20211020 MASHIRO
SAWTCH 1984
GIRL HOUYHNHNMGirls Just Want To Have Fun!
合言葉は“Not Just Cute”、BEAMS主催のガールズナイト「GIRL B Party」に潜入!
合言葉は“Not Just Cute”、BEAMS主催のガールズナイト「GIRL B Party」に潜入!

Party of the Girls, by the Girls for the Girls.

合言葉は“Not Just Cute”、
BEAMS主催のガールズナイト「GIRL B Party」に潜入!

2019.08.09

7月31日に〈ビームス(BEAMS)〉が開催した女子による女子のためのパーティ「GIRL B Party」。
かわいいだけじゃない、いまのユースカルチャーを代表する多彩なガールズクリエイターが
この一夜のために「ビームス ウィメン 原宿」に大集結しました。
イベントの詳細をご紹介したニュース記事でも告知していた通り、『ガールフイナム』編集部員も遊びに行ってきたので、
撮り溜めた盛りだくさんのスナップと合わせて当日の様子をレポートします!

Photo_Ryosuke Yuasa

「ビームス ウィメン 原宿」のウィンドウを飾る東京の“いま”。

原宿の人混みをかき分け辿り着いた会場でまず最初に目を惹いたのがTakako Noelさんによって撮り下ろされたこのイベントのためのメインビジュアル。 東京の“いま”を体現する3人のクリエイター水原佑果ちゃん、酒井いぶきちゃん、田中シェンちゃんが彩るショーウィンドウ、そしてその前では楽しそうにおしゃべりしているTakako Noelさんご本人と田中シェンちゃんを発見!  2人がお揃いで着ている「GIRL B Party」オリジナルのTシャツもお似合いです。

会場入り口まで続く大行列をたどるその先には…?

メインビジュアルに登場していた酒井いぶきちゃんはイベント当日も大活躍! その場で好きな言葉をテプラシールにしてくれるワークショップや、お手製のトートバッグにゲーム機を使ったキーチェーンが並ぶポップアップショップなど、どれもたくさんのひとで賑わってました。なかでも彼女がデザインした台紙でプリントできる証明写真機はいちばん人気で、これには大行列ができ、なんとその最後尾がお店の入り口に達してしまうほど! 

6人のラッキーガールが手に入れた一生の宝物。

抽選で6名だけが参加することができた、イラストレーターHONGAMAさんの似顔絵ワークショップは、編集部員も楽しみにしていたコンテンツのひとつ。 (とは言いつつ惜しくも抽選落ち(涙)。)本人を忠実に再現しながら、HONGAMAさんらしいコミカルなタッチで描かれる似顔絵は、彼女たちの一生の宝物になったはずです。 本当にうらやましい~! 当たったみなさま、おめでとうございます! 

lukaちゃんが写真家として撮影したものは?

モデル兼写真家として活躍するlukaちゃんが、MIRRRORのヴォーカルmeiちゃんの素顔を撮影した展示『The one cloudy day/low key night scene』もかなり大盛況でした! 写真を見るためにブース付近に人だかりができていたほど。レコードショップでレコードを選んでいるシーンやノートに歌詞を書いている場面なんかもあって、普段から仲良しな2人だからこそ撮影できた日常の1コマがたくさん切り取られていました。一夜限りしか見ることができないこともあって、混み合うなかじっくりと写真を楽しむひとの姿も!

あのMVのパフォーマンスも! 全員を魅了したMIRRRORのライブ。

盛りだくさんのコンテンツを自由に回っていた女の子たちも、MIRRRORのライブが始まった瞬間、引き寄せられるようにステージへと集合! 幻想的なビートと艶のあるラップは、その場にいた全員が思わず横に揺れてしまう気持ち良さでした。後ろにセットされたソファーを使い、1stシングル『U By My Side』のMV同様のパフォーマンスを披露すると、会場の熱気は最高潮に! 途中のマイクトラブルにもまったく動じず、笑顔で乗り切ってしまう2人の柔軟な雰囲気は、見ていてかな~り幸せな気持ちになりました。 平日にも関わらず最後まで熱が冷めなかった今回の「GIRL B Party」は、いま東京のユースカルチャーがどれだけ注目されているか再確認できた最高のイベントでした!  

INFORMATION

ビームス

www.beams.co.jp