GIRL HOUYHNHNMGirls Just Want To Have Fun!

CHATTERBOX

我が家にはナイキのトレーナーがいるんです(声だけ)。

梅雨明けましたね〜! 太陽がギラギラ、夏が本番すぎてめちゃくちゃテンションがあがっています。ワクワク感に反比例して、気温の上昇とともに下がるのがおしゃれ欲。朝起きても「とにかく涼しい服しか着たくない。でもデブすぎて二の腕出せない」的な思考にしかならず、ほぼ毎日Tシャツ+ワイドパンツで出勤してます。飽きたなー、ノースリーブ着たいしそろそろちゃんと健康的にやせる努力をしなきゃなー、でも外暑いし運動するのきついなーと思っていたところ、ビッグニュースが。〈ナイキ〉のアプリ、NIKE+ TRAINING CLUBにヨガプログラムが加わったのです! ひゃっほう! 運動音痴の強い味方!

最近は帰宅後、キンキンに冷やした部屋でヨガのワークアウトをしたあとにお風呂に入るのにハマっています。そんなにいろんなポーズができないんですが、「がんばって」とか「ひざはまげても大丈夫」とかいいタイミングで音声ガイドがなぐさめてくるところが最高。泣ける。また目標に合わせて一週間のワークアウトを設定できるのですが、その計画を破ってもNTCは決して私を攻めないんですよ! 昨日やってないのに「この調子で続けていこう!」的な通知が届いて、いい意味ですごく罪悪感を覚えます。まるで彼の浮気を知りながら優しく労る本命彼女のよう。もうNTCアプリの手のひらで転がされまくりです。ちなみに私のいちばんのお気に入りはこちら。「エッセンシャル リストラティブ ヨガ」。





初心者にちょうどいいくらいのキツさとリラックス感。しかも15分という短さで平日向き! バスタイム後のビールも3倍くらいおいしくなって(いる気がし)ます!! 熱射病にもならないし、無料だし、なんたる神アプリ。ダウンロードしない意味がわからない、と布教活動をしまくっております。

そして先週末、実際にNIKE+ TRAINING CLUBのトレーナーさんたちとのワークアウトに参加してみました。アプリでだけはわからなかった「あぁ、ここを伸ばすのね」というポーズの細かいポイントがわかって感激。そして参加している人々のポーズの美しさにびっくり。ヨガ人気の高さを体感しました。





後半はトレーニングも体験。2人1組になっての動きやチーム戦もあり、1人参加なのにプログラム終了後は「みんな私の仲間だわ!」的な高揚感がありました。運動神経なくても人見知りでもこんなに気持ちいい時間が過ごせるなんて。普段は家でアプリと対面しつつ、たまにイベントに参加するのがいいかも。










ちなみに新しく登場したNIKE INDY LOGO BACK BRA(写真上の中央、白いタイプ)がかわいかったのでそちらもご報告。クロスストラップになったバックスタイルがいけてます。これ1枚だけでワークアウトできるきゃしゃな背中や二の腕がこの夏手に入るかは謎ですが、ヨガを習慣にしてから体調はすこぶるよくなった気がします。夏バテのお供にはNTCアプリですよ、みなさん!

待ってました! 夏の楽しみ2連発。

連日のロケで日焼けしまくり。すっかり夏休みの小学生のようになってしまってます。蒸し暑い日がつづいてホント勘弁って感じですが、今年もきました! 夏の風物詩Jazzy JeffとMickのSummertime Vol.8。毎年の夏の楽しみのひとつです。各方面のブログやらSNSやらで、みなさんこれのことアップしてますが、モブ・ディープとかJay-Zの曲も入ってるとか。ってことはけっこう最近に作った感じですかね。いつものようにオフィシャルサイトからダウンロードもできるのでこちらよりどーぞ。





あと、もうひとつ楽しみなのが、7/16(金)のKenny Dopeのジャパンツアー。去年のMasters At Workのツアーもすごいよかったけど、果たして今回は!? ”Anything Goes”ってタイトルのとおりファンクもソウルもハウスもヒップホップも全部ありありか? 大好きなGET ON DOWNが聴けるのか!?




去年のMAWのツアーで本人が掛けてるの初めて聴いて泣いた。

今年の夏もFight The Powerが鳴り響く

梅雨入りしたとはいえ、あまり雨も降らず暑い日が続きますね。

夏が近づいてくると決まって観たくなる映画が、スパイク・リーが監督を務めた映画 『Do the right thing』。

ガールフイナムを見ているかたなら知っているかと思いますが、ニューヨークで一番暑かった夏の日にブルックリンの黒人街のピザ屋で、白人と黒人が衝突する話。この映画のテーマ曲であるパブリックエナミーの「Fight the Power」にのせて、ストーリーが進んでいくのですが、まあとにかく暑い!(笑)汗ばんだ褐色の肌、歩いている道の砂埃、涼しい風は吹いてなさそうな扇風機など、どのシーンを切り取っても、映像から暑さが伝わってくる。そんななかでパブリックエナミーの「Fight the Power」が流れてくると、もう本当に暑すぎ。(笑)まだ夏本番ではないこの時期に、クーラーをかけながらタオルケットにくるまってこの映画をだらだらと観るのが好きです。

