なんです。あまりにツボで、展示会で発見するやいなや「かわいい」を連呼しつつ何回も試着を繰り返しまくり。ボルテージの上がり具合は自分でも引くくらいでした。ちなみに私のようなめんどくさがり屋は2WAY、3WAYを謳うアイテムも1WAYでしか使わないことがほとんどですが、これはボアジージャン自体のデザインに魅力がありすぎるので、ちゃんと取り外して単体使いしそう。

    コート ¥88,000+TAX(9月下旬発売予定)

    TOGA 原宿店

    03-6419-8136

  • KURO CHARLIE MAY

    クロ チャーリー メイのニット

    麺類は食べられないけれど。

    こちらも展示会で見つけたコラボレーションブランド、〈クロ チャーリー メイ(KURO CHARLIE MAY)〉のアイテム。メイド・イン・ジャパンデニムの代表格〈クロ(KURO)〉と、ロンドン出身のデザイナー〈チャーリー メイ(CHARLIE MAY)〉が出会い、昨年から始まった取り組み。デニムも素敵だったのですが、私が惚れたのがこの袖口にスリットが入ったオーバーニット。もはや「萌え袖」なんてくだらない名前では呼ばせない、指先まで隠れるほどのボリューム感が魅力です。ニット自体がゆるいから、腕まくりしてもきっと落ちてきちゃうはず。三度の飯より麺類が好きな私には厳しい食事タイムになりそうですが、「ごはん<おしゃれ」の精神で着倒したいと思います。

    ニット ¥30,000+TAX

    KURO GINZA

    03-6274-6257

  • Nobuko Ito ✕ Urvin

    Stylist伊藤信子✕アーヴィンのデニム

    たまにはきれいな私で。

    ふと気づけばクローゼットの中はスキニー以外、デニムは全部古着になっていました。もちろん満足しているんですけど、TPO的にどうしても無理な瞬間も出てくる年齢になっているのも事実。そんなときにインスタでスタイリストの伊藤信子さんが〈Urvin(アーヴィン)〉とコラボするというニュースを発見! リジッドとブラックの2色展開で、ストレートシルエットと幅広めの折り返しが特徴的。30代がはくべきデニムを体現した1本です。このデニムを使って伊藤さんが作ったzineがあるのですが、そのスタイリングもかわいくて。「ふむふむ。折り返すとこんなバランスで、下ろすとこうなるのね」って参考になります。直営店と一部ポップアップショップに置くらしいので、絶対GETするのを激しくおすすめします。

    デニム 各¥15,000+TAX(10月上旬発売)

    アーヴィン

    www.urvindenim.com

  • NIKE SPORTSWEAR

    ナイキ スポーツウェアのEXP-X14

    久々にタイツを履きたい秋。

    ここ数年、秋はパンツばかりであまりスカートをはかなかったのですが、久しぶりに再燃の予感。足元はぱきっとした色のソックスやタイツにスニーカーを合わせたいなぁ、でも今更ダッドスニーカーもやだなぁと悩んでいた矢先に〈ナイキ(NIKE)〉のアプリ「SNKRS」で見つけたのがこちら。ソールもリアクトだし、一瞬「パフォーマンス系?」と見間違えるデザインですが、れっきとしたライフスタイルモデルなんです。動きやすさを重視する日は、たまに普通の格好にパフォーマンスモデルを履いて周りに嫌がれるのですが、これなら文句は言われないはず(笑)。くるぶしは見せずに、無地の白リブソックスやタイツを足してナードに仕上げるのが絶対かわい! 想像しただけでにやけてしまいます。

    スニーカー ¥12,000+TAX

    NIKE カスタマーサービス

    0120-6453-77

SELECT BYAmi

暑いとゴタゴタ言っているうちにあっという間に季節は秋。
スポーツ、食欲、読書の秋などと言われますが、私にとっては物欲の秋!
そろそろ彼氏もほしいし、モテを意識した洋服にシフトチェンジしてみようかな…。
  • EQUIPMENT

