GIRL HOUYHNHNMGirls Just Want To Have Fun!
2018.12.22 Sat

奥深きはちみつの世界。

write_ Tatty

category_ LIFE STYLE

奥深きはちみつの世界。
画像はPANYA ASHIYA TOKYOのホームページより。

 
衣食住。ぼくの場合それを比率で表すと、6:1:3くらい。食のプライオリティが圧倒的に低いです。

「吉野家」だっておいしいし「はなまるうどん」だっておいしいし「デニーズ」だっておいしい。なんなら、「今日の晩ご飯はマクドナルドだよ!」って言われても全然問題ありません。31歳の男として胸を張って言うことじゃないことくらいわかってるんですけど。

しかし、以前「ロンハーマン」の展示会で「PANYA ASHIYA TOKYO」のトーストをいただいたときは、なかなかの衝撃を受けました。ベタ極まりないですが、外はサクサク、なかはしっとり、バターの甘さが口中に広がる!的な。〈バルミューダ〉のトースターで焼いたそうなので、そのお力によるところもあるかとも思いつつ、帰りにお土産でいただいた1/2斤をトースターなんぞ無い我が家でそのまま食して、やっぱりそのおいしさに感動したわけです。

これが半年前のお話。なぜいまさらそんな前のことを掘り返したかというと、ついこの前「ヒカリエ」の地下でこちらを見つけまして。

画像はLABEILLEのホームページより。

 
はちみつ専門店「ラベイユ」の「トーストに合うはちみつギフト」です。食に疎すぎて、はちみつごとで味に差があるなんて考えたことすらありませんでしたけど、その場で試食したアーモンドの花から採れたはちみつはたしかにアーモンドの風味がしたし、コーヒーの花から採れたものにはあの酸味と苦みがあって、それぞれ色も舌触りも全然違いました。他にもりんごやら桜やらといろいろあったので、きっとどれも味が違うのでしょう。

そのなかで“トーストに合う”という条件で選抜されたのだから、「PANYA ASHIYA TOKYO」の食パンにかけて食べたらどんなにおいしいことか! とりあえず、上であんなにベタ褒めしながらまだ自分であそこの食パンを買ったことがないので、まずはそこから…。

以上、最初(で多分最後)の食ネタでした!