そんな『Do the right thing』といえば、印象的なのがこの青いジャケット。 去年の今頃に、このジャケットをパロってナッシュビルのプロデューサーチームGummy Soulの元メンバー、Amerigo Gazawayが「The Cool Out Corner」というミックスを公開しているのですが、とてもいいミックスで。




クールアンドザギャングのSummer Madnessから始まったと思えば、マービン・ゲイにエリカ・バドゥ。はたまた、スティーブ・ミラー・バンドまで。そして最近のアンダーソン・パックやジ・インターネットと新旧問わず盛りだくさん!

もちろん、Fight The Powerも。本当にうまいこと調理されているミックスで、さすがGummy Soul育ち! と思いながら、去年の夏はこれをひたすら聴いていました。なんかお腹いっぱいになりそうなラインナップとボリューム感と思いきや、さらーっと聴けてちょうどいいんですよね。今年もヘビロテしてます。あー、今年も夏が始まるなー! みなさんも是非!!

統一感。

友達に「面白いからやってみて!」と言われた“好きな顔を9人集める”をやってみました。





どーん。

9マス埋まらなかった(笑) 真ん中に一番好きな顔を入れてまわりをかためるらしいのですが、改めて自分を見つめ直し、すっごい考えたけどあんまり思いつきませんでした。

あっ!入れ忘れた人が…





チョウ捜査官です(笑)

なんだろう…。



目ですかね。

この話をしたライターさんからは「顔もそうだけどテンションも統一感ある」と言われました。たしかに高田さん以外、テンション低めなイメージ。

でもこれ、本当にすごい自分の好みがあぶり出されるなと思いました。



ある友達の9人。





統一感! おしゃれ塩顔男子ですね。




すすめてくれた友達のお母様の9人。





これまたすごい統一感(笑)!!
髪型含めしゅっとしてますね〜。
ひろみごー様の存在感。


ちなみに新井さんと高田さんには取材でお会いしたことがあります。 幸せな仕事ですねヽ(`▽´)/


〜まとめ〜
•いつか野茂英雄氏に会いたい!
•藤井聡太四段、応援してま〜す!

スローガンTで所信表明。

はじめまして、Mikey(マイキー)です。この度、あらたにガールフイナム編集部の一員となりました。末永くよろしくお願い致します。

早速ですが、つい最近The Massで開催中の71-84展に行ってきました。とにかく圧巻だったのが、マルコム・マクラーレンのブティック「SEX」のアーカイブ。こんな大量のアーカイブにお目にかかれる日が来るなんて。




もちろん、シド・ヴィシャスが着ていたこの赤いトップスもありました。




このエリザベス女王の肖像、いま見ても最高にクールです。SEXには他にも有名なスローガンTシャツが山ほどありますよね。

スローガンTといえば…欲しくて欲しくて仕方なかったけど、お財布と相談した結果買えなかったDior 2017SSの「WE SHOULD ALL BE FEMINIST」と掲げられたスローガンT!! いま思い出しても欲しくてたまりませんが…スローガンTというのはいつの時代も人の興味をひくものなのか。

さて、そんな個人的なお買い物トピックは置いておきまして、時を同じくして映画『20 センチュリーウーマン』も観て参りました。ガールフイナムでもインタビューしたマイク・ミルズ監督の最新作です。これまた70-80年代のお話で。こちらに出てくる象徴的なバンドはトーキング・ヘッズ。主人公が好んでよく聞いているんですけど、トーキング・ヘッズはセックス・ピストルズからは一番遠いところにいるようなバンド。当時のパンク的な風潮もあってか、インテリ系バンドなんて呼ばれていたそう。映画の中でも主人公が友達を怒らせてしまった際には、車に“ART FUG”と落書きされてしまいます。そういったリスナー間の確執もあったのかしらとおもしろく感じました。




いろいろと見たり聞いたりして、自分が生まれていなかった70-80年代の空気をリアルタイムで味わってみたかったなぁなんて思ったりはします。が、正直「あの頃はよかった」みたいな懐古主義はあまり好きではありません。昔のことからインスパイアされるのは素晴らしいことだけど、現在進行中の時代感を大事にしたいと常々考えています。だって、当時のセックス・ピストルズのように、今もきっとどこかで起きているはずの小さなムーブメントが、ひょんなことからエポックメイキングなことへと発展する可能性だってあるわけで。ガールフイナムの一員になったからには、そういうものにもっともっとアンテナを張っていきたいなぁと思った次第です。

SEXのスローガンTのようなインパクトあるステートメントでは決してありませんが、これを以って、所信表明とさせて頂きます(笑)。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

ちなみに、The Massでの71-84展は6月25日(日)まで開催中です! 『20 センチュリーウーマン』はまだまだ公開中です! お時間ある方はぜひー!