    エキップモンのブラウス

    女っぽさを手に入れる。

    見た瞬間に心を奪われたこの一着。私の好きな要素がてんこもりなんです。こなれ感のあるドット柄なこと。袖がボリューミーなパフになっていること。ざっくりと首元が開いてスッキリと見えるデザインになっていること。フロント部分にくるみボタンが付いていること…。他にももっと挙げられるんですが、この辺にしておきます。この〈エキップモン(EQUIPMENT)〉のブラウスは、ガーリーな雰囲気もありつつ、モードにも着られそうなデザインに一目惚れしました。いちばんの推しポイントは袖の美しいボリューム感なので、実際に着てこの袖のかわいさを確かめてほしい! たまには女らしい格好をしたいと思います。

    ブラウス ¥39,000+TAX

    サザビーリーグ

    03-5412-1937

  • STAIR

    ステアのスカート

    キルティングに夢中。

    新作アイテムを見ていると、今年もやっぱり多く目にしたのはキルティング素材。去年はなんとも思わなかったのに、今年はなんだか気になる素材のひとつです。いままでヘヴィーアウターはウールのコートしか着てこなかったんですけど、早々にキルティングのコートをオーダーしたくらい。ただ、全てのキルティング素材が気になるというわけではなく、女っぽさや上品さがあるものだけ。なんでそこが重要かというと、そろそろモテを意識していこうかなという訳です。このアイテムなら、プリーツスカートがベースにあるからカジュアルになりすぎず、きれいめに着られそう。ロンTに合わせても十分モテ服なんじゃないでしょうか!

    スカート ¥59,000+TAX

    リコドット

    03-5465-2077

  • BAUN UND PFERDGARTEN

    バウム ウンド ヘルガーテンのボトムス

    今年も気になるチェック柄。

    毎年この季節になると、店頭にはチェックアイテムが大放出されます。もう見飽きたよ、というくらい目にしますが、注目してしまいますよね。そのなかで目にとまったのは、トラディショナルな〈バウム ウンド ヘルガーテン(BAUN UND PFERDGARTEN)〉のパンツ。モテは意識したいけど、結局のところ世間一般で言われるようなモテ服には遠いアイテムも気になる。ま、トップスで女っぽくバランスを取ればいいか。と開き直ります(笑)。それにしても、ベージュにブルーラインの色合わせって、なんでこんなにもかわいいのでしょう。きっと、この組み合わせが好きなんでしょうね。スマホケースもベージュ×ブルーですし。

    パンツ ¥32,000+TAX

    UNIT&GUEST

    03-5725-1160

  • ALFEYA VALRINA

    アルフィヤ ヴァルリナのバッグ

    まだまだ続く、PVC。

    今年の春夏は街中でPVCアイテムをたくさん見ましたが、引き続き秋冬でもちらほら出現するようです。春夏はビビッドカラーのPVCが多く出ていたので、ちょっとテイストが合わず遠ざけていました。だけど、秋冬は落ち着いたカラーでラインナップされるので、私でも手に取りやすい。グレイッシュなピンクのバッグは、気をつけないと暗くなりがちな秋冬コーディネートに合わせやすいうえに、差し色にもなるし、何よりかわいらしい要素を取り入れられる万能アイテム! ピンクって女の子はみんな好きな色だし、モテを意識するうえで女っぽさを出すのに簡単に使える強い味方なんじゃないかと。あれ、私単純すぎます?

    バッグ ¥25,000+TAX

    シティショップ 青山店

    03-5778-3953

SELECT BYTatty

同じミスを繰り返すやつはバカだと言われ続けてきましたが、
こと展示会オーダーにおいては毎シーズン何かしらで後悔しています。
でも同じミスをするのって単にバカなのではなく、脳がうまく機能していないらしいですよ。
  • MAGLIANO

    マリアーノのカウボーイシャツ

    メンズも選択肢に。

    「ユナイテッドアローズ&サンズ」のポギーさんと「GR8」の久保さんも前に言っていたように、女性ってメンズブランドも着られるからずるいんです。その逆はなんとなく抵抗があるじゃないですか…。〈マリアーノ(MAGLIANO)〉は、世界最大級のメンズプレタポルテの展示会ピッティ・ウォモでショーを披露したこともあるバリバリのメンズブランドなんですが、女性が着てもいいんじゃなかろうかと思えるアイテムがチラホラありまして。この真ん丸シルエットの中綿入りカウボーイシャツなんて、華奢な女性にこそバフっと羽織っていただきたい一着。その証拠として、ルクア大阪の「isetan Closet」がウィメンズアイテムとして仕入れているらしいですよ!

    シャツ ¥80,000+TAX

    Diptrics

    03-5464-8736

  • CINOH

    チノのVネックニット

    学生時代に思いを馳せる。

    “ライン入りニット=学生”と結びつけるのは、高校卒業から15年経った現在も変わりません。スクールニットにしてもローファーにしても、当時は「校則だから」と渋々身につけていたものを、いまとなっては進んで欲しているから不思議なものです…。もちろんあれらをそのまま着るのは難しいんですけど、〈チノ(CINOH)〉のニットは“らしさ”を残しつつ、レザーポケットとセンタースリットでファッション的にアップデートされております。ゆるいサイジングも萌えポイント。母校の校則が厳しかったからか、〈ラルフローレン〉のニットをダボダボに着ている他校の女子が3割増しでかわいく見えたことを思い出しました。嗚呼、もう立派なおっさんですわ。

    ニット ¥67,000+TAX

    モールド

    03-6805-1449

    www.cinoh.jp

  • DIGAWEL

    ディガウェルのヘルメットバッグ

    完売目前!

    〈ディガウェル(DIGAWEL)〉が〈ポーター(PORTER)〉と共作したヘルメットバッグは、今年3月に行われたAmazon Fashion Week TOKYOで見たときから気になっていました。サイズ違いの3つをまとめ持ちしていた姿がとてつもなくかわいく。がしかし、今回ご紹介するに当たりリースに行ったところ、いちばん小さいSサイズ以外はすべて完売しているではないですか! もっとちゃんとチェックしておけばよかった…。でも、〈ポーター〉のヘルメットバッグではこのサイズの展開はないし、サコッシュのように使えてトレンド感もあるから、〈ディガウェル〉ならではという意味では最も的を得ている気がします。気になった方、至急お買い求めを!

    バッグ ¥22,000+TAX

    DIGAWEL 2

    03-6452-3220

    www.digawel.com

  • UNDERCOVER

    アンダーカバーのナイキ リアクト エレメント 87

    話題の一足がアンダーカバー仕様に。

    パリコレで発表された直後から、インスタグラムでかなり話題になっていた〈アンダーカバー(UNDERCOVER)〉の「ナイキ リアクト エレメント 87」。通常の「リアクト エレメント 87」と同じく、こちらも即完売することが予想されます。予想というか100%即完するので、発売される瞬間はPCの前に張り付くことがマストになります。で、特に気になっているこのイエローのカラーリング。ショーでモデルが着用していたものはソールが真っ赤で、展示会で見たものはブルーでした。どうやら前者はショー用のカラーとのことで、実際に販売されるのはこの写真の配色のようです! チェックしていたみなさま。発売は9月、ソールはブルーですよ!

    スニーカー ¥20,000+TAX(全4色展開)

    アンダーカバー

    03-3407-1232

    www.undercoverism.com

SELECT BYConnan

涼しい顔して何シーズン先の服をチェックすることが要される本職ですが、
自分のクローゼットを開いたら秋服ってかわいいのに何も持ってないな、と反省させられます。
それもこれも日本があまりにも暑いからです、もう暑すぎる!
  • ANOUKI

    アヌーキのニット

    トロンプルイユなキラキラ。

    先日公開した東欧ファッションをご紹介する記事に携わってからすっかりハマってしまい、新作もほぼチェックしました!さすがはデムナ・ヴァザリアの生まれ故郷。ただコレクションを眺めているだけでも楽しいです。その顔役が〈アヌーキ(ANOUKI)〉。元有名モデルだったアヌーキさん自身が手掛けることで注目度もかなり高かったんですが、シグネチャーでもあるこのキラキラスパンコールをどこに忍ばせているのか、というのもブランドの注目ポイントなんです。このスパンコールドレスの上からラフにニットを着てるかのような一着、ちょっとドキッとしません? ゆったりシルエットでもピンポイントでキラキラを施せば、急に色っぽくもなるんですね。

    ニット ¥89,000+TAX

    THE WALL SHOWROOM

    03-5774-4001

  • nn×THE FOUR-EYED

    中里周子×ザ・フォーアイドのガマグチジュエリー

    愛、夢、希望を詰め込んで。

    中里周子さんが手掛けるジュエリーブランド〈nn〉と、「THE FOUR-EYED」のコラボレーションアイテム。インスタグラムでこちらを発見した時、心の底から「欲しい! 」と思いました。例えるなら、おっとっと3個ぶんほどのサイズ感(小さいということです)のがま口をジュエリーにしてしまう、そのエポックメイキングな発明品へのときめきが止まりません。京都のがま口屋で特注するほど、形状や素材にこだわり抜いていることも踏まえると、使用用途をここで問う必要はなしです。だってジュエリーなんですから! しかもジュエリーって、元々はファッションとしてではなく呪術の際に装着されていたものらしく、そう聞くと、お守りを3つ身につけてるようでなんだか心強い気もします…!

    ガマグチジュエリー ¥24,800+TAX

    THE FOUR-EYED

    thefoureyed.net

  • BLESS

    ブレスのSMLXLパンツ

    芸術の秋にこそふさわしい一着。

    夏がものすごく長く秋がものすごく短いせいで、秋冬の“冬”物ばっかり買ってしまう、てんで計画性のない私。たとえ一瞬の訪れだとしても秋服を堪能したいのが本音です。〈ブレス(BLESS)〉のパンツは、そんな“秋”にこそ穿くアイテムのひとつ。トラッドなチェックなのに堅苦しくなく、シルエットは上品なので、なんで嫌味ったらしくならないのだろう…と思っていたら、このジップの遊びが! 4サイズ間を行き来できる“SMLXL”と銘打たれたこちらは、シルエットを自由に調節することができるみたいです。ちょっとストリートなムードも加わり、ロンTなんかと合わせてもかわいい気がしました。まだまだ猛暑が続きますが、着逃さないように工夫して穿きたいです。

    パンツ ¥96,000+TAX

    Diptrics

    03-5464-8736

  • STÜSSY

    ステューシーのハット

    気分は90sのスペーシーガール。

    このハットを見たら、宇多田ヒカルの『Movin’on without you』が頭の中に流れてしょーがないんですが、みなさんはどんな一曲が思い浮かびます? 私はとにかく、大きめのスウェットに大きめのフープピアスを合わせてとことん90sファッションに身を包もうと決めました。耐水性あるポリエチレン素材を採用しているんですが、このシルバーのカラーリングとメタリック加工の風合いが、また彼女のサイバーパンクな世界観にも似合ってしまうというわけなんです。もうそのMVのことしか考えてないのですが、最近、渋谷や原宿を歩いていると、どう見てもあの時代のファッションを意識してる若者をよく見かけます。私も彼らに喰らい付いていきたい所存で…。入れて入れて〜!

    ハット ¥7,800+TAX

    STÜSSY JAPAN

    0548-22-